*

ここが凄いよMT5 ~たまにはいいところも褒めないと~

公開日: : MT5/MQL5 ,

いつもMT5,MQL5の悪口ばかり書いているので、たまにはMT5の良いところも紹介したいと思います。

バックテストで複数通貨を同時に検証できる

MT4の場合、複数の通貨をマルチに取引するEAのバックテストは検証不能でした。しかし、MT5の場合は、複数の通貨を同時に取引するEAのテストが可能です。

例えば、通貨間の相関を利用したようなストラテジーや通貨強度を利用したようなトレードロジックの検証が可能です。

 

時間枠の種類が多い

MT5では、M1(1分足), M2, M3, M4, M5, M6, M10, M12, M15, M20, M30, H1, H2, H3, H4, H6, H8, H12, D1, W1, Monthly1

の細かい時間枠が利用可能です。中途半端な時間枠は他の人が見ないチャートになるので、優位性があったり、なかったり…

 

複数の通貨のバックテストを同時に行える

MT4の場合、ある通貨ペアでバックテストして良い結果が出なかった場合、他の通貨ペアを試したりしますが、MT5では一度に複数の通貨ペアをテストできます。(通貨ペアの最適化)

上手くいく通貨ペアとそうでない通貨ペアを一気に調べられるので結構便利です。

 

約定の遅延もテストできる

バックテストとライブトレードの差を生じさせるものとして、従来ではオーダーの遅延(クライアントターミナルからブローカーサーバーまでの遅延)がありましたが、MT5ではそれを考慮に入れた過去検証が可能です。

 

直近の遅延を使ったテストからカスタムな数値、ランダムな遅延なども検証できるので高速スキャルピングなどのシビアなトレード手法のテストには便利です

 

バックテスト、最適化でクラウドのリソースを使える

パラメータの最適化は細かくし過ぎると、普通のスペックのパソコンでは途方もない時間がかかってしまうことがあります。MT5ではクラウド上(他のユーザーのPCのリソース)を使うことができるサービスがあるので、本来であれば実現不可能であるような細かいパラメータの最適化が可能になっています。

 

純粋に演算のスピードが早い

あと、全体的に言えることですが、MT5の方が演算が早いです。MT4と比較して、最低4倍から最大は20倍の速度です。そのため、演算速度を上げるためにdllを作る必要はもうありません。

スピード負けしていたアービトラージや高速スキャルピングも、MT5なら可能性があります。

MT4が開発された当初はPCのCPUがシングルコアであることが多かったのですが、MT5の時代ではマルチコアが主流だったため、それを考慮した演算能力を獲得しています。

 

インジケーターバッファの最大が512

MT4のインジケーターはバッファが最大8なので、どんなに頑張ってもシグナルに関連する数値は8までしか出すことができませんでした。

しかし、MT5ではバッファが512なので、サブウィンドウ上で8以上のラインを表示させることも可能です。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

ここが変だよMQL5 ~実装の話~

実装の問題 ディール、オーダー、ポジションの区別がついている人、 ヘッジ、ネッティングが分かっている

記事を読む

ここが変だよMT5 ~MT4ユーザーのためのちょっとためになる話~

ヘッジタイプとネッティングタイプによる仕様の大幅な差 MT5ではアカウントの種類にヘッジタイ

記事を読む

MT5のテスターではスプレッドは変更できないという事実

を知らない人が多くて、「このバックテストのスプレッドはいくつですか」という質問が来るので共有です。

記事を読む

ここが変だよMQL5 ~でも、ちょっとずつ良くなった(概要版)~

【この記事は2017年の記事を更新したものです。】 Order, Positionの意味が変わっ

記事を読む

 
  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    物を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を)


Translate »
PAGE TOP ↑