スプレッドが狭い海外/国内FX業者一覧比較 スキャルピング用 2020

FX業者をスプレッドの低い順にランキング形式で比較しました。

海外FX業者は数年前まではドル円で2pips前後の会社が多かったのですが、ここ最近は0.3pipsくらいのFX業者なら比較的増えてきました

中には0pips~やマイナススプレッドがある海外FX業者もありますが、取引手数料が別途かかるコミッションタイプの口座なので、だいたいトータルで0.3pipsくらいになってしまうこともあります。

 

一応公式サイトを調べてはいますが、時間帯やサーバーや口座タイプによって、公表しているスプレッドよりも実際のスプレッドが多少広かったり、スリップしたりということはよくあります。

また、どこも変動スプレッドなので順位・ランキングは固定的なものではなく、時間帯などの条件で上下します。

 

スプレッドが狭い海外FX業者


TitanFX(タイタンFX)

  • 初心者サポート:★★★★★
  • サイトのわかりやすさ:★★★★★
  • 口コミ評価の点数★★★☆☆3.388/5  
  • レバレッジ:★★★★★(最大500倍)
  • スプレッド:★★★★★(最小0.1pips)
  • プラットフォーム:MT4, MT5, SignalTrader, ZuluTrade
  • 取引対象:FX,CFD
  • 入金出金方法:カード、bitwallet、Neteller、Skrill、SticPay
  • MT4/MT5サーバーの場所:ロンドン、ニューヨーク
  • 言語:日本語

低スプレッドスキャルピングと言えばタイタンFXです。EAによる自動売買も禁止されていません。

TitanFX/タイタンFXのスプレッドは最高クラスなので、FXに特化してスキャルピングトレードしたい人には一番良い選択肢です。レバレッジも問題ない数値です。

TitanFX自体はここ数年で台頭してきたMT4対応FX業者ではありますが、もともとがオーストラリアのペッパーストーンという経歴の長い会社でもあり、日本語対応しているのでとっつきやすいと思います。

逆に言うと、仮想通貨まわりはまだちょっと整備が追い付いていません。仮想通貨の入出金はできますが、仮想通貨のトレードはまだできません。

TitanFX公式サイトはこちら

TitanFXについてもっと詳しく知りたい方はこちら


AXIORY(アキシオリー)


  • 初心者サポート:★★★★★
  • サイトの分かりやすさ:★★★★★
  • 口コミ評価の点数★★★☆☆3.524/5 (レビュー数:32)  
  • レバレッジ:★★★★☆(最大400倍)
  • スプレッド:★★★★☆☆(最小0pips)
  • ゼロカットあり(追証なし)
  • 取引方式:NDD/STP(スタンダード口座) ECN(ナノスプレッド口座)
  • 取引プラットフォーム:MT4,cTrader
  • 取引対象:FX,CFD
  • 入金出金方法:カード、銀行送金、SticPay, bitpay, Neteller, Skrill
  • MT4/MT5サーバーの場所:香港、ロンドン
  • 言語:日本語

AXIORY/アキシオリーは、もともとはそれほどスプレッドが狭い業者ではありませんでしたが、ナノスプレッド口座の台頭で、一気に逆転しました。

もちろん、取引手数料が別途発生しますが、スプレッドにだけ焦点を当てた場合、これ以上ないほどに狭い環境を実現しています。日本語サポートもかなりしっかりしています。

リクイディティプロバイダを公表し、レートの透明度も高いです。各社のレートの速度を検証した際も、アキシオリーのレートは非常に良い成績でした。

Axiory/アキシオリー公式サイト

Axiory/アキシオリーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

 


TradeView(トレードビュー)

  • 初心者サポート:★★☆☆☆
  • サイトの分かりやすさ:★☆☆☆☆
  • 口コミ評価の点数★★★★☆3.985/5 (レビュー数:18) 
  • レバレッジ:★★★★☆(最大400倍)
  • スプレッド:★★★★★★★★★(0.2pips)
  • プラットフォーム:MT4,MT5,cTrader,Currenex
  • 取引対象:FX,仮想通貨,インデックス、コモディティ(GOLDとか)
  • 入金出金方法:カード(銀聯)、銀行送金、ePayments, bitWallet, Neteller, Skrill, SticPay, bitpay, fasapay, ecoPayz, uphold, advcash, help2pay, tronipay, transferMate, payRetailers
  • MT4/MT5サーバーの場所:ロンドン(MT4)、ニューヨーク(MT5)
  • 言語:日本語、英語

TradeView/トレードビューのUSDJPYのスプレッドは、

 MT5/MT4 ILC口座で0.0pips~、

 MT4スタンダード口座で、1.7pips~です。

STP方式のスタンダード口座のスプレッドは決して狭いわけではありません。ECN方式のILC口座の場合、取引手数料を加味すると0.6pips~0.8pipsです。ただし、口座開設には10万円以上の入金が必要で、最低ロットも0.1~です。

ILC口座は最強スペックで取引制限はないので、スキャルピング系の自動売買をしたいトレーダーに向いているFX業者と言えます。仮想通貨はBTC,ETH,LTC,XRP,XBNが取引可能です。

日本語対応していますが、ときどき日本語が変だったり、そもそもサイトレイアウトがかなり分かりずらいので、自信がない人は、避けた方が無難です。

TradeView/トレードビュー公式サイト

TradeView/トレードビューについてもっと詳しく知りたい方はこちら


Coinexx

  • 初心者サポート:★☆☆☆☆
  • サイトのわかりやすさ:★★★☆☆
  • 口コミ評価の点数★★★☆☆3.277/5  
  • レバレッジ:★★★★★(最大500倍)
  • スプレッド:★★★★★(最小0.1pips~)
  • 追証なし:ゼロカットあり
  • プラットフォーム:MT4, MT5
  • 取引対象:FX、インデックス、仮想通貨
  • 入金出金方法:仮想通貨送金
  • MT4/MT5サーバーの場所:ロンドン
  • 口コミ評価の点数:3.277/5
  • 言語:英語

名前が似ていますが、CoinEx.com及びCoinexx.orgとは無関係です。FXのトレードも可能ですが、FX会社というよりもBinanceやpoloniexに近い仮想通貨取引所です。日本語対応はしていませんが、ライブチャットの対応も早く口コミも上々です。スプレッドも狭いですが、取引手数料が別途かかります。

COINEXX公式ページ


XM(エックスエム)

  • 初心者サポート:★★★★★
  • サイトの分かりやすさ:★★★★★
  • 口コミ評価の点数★★★☆☆3.221/5  
  • レバレッジ:★★★★★★★★(最大888倍)
  • スプレッド:★★★☆☆(最小0.1pips(自称) 0.3pips(実際))
  • プラットフォーム:MT4,MT5(hedge)
  • 取引対象:FX,CFD
  • 入金出金方法:カード、銀行送金、SticPay
  • MT4/MT5サーバーの場所:ロンドン
  • 言語:日本語

スプレッドは、スタンダード口座の場合USDJPY:1.6pipsで、XM ZEROの場合はUSDJPYで0.1pipsです。スプレッドを気にするならゼロアカウント一択です。zeroアカウントでは取り扱い対象がガクっと減りますが、その代わり低スプレッドになります。

総合点が高いXMですが、ストップレベルが広いというデメリットがあります。言い換えると、約定レートから近い範囲にSL/TPを配置するようなスキャルピング手法の場合、XMは使えません。

つまり、決済が成行で行われる自動売買か、裁量決済のスキャルピングでなければXMは向いていません。

ただ、ゼロ口座といえども取引手数料が無料という訳ではないので、実質的には0.4~0.5pipsくらいの換算です。

XM公式サイト

XMについてもっと詳しく知りたい方はこちら

 


LAND FX(ランドエフエックス)

  • レバレッジ:最大500倍
  • スプレッド:最小0.3pips
  • プラットフォーム:MT4,MT5(ヘッジ),ZuluTrade
  • 取引対象:FX,CFD
  • 入金出金方法:カード、SticPay、銀行送金、(ビットコイン)
  • MT4/MT5サーバーの場所:ニューヨーク、ロンドン、東京
  • 口コミ評価の点数:2.916/5
  • 言語:日本語

LandFX/ランドFXは、0.0035秒以内の高約定などもあるので、アービトラージやスキャルピング向けと言いたいところですが、自動売買による高速取引は禁止されているので、それが検知され場合は口座凍結される可能性があります。

過去に実際に口座凍結された方もいて、その方々が騒ぎ立てたために少し悪評が出ていますが、それ以外は問題ありません。

また、裁量のスキャルピングならOKだと思います。というのも、MT4ではそのトレードが裁量なのかEAなのかを管理者側(FX業者側)が知ることができるようになっているので、裁量トレードならちゃんと裁量トレードだと判断されます。

スプレッドが狭いECN口座は最低入金額が2000$なのでちょっとハードル高いです。普通の口座の場合は100$です。

LandFX公式サイト

LandFXについてもっと詳しく知りたい方はこちら

スプレッドが狭い国内FX会社一覧


OANDA(オアンダ)

  • レバレッジ:最大25倍
  • スプレッド:最小0.3pips
  • 追証あり
  • 取引方式:NDD(自称)
  • 取引プラットフォーム:MT4のみ
  • 取引対象:FX 日本語

サーバーの場所:東京(OANDA-Japan FX Live)、ニューヨーク(OANDA-Japan Live)

MT4対応国内優良FX業者として有名ですが、両建てができないのと、チケットナンバーが変わったりとMT4の仕様がほかのFX業者と異なります。

これが原因で一部のEA(自動売買ソフト)が誤作動を起こしやすいFX業者です。

スプレッドが小さいことを売りにしているので、スキャルピングに向いていますが、よくよく監視していると週明けなどはスプレッドが数倍~数十倍になっていることもあります。

また、海外のOANDA本体とOANDA JAPANは別物なので、海外のOANDAが評判良いからと言って国内のOANDAを使うという根拠は論理的にはズレています。

しかし、Oanda APIというAPIが使える点は他のFX業者より優れていて、クソポジチェッカー的なロジックを使用することができます。(ただし、現在APIの新規申し込みは停止されています。)

OANDA/オアンダ公式サイト


FOREX EXCHANGE「俺のMT4」

  • スプレッド:0.3pips~
  • レバレッジ:25倍
  • 追証あり
  • 取引方式:NDD/DMA方式
  • 取引プラットフォーム:MT4, cTrader
  • 取引対象:FX
  • 言語:日本語

「俺のMT4」では約定確認(ラストルック)を行わないカバー先のFX-EDGE社と取引を行っています。マイナンバーの提出必要です。両建てOKです。「俺のEA」とセットで使うMT4対応国内業者ですね。

「俺の~」というネーミングセンスが好きではなかったのですが、実際に利用してみると非常に優秀な業者さんです。レート更新も早く、サーバーも強く、スキャルピングもOKです。

フォレックスエクスチェンジ公式サイト


FXTF(FXティーエフ)/ゴールデンウェイ・ジャパン

FXTFはFXトレードフィナンシャルの略です。

キャッシュバックやギフトプレゼントのキャンペーンなどもしています。スプレッドが狭いのは日本時間9:00~翌日4:00までで、それ以外は広いです。自動売買をするなら条件が時間帯によって変わってしまうので不向きです。

日本時間で生きている裁量トレーダー向きですね。

FXTF公式サイト


Dukascopy(デューカスコピー)

  • レバレッジ:最大25倍
  • スプレッド:最小0.3pip
  • 追証あり
  • 取引方式:NDD/ECN
  • 取引プラットフォーム:MT4,jForex
  • 取引対象:FX
  • MT4/MT5サーバーの場所:フランクフルト/ドイツ
  • 言語:日本語

もともとヒストリーデータ屋さんという立ち位置だったデューカスコピーですが2018年にFX業界に乗り込んできました。(しかもなぜか国内FX業者として)

高品質なヒストリーを引っ張ってくるためだけに口座開設しておいてもいいんじゃないでしょうか。あと、一応スワップを推しているみたいです。

Dukascopy/デューカスコピー公式サイト

 


ヒロセ通商/LION FX

  • スプレッド:最小0.3pips
  • レバレッジ:25倍
  • 追証あり
  • 取引方式:NDD方式(自称)
  • 取引プラットフォーム:独自ツール
  • 取引対象:FX(50種類)
  • 入金出金方法:銀行振込
  • 言語:日本語

国内でスプレッドが狭いFX業者と言えば筆頭に挙がるのがヒロセです。ジャスダック上場企業です。何年も前から2chで人気のスキャルピング向けのFX業者でもあります。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」もあります。MT4/MT5/cTrader/jForexなどはありません。

スマホでもトレードできるので、裁量トレーダーの方で国内FX業者が良いという方は向いていると思います

ヒロセ通商公式サイト


SBI FX トレード

  • スプレッド:最小0.3pips
  • レバレッジ:25倍
  • 追証あり
  • 取引プラットフォーム:リッチクライアント(独自ツール)
  • 取引対象:FX(26通貨ペア)
  • 入金出金方法:銀行振込
  • 言語:日本語

国内FX業者で、MT4/MT5なしの独自取引プラットフォームで、スプレッドが狭い会社を選ぶならSBIが良い選択です。SBIは株がメインですが、株の合間にFXをやりたい人にもおすすめできます。

桁数が多いので、USDJPYは110.1110のようになります。積み立てFXという自動的に定額購入するサービスもありますが、今だったら為替でなくビットコインでやった方が良いと思います。

SBI FX トレード公式サイト

 


※上の表の数値は固定的なものではありません。変更されることがありますので、確定的な情報はそれぞれのウェブページで確認してください。

 

スキャルピングやデイトレードの場合、スプレッドを重視するというのは大切なことですが、他のFX業者が高いスプレッドにしている中、なぜ極狭スプレッドを提供できているのかということはよくよく考えなければなりません。

 

あと、スプレッドは誰もが注目する指標ですが、スリッページも見えないコストです。いくらスプレッドが狭くてもスリップしてしまうのでは意味がありません。

 

スリッページはスプレッドのように公表することはまずないので、実際にトレードするまではわからない指標ではありますが、ちょっと気にするようになれば、そこまでスプレッドの表記が気にならなくなると思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

FX業者/仮想通貨(ビットコイン)業者リスト 3431社

古今東西の世界中のFX会社一覧&仮想通貨取り扱い業者一覧リストです。全部で3431社あります

記事を読む

[FX会社一覧]世界中のFX会社一覧リスト1335社

古今東西の世界中のFX会社一覧リストです。全部で1335社あります。検索結果の上位サイトで紹介されて

記事を読む

[海外FX]ハイレバレッジFX業者一覧比較500倍~3000倍[2020]

ハイレバレッジは海外FX口座を利用する目的の筆頭だと思います。今回はハイレバレッジの海外FX業者のレ

記事を読む

日本撤退/MT4サービス終了した/消滅したFX業者一覧

日本に対してサービスを終了した場合は、法などを守る優良企業だった可能性があります。もともと日本人限定

記事を読む

これからFXを始めようと考えている人がとにかくFXをスタートするまでに必要なこと

この記事にアクセスしたということは何かしらの理由で「FXを始めてみよう」と思っている方かと思います。

記事を読む

 

Translate »
上に戻る