*

海外FXのQ&A

公開日: : 海外FXのQ&A ,

目次/もくじ

Originally posted 2019-04-20 18:06:15.

Q. FXって入金したお金以上に損することってあるの?

海外FX業者の場合は、入金した以上の損失が発生しても支払い義務は生じません。(ゼロカットサービスってやつです)

国内のFX業者を使っている場合は、入金した以上の損失が発生した場合には支払い義務が生じます。

だから、10万円分だけ入金してトレードして、損益が10万円分をこえてしまった場合、その超過分を支払わなければならないんですね。

ただし、大抵のFX業者は口座残高が0になった段階で、強制的にトレードが終了になるので、平常時であれば心配することはありません。

超過分の支払い義務(追証:おいしょう)が発生するのは、数年に一度あるかないかレベルの急激なレート変動が起きた場合です。(スイスフランショックとか)

FX業者選びに迷っていたらこちら

 

Q. わざわざ海外FX業者を使う理由って何?

一つの理由としては、国内のFX業者ではレバレッジ制限があります。現在25倍ですが、のちに10倍とかになるでしょう。

 

「レバレッジって何?」っていうと、預けたお金に対して掛けられる金額の倍率です。

例えるなら、カジノに行ったときに、1万円を出せば25万円分の賭けができるよ~ってことです。(厳密にはちょっと違うけど、そんな感じ)

 

海外FX業者の場合は、その制限がないので500倍とかあったりします。10万円預ければその500倍の金額のトレードができるってことですね。

 

いやいや、25倍でも十分だよ」って思うかもしれませんが、ここにはFX(為替)の特性が絡んできます。

 

よくニュースなんかで「ドル円が1円も動いた~」なんてやってますが、FXをやっていない人からすると「たった1円か…」と思うところです。

 

まぁ、実際そうなんですよ。

 

FX(為替)って、株とかビットコインとかに比べて数値全体に対する変動が少ないので、自己資金をそのままトレードしただけでは利益も損失も大した金額にならないんです。

 

ドル円が0.1円動いたとき、

100円分トレードしてたら、0.1円の儲け

1000円分トレードしてたら、1円の儲け

10,000円分トレードしてたら、10円の儲け

100,000円分トレードしてたら、100円の儲け

ドル円が0.1円変動して上手くトレードできたとしても、10万円分トレードしてても100円の儲けにしかならないんです。レバレッジ25倍でマックスの場合でも2,500円です。

 

そんな訳で高いレバレッジを求めて海外FX業者を使う人がいるって訳です。

 

(欲深いですね。でも、資本主義社会なんで。)

 

Q. 海外FXってよく聞くけど安全なの?

何をもって安全とするかによりますが、絶対的な”安全”を求めるなら安全ではないと答えざるを得ません。

 

結局比較の問題になるかと思いますが、じゃあ国内のFXと比較した場合、具体的に安全じゃない点に何かあるのか、というところに焦点が行くと思います。

 

FX業者による口座凍結・出金拒否のリスク

これが一番よく言われる、海外FX業者の非安全性を誇張する要因でしょうね。

確かに、どこ馬の骨ともわからない海外FX業者の場合、資金を入れることができても出せないという話はまれにありました。

特にスプレッドが極端に狭いノミ業者の場合、その傾向が強く、泣き寝入りするしかない、という事態も想像に難くありません。

 

国内FX業者なら絶対に安全なのか

ただ、「じゃあ、国内のFX業者だったら、出金停止とか口座凍結とかされないの?」となると、これはまた話が変わってきます。

 

実は意外なことに口座凍結や出金拒否は国内FX業者でもあるんですよね、これが。特にGM*とかDM*とかは、口座凍結祭りとかやってますよね。

 

てきとーな理由をでっちあげて、”不正取引の疑いがある”とかなんとか言って凍結するってー話ですよ。

 

その点で言えば、結局のところ、「口座凍結のリスクにおいては国内・海外かんけーないじゃん」ってことになって、個別の会社次第だからそこをちゃんと選ばないといけないよ、って話になるかと思います。

 

海外FXの方がむしろ安全なこともある

ゼロカットと追証

海外FXにはゼロカットというサービスがデフォルトでついています。ゼロカットというのは何か急な為替変動があり、口座残高がマイナスになった場合に、0に戻してくれるサービスです。また、追証(おいしょう)もありません。

追証というのは、レバレッジをかけて取引して損失が口座残高を超えた場合に、それを追加で補填しなければならないというものです。

逆に、国内の証券会社、国内FX業者では追証があります。もし、リーマンショック、スイスフランショックのような急激なナイアガラが発生した場合には、ポジションが決済できなくなる可能性があります。

そうなると、口座残高がマイナスになり、補填が必要になります。これは必ず支払わなければならないもので、無視し続けた場合最悪差し押さえになります。

 

比較的安全な海外FX業者の見分け方

海外FXにも信頼性の指標となる認証がある

海外FXなら何でもいいかというとそういうこともなく、海外FXの信頼性を測る指標となるものがあります。それが海外の金融ライセンスです。大抵はイギリスのFCAというライセンスだったり、キプロスのライセンスだったりです。

中にはライセンス一切なしでローライセンスでやっているとこもあるので、そういうところは避けた方が無難です。

ライセンス(許認可)から選ぶおすすめ海外FX会社一覧

 

危険な海外FX業者の見分け方

レビューサイトに出金拒否の報告がある

ライセンスだけで判断するのは実はあまり賢明とは言えません。ライセンスを所有しているのが親会社で、実際に海外FX業者を運営しているのが子会社というケースもあります。

海外FX業者の良し悪しを判断する材料は現在のところ誰かのレビューしかありません。注目すべきはネガティブなレビューです。ポジティブなレビューはトレーダーがわざわざ無償で投稿するメリットもないですし、FX業者がさくらを雇っている場合もあります。

ネガティブなレビューに出金拒否や口座凍結の噂がなければ比較的安全だと考えられます。

レビュー評価で比較的おすすめ海外FX会社一覧(MT4)

 

Q. 海外FXって英語ができなくてもいいの?

日本語対応の海外FX業者と非対応の海外FX業者がある

海外FX業者には日本語に対応している会社とそうでない会社があります。英語ができた方が選択肢は広がりますが、英語ができなくても大丈夫な日本語対応の海外FX業者を使えばOKです。日本語対応の海外FX業者が何社もあります。

日本語対応のおすすめ海外FX会社一覧

気になるのは”日本語対応の海外FX業者を選んだ場合に、何か損することがあるか”というところですが、特にありません。

日本語対応しているからって、レバレッジが低いわけでも手数料が高いわけでも、サポート料金取られるわけでもありません。

むしろ、日本語対応しているFX業者の方がサポートは手厚い傾向があります。(日本人はクレーマー多いからですね)

 

日本人が運営している海外FX業者もある

規模としては小さいものが多いですが、意外にも日本人が運営している海外FX業者もいくつかあります。日本国内のFX業者として許認可をもらうには膨大な資金と時間が必要であり、また規制も強く受けるためにあえて海外FXとして運営しているという訳です。

ただし、お察しの通り、中にはちょっといろいろグレーな会社もあるので、口座開設は慎重にした方が良いと思います。

いろいろなサイトで紹介されているような大手の海外FX業者の場合、大抵は外国人がトップで日本人サポートスタッフを雇っていることが多いです。日本語サポートの質はその日本人スタッフに依存することが多いです。

 

日本語がちょっと変な海外FX業者でも大丈夫?

中にはサイトの日本語がちょっと変な海外FX業者も見かけると思います。日本人スタッフがいない場合の海外FX業者は日本語がちょっと変になる傾向があります。

また、日本人スタッフがいても日本語ページのテキストを校正する権限がない場合は、意外とそのままになったりしています。(日本人スタッフとしても契約外の仕事はやりたくないってことです。)

海外FXの場合はそんな理由もあり、多少変な日本語の会社でも大丈夫です。

また、わざと日本語を変にすることにより、「うちの会社は日本人に対して営業していません」ということにして、金融庁の規制をかわす材料にしている場合もあります。

 

いざというときに英語ができなくて困ったりする?

日々の操作は日本語表記で問題なかったとしても、何かトラブルがあったときに英語ができないと困るんじゃないかと思う方もいるかもしれません。

これに関しては、日本人スタッフがいるかどうかに依存します。日本人スタッフ(日本語が不自由なく使えるスタッフ)がいる場合は、サポートも日本語で行ってくれますので、問題ありません。

また、解決不能に近いトラブルが発生した場合(出金拒否や口座凍結など)は、日本語英語関係なく解決不能なので、「英語ができたから何とかなった」ということにはなりません。英語ができても どうにもなりません。

 

英語ができれば可能性が広がるか?

英語ができれば海外FX業者選びの選択肢が広がることは確かです。日本人を視野に入れていない海外FX業者の中には、ユニークなサービスを展開している会社もあります。(FXOPENとか)

また、日本人があまり多く集まりすぎてしまうと、金融庁も動かざるを得なくなり、日本人に対してサービスを停止する可能性もあります。

しかし、基本的には英語ができたからと言って、トレードで勝てるようになる訳ではないので、FXで勝てるかどうかという最終的なゴールには関係ありません。

 

英語での住所の書き方

サイトの表示は日本語でも、住所や名前などは半角英数字で入力しなければならない場合があります。英語の場合は住所の書き方の順番が逆になるなどのルールもありますが、日本語と同じ順番で書いてしまっても問題ありません。

東京都中央区丸の内1-2-3
1-2-3, Marunouchi, Chuo-Ku, Tokyo, Japan.

 

覚えておくと便利な海外FXの英語の専門用語

Account: アカウント: 口座

Balance: バランス: 残高(未確定損益を含まない)

Equity: エクイティ: 残高(未確定損益を含む)

Symbol: シンボル: 大抵は通貨ペアのこと

SL: ストップロス: 損切ライン

TP: テイクプロフィット: 利確ライン

pending: ペンディング: 保留中

 

 

 

 

 

 

 

Q. 海外FXを始めたいと思ったらどうすればいいの?

初めての海外FXをするとなったら分からないことも多いかと思います。今回は海外FXを始めるにあたって何から始めるかをご紹介します。

ただ、国内の証券会社やFX業者を一度も使ったことがなく、初めてのトレード会社が海外FX業者という方は少数派だと思います。

多くの方は証券会社や国内FX業者に触れた経験がある方かと思いますので、かんたんな用語の説明は省きます。

 

FX業者を選ぶ

まずはどのFX業者で取引をするか選びます。海外FX業者には、

日本語対応の会社 / 日本語非対応の会社

レバレッジが高い会社 / レバレッジが低い会社

スプレッドが狭い会社 / スプレッドが広い会社

初心者向けの会社 / 中上級者向けの会社

があります。

どれを重視するかは人それぞれですが、最初は初心者向けの会社がサポートも手厚いのでおすすめです。

[おすすめFX業者]一覧比較 海外、国内、MT4/MT5対応 

(これが全体の半分以上の時間を使うんじゃないかな)

ただ、あまりここに時間をかけすぎると、のちに口座開設などの作業も残っているため疲れてしまうかもしれません。結局実際に使ってみるまでは分からないので、あまり時間をかけすぎずに最後はサクッと直感で選ぶのも大切だと思います。

 

口座を開設する

必要事項の入力

各社口座開設ページから各種情報を入力します。(名前、住所、メールアドレスとか)

個人情報が一瞬不安になるかもしれませんが、どこの会社でもこれを入力しないと何もできないのでパパっと入力してしまいましょう。

身分証のアップロード

大抵は本人確認書類と住所確認書類が必要になります。本人確認書類は運転免許証やパスポートやマイナンバーカードです。

住所確認書類は、住民票や公共料金の明細や行政機関から発行された書類などです。

住所確認書類は各海外FX業者によって対応している書類がまちまちで、運転免許証の住所記載でOKの場合もあれば、パスポートの裏面の住所欄でOKの場合もあります。

(パスポートの裏の住所欄ってフリクションポイントでテキトーに書いても大丈夫じゃん…)

 

入金する

トレード資金を送ります。(銀行送金、クレジットカード、ビットコインとかあります)銀行送金の場合、日数がかかったりトラブルが発生する可能性があるので、できればビットコインをはじめとした仮想通貨入金が良いです。

ただし、仮想通貨そのものを持っていない場合は、仮想通貨取引所の口座を作るのにもまた何週間もかかるので、仮想通貨を持っている場合だけ使えば問題ないです。

クレジットカードやデビットカードの場合は、入金した金額以上の金額を引き出せないことがあるので、出金するときまでには仮想通貨ウォレットを作っておくのがおすすめです。

 

トレード開始

入金が反映されたら、トレードは始められます。中にはFX業者のアカウントに一時的に資金がプールされて、各トレードアカウントに資金を割り当てるタイプのFX業者もありますが、躓くようなポイントでもないのですんなりできると思います。

場合によっては取引プラットフォーム(MT4とか)をインストールします。

 

ざっくりとした流れはこんな感じです。クレジットカードの入金とかをすれば1時間もあればトレード開始できます。

 

Q.海外FX業者に銀行送金するとき、何か書類などが必要になりますか

海外FXも一般的な国内銀行送金と同じ

基本的には、国内の普通の銀行口座を持っていれば、国内の銀行送金と同じように海外FX業者の銀行口座に送金できます。超マイナーな海外FX業者の場合、ごくまれに海外銀行口座しかなく、海外送金をする必要がありますが、そういった海外FX業者は銀行送金をやめていることが多いので、逆に探す方が大変です。

ネットバンクやオンラインで入金すると、基本的に反映が早いですが、海外FXのためだけにわざわざネットバンキングに変える必要もないと思います。

 

海外FXの振込先はマイページにある

大抵の海外FX業者では、マイページの入金の項目にそのFX業者の振込先の記載があります。ログインしていない状態のWEBサイトには基本的に記載はありません。

そのため、入金をしたいと思ったらまず一度海外FXのアカウントにログインして、振込先を確認してみてください。

 

振込人名義を書き換える必要がある海外FX業者もある

基本的に海外FXのアカウントの名前と振込人名義が同じであれば銀行送金に問題ありませんが、中には口座番号も一緒に記載していなければならない海外FX業者もあるので、注意が必要です。

XMなんかはローマ字氏名+MT4/MT5口座番号が必要です。

ただ、最悪口座番号を忘れてしまったとしても、入金の反映が遅れたり、問い合わせが必要になるだけで、最終的には着金します。(大金の場合、精神衛生上よくないですけどね)

 

 

本来は本当の海外送金はめんどくさい

本来日本国内から海外にお金を持ち出す(送金)する際には、結構厳しいチェックがあって、場合によってはいろいろ書類が必要になることがあります。

しかし、海外FX業者はそこらへん上手いことやっていて、そういった書類がなくても大丈夫なようになっています。

具体的には、国内にFX業者の口座があって、そこに入金されることによって反映されるタイプだったりするので、トレーダーが煩わしい手続きなどをする必要はありません。

普通の国内の銀行間の送金と同じ手続きで入金できます。

これを実現しているのはWestern Unionなどの国際送金サービスで、大量の資金を各国においておくことで、その資金の帳尻を合わせることで、実質的な海外送金を実現してくれます。

何を言ってるかというと、国内のWestern Unionに10万送ったら、海外のWestern Unionから10万FX業者におくってくれるってことです。(実際には手数料分ひかれます。)

 

できれば銀行送金よりもカードかビットコイン送金の方が良い

海外FXにおいて、銀行送金はさまざまな送金手段の中でももっとも煩雑な送金方法です。ここ数年で仮想通貨入出金がメジャーな送金手段になってきましたので、仮想通貨になれていない方で、余力がある場合は仮想通貨送金に慣れておくことをおすすめします。

特に最近はbitWalletやSticPayなどの仮想通貨決済サービスを採用している海外FX業者が多いので、どちらかのアカウントを持っていれば事足ります。

(ちなみに、XMは海外FXの中では送金手段の種類がかなり少ない部類です。)

また、クレジットカードやデビットカードでももちろん送金できますが、出金の際に入金額以上の返金ができないことがデメリットとしてあります。また、限度額が小さい場合には、まとまったお金を入金することもできません。

海外電子ウォレット 一覧 まとめ

海外送金が多いなら新生銀行がおすすめ

海外FXをする上で、海外送金に強い銀行口座を開設する必要はないのですが、もし今後海外送金が増える場合は新生銀行の口座を作っておくと良いでしょう。

新生銀行は大手の銀行の中で唯一さまざまな外貨預金に対応した銀行です。インターネットバンキングも可能です。

外貨預金に対応しているということは、海外FXで米ドルで送金されてくる場合でも、そのまま米ドルで受け取ることができます。日本円に変換する必要がないので、割高な銀行の為替変換手数料を取られることもありません。

また、有料ですが残高証明書を英字で発行できるので、海外でそういった証明書が必要になる場合でも便利です。

 

日本人でも海外銀行口座は作れる

ここからは完全に最初の話とはかけ離れていますが、日本人でも海外の銀行口座は比較的簡単に作ることが可能です。

 

 

 

 

[FX]MT4(メタトレーダー4)とは?

MT4はシステムトレードに特化したトレードソフト

初心者がシステムトレードとか自動売買とかテクニカル分析とかしようとすると、MT4の単語を目にすることが多くなると思います。自動売買機能や優秀なチャート機能がついているFX取引ソフトの一つです。

MT4でできないことはないといっても過言ではない

MT4は何でもできます。シンプルな成り行き注文はもちろん、指値注文、逆指値注文、イフダン注文、ループイフダン注文何でもできます。

MT4専用の自動売買ソフトであるExpertAdvisor(通称EA)を入手すれば完全自動売買も可能です。EAは自分で自作して開発することも可能ですので、無限大のトレード手法を検証することができます。

 

MT4は無料で使える

MT4はメタクオーツ社が開発したトレードプラットフォームですが、各FX業者がメタクオーツ社に毎月使用料・ライセンス料を支払っているので、トレーダーは無料で利用することもできます。

また、デモ口座も無料で口座開設することができ、コストをかけずにシステムトレードの検証を行うことが可能です。中にはデモ口座を開設するためにリアル口座が必要なFX業者もありますが、IFCは無料でデモ口座を作ることが可能です。

MT4の無料ダウンロード(IFC)

 

MT4は圧倒的シェアNo.1

結論から言うと、よっぽど特殊な条件でない限りはMT4を使った方がベターです。

名前に4ってついてるし、MT5もあるらしいからMT5を使った方がいいんじゃないかなぁ、とか疑いたくなるかもしれませんが、世界で最も多く使用され、FX業者の対応ソフトの9割方がMT4です。

MT4は海外では多くのFX業者に採用され、ない会社を探す方が難しいと言われる程普及しているソフトです。

MT4対応の国内FX会社一覧

 

MT4は一度慣れれば他社に乗り換えやすい

MT4以外のマイナーソフトであるcTrader, TradeStation, jForex, ZuluTradeなんかをマスターしても、結局FX業者が対応してないってことで、せっかくの知識が無駄になることになります。

ブラウザ上でトレードできるウェブアプリのようなものもちょっと流行っていますが、基本はそのFX業者でしか使えないインターフェースなので、他の会社に移行した際にはまた勉強しなおしになってしまいます。

MT4なら一度学習すれば、他のFX業者に乗り換えても同じように使えるので汎用性があります。

〇〇FX業者と××FX業者のMT4の違いはない

fxantenna.com imgfxantenna.com img

MT4を採用しているFX業者ごとにMT4に違いはありません。操作方法などはすべて一緒です。

違う点は、

・左上のロゴと会社名

・表示できる通貨ペアの種類

・MT4が接続しているFX業者のサーバーの場所

だけです。そのため、サーバーの設定さえ変えてしまえば、一つのMT4で複数のFX業者のサーバーに接続することも可能です。具体的には、XMのMT4を使って、FXPROのサーバーに接続してトレードすることもできます。

MT4の無料ダウンロード(IFC)

 

MT5はどうなの?

fxantenna.com img

MT4の次のバージョンとしてMT5というのもありますが、MT4の性能が良すぎるためにMT5の普及率は高くありません。MT4の開発元のメタクォーツ社はMT5にユーザーを移行させるためにこの10年間四苦八苦していますが、それでもほとんどのユーザーがMT4を利用しています。

MT5は採用しているそもそもFX業者が少ない

MT4の方がMT5よりも人気なため、FX業者もまずMT4を採用する選択肢を取っています。MT5を採用することはできるのは資金的に余裕があるFX業者だけです。

MT5対応のおすすめ海外FX会社一覧

MT5がMT4よりも優れている点 一覧

 

 

Q. FX口座のマークアップタイプとコミッッションタイプって何?

マークアップタイプっていうのは取引手数料をスプレッドに上乗せしているタイプの口座です。スプレッドが広くなりますが、手数料は0です。

コミッションタイプっていうのは、取引手数料をスプレッドとは別に取るタイプの口座です。スプレッドは小さくなりますが、手数料が取引ごとにかかります。

マークアップタイプの場合、どこまでがスプレッドでどこまでが手数料かわからなくなるので、もしどちらか選べて、他の条件が一緒ならコミッションタイプが良いと思います。

 

Q. 海外FXでよくボーナスとかあるけど、何のこと?

かんたんに言うと、「入金した金額に上乗せして残高を増やしてあげるよ」っていうサービスのことです。

例えば10万円を入金したら普通は10万円分しかトレードできませんが、5000円のボーナスが付与されれば10万5000円分のトレードが可能って訳です。

「じゃあ、ボーナスが付与されたらトレードせずに出金しちゃえば5000円もらえるじゃん」と思いたいところですが、ボーナス付与にはトレードをある程度しなければならない等の条件があったり、トレードを一切していない場合は出金に4000円くらいかかったりするので、実質そういった儲け方はできないようになっています。

出金に4000円もかかると聞くとボッタクリ~と叫びたくなるところですが、海外送金はもともとそれくらいかかるものなので、諦めましょう。銀行の取り分のお金です。

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

FX業界の人種マップとその特徴

FX業界にはさまざまな人種というか役割の人たちがいます。職人気質の開発系の人から、ちょっと詐欺師っぽ

記事を読む

 
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を) 4000文字未満のトピックや話題はツイッターで発信しています。
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

Translate »
ページトップへ