*

[海外FX]FBSのすべて(両建て,スキャルピング,CFD,レバレッジ,出金方法,ゼロカット,評判

公開日: : 海外FX会社徹底調査 ,

FBS(エフビーエス)のレバレッジ、スプレッド、取引対象、入金出金方法、取引プラットフォーム、評判、レビュー、サーバーの場所、ライセンス、その他情報を徹底比較しました。

 

FBSも検索するとよく出てくるFX業者ですが、まだ日本ではこれからなFX業者です。今現在FBSで取引しているのはほとんど外国人(アジア系)トレーダーばかりなので、日本人向け(クレーマー向け)になっているかというと、まだまだ及ばない点もあります。

FBSはゼロカットあり、両建て可、スキャルピングOKの海外FX業者です。レバレッジ3000倍というのがぶっ飛んでます。出金方法にbitwallet, SticPayがあるのでビットコインによる入出金が可能です。

口座種類が豊富で、マイクロ口座(スプレッドがマイクロではなくて初回入金額がマイクロ)やスタンダード口座があります。スプレッド重視ならスタンダード口座かゼロスプレッド口座がおすすめです。

イスラム口座(スワップフリー口座)も申請すれば審査はありますが可能です。また、個別銘柄CFDが取引できるのはメリットです。

2009年発足、ロシア、インドネシア、中国!?に拠点があります。FX業界で中国ってレアですね。

近年、アジア地区にも急激に拡大しているので、そのうち日本でも有名になると思います。

FBS公式サイト


FBSのスプレッド、レバレッジは?

一応、マイナススプレッドからということらしいですが、取引手数料がかかるので、実質0.5pipsからと判断した方が良いと思います。

FBSには5種類の取引口座があります。

  • – セントアカウント 1ドル~ 1pips~
  • – マイクロ口座 5ドル~ 3pips~
  • – スタンダード口座 100ドル~ 0.5pips~
  • – ゼロスプレッド口座 500ドル~ 0pips(取引手数料20ドル~)
  • – ECNアカウント 1000ドル~ 1pips~(取引手数料6$~)

最低入金額1ドル、1000通貨からトレードができるという設定は海外FX業者の中では非常にハードルが低い設定となっています。

初期証拠金は日本人なら別にどれでも大差ない範囲だと思いますが、スプレッドに大きな差があります。

マイクロ口座の3pips~というのは、もうどうしようもない大きさですね。日本の大手証券会社のMT4並みです。(悪い意味ですよ、もちろん)

 

ゼロスプレッド口座の0pips固定も珍しいですが、取引手数料が20$固定ではなくてロットに対して掛け算でかかってくるので、ペイできるのか微妙なところです。

取引手数料がかかると、スプレッド+手数料の損益計算がしずらくなるので、スタンダード口座が無難そうな雰囲気ありますね。

スプレッドが狭いおすすめ海外FX会社一覧

FBSのレバレッジ

1:3000という非常に大きなレバレッジも特徴的で、FX業界でぶっちぎりで高いレバレッジのFX業者です。

しかし、資金を普通の額入れると1000倍か500倍になってしまいます。

資金レバレッジ
200ドル(約2万)3,000倍
2,000ドル(約20万)2,000倍
5,000ドル(約50万)1,000倍
30,000ドル(約300万)500倍
150,000ドル(約1,500万)200倍
無制限100倍
無制限50倍

両建てやスキャルピングトレードももちろん可能です。残念ながらEU在住の場合はレバレッジ1:30までです。

レバレッジが大きいおすすめ海外FX会社一覧


FBSの評判は?

FBSのレートは2.679でレビュー数宇は244です。レビューの数も無数にあります。

これだけのレビュー数あって、このレートを維持しているのはなかなかだと思います。(わざわざレビューする人は基本的にクレーマーだから)

 

電子ウォレット出金の場合は問題ないようですが、銀行送金の場合は遅かったりクレームがあったようです。それで、銀行送金出金やめたんですかね。

レビュー評価で比較的おすすめ海外FX会社一覧


FBSの取引プラットフォームは?

MetaTrader4とMetaTrader5です。MetaTrader4だけかと思いきや、MT5も採用しています。

例によって、MT4が使えるということはスマホアプリでもトレードが可能であるということを示しています。

MT5も可能ですので、高速トレードする際はMT5の方が良いと思います。

MT5対応のおすすめ海外FX会社一覧

このサイトではちなみに、このブログではMT4/MT5で稼働する自動売買ソフト(EA)の無料使い放題企画をしています。

無料EA配布企画はこちら


FBSの取引対象は?

FX,CFD,株式(個別銘柄CFD),貴金属(ゴールドとか)、仮想通貨があります。

仮想通貨はビットコイン、DASH、イーサリアムがあります。

リップルやライトコインやビットコインキャッシュより先にDASHを入れたのは謎ですが、とりあえずビットコイン、イーサリアムだけ検証したいという方は問題ないと思います。

 

ちなみに、最近MT4ではビットコインのバックテストは問題ないのですが、イーサリアムはどこのFX業者のMT4でもフリーズする現象が発生しています。イーサリアムのバックテストにはあまり期待しない方が賢明です。

 

日本株はトレードできませんが、米国株がトレードできます。

AIG、アーコニック、アリババ、アマゾン,アップル、AT&T、バンク・オブ・アメリカ、シスコシステムズ、シティグループ、コカ・コーラ、ウォルト・ディズニー、EBAY、Facebook、フォード、ゼネラル・エレクトリック、ゼネラルモーターズ、GOOGLE、ヒューレット・パッカード、IBM、インテル、JPモルガン、マスターカード、マクドナルド、マイクロソフト、ネットフリックス、ナイキ、NVIDIA、オラクル、ペプシコ、ファイザー、テスラ、VISA、ウォルマート

仮想通貨FXができるおすすめ海外FX会社一覧

株式トレードできるおすすめ海外FX会社一覧


FBSの入金出金方法は?

FBSの入金・出金方法はVISAカード、bitwallet、STICPAY、Perfect Moneyが利用可能です。銀行送金はないんですね。

海外送金を行うと日本では(悪いことを一切していなくても、少額でも)目をつけられることがあるらしいので、できれば電子ウォレットで決済した方が良いと思います。

米ドルとユーロが基本対応通貨ですが、BitWalletだけはJPYトランザクションもサポートしています。

入金は手数料なしでOKですが、選択した支払い方法に応じては、引き出しに0.5から2%の取引手数料がかかります。

ほとんどの場合、引き出しは15-20分以内に処理されますが、稀に48時間程度かかることがあると、一応注意書きをしています。

電子決済サービスの まとめ はこちら


FBSの日本語サポートは?

2019年夏の時点で、問い合わせの連絡は日本語ではなく英語が必要です。ホームページは日本語対応していますが、それ以外のちょっとしたことなどを問い合わせる際には英語が必要になります。

日本語対応で比較的おすすめの海外FX会社一覧

サポート時間/チャットツール

サポートに関しては、FBSのWebサイトでライブチャットを介して24時間365日対応してくれます。Facebook Messenger、Telegram、WeChatなどを希望すればそっちでも対応してくれるらしいです。


FBSのサーバーの数、場所は?

サーバーの場所はアービトラージや超高速トレードする方だけ気にしてください。

FBSはサーバーを無数に所有しています。それだけ利用者が多いということですね。

MT4のFBS-Real-1~FBS-Real-10はすべてロンドン郊外にサーバーがあります。

MT5のサーバーも同様です。

ウェブサイトfbs.comのドメイン情報は

1995年1月22日です。さすがに古すぎですね。別の何かに使われていたのでしょうか。

IPの場所はカリフォルニア – サンフランシスコです。

FBS公式サイト


FBSのライセンスは?

2009年に設立されたFBSは、BelizeベースのIFSCによって規制されているFX業者です(最近では、キプロスベースのCySECによっても規制されています)。

FBSのライセンスはセントビンセント及びグレナディーン諸島の法人登録です。

セントビンセント及びグレナディーン諸島の場合は、金融監督庁がなく、法人登録のみでFXサービスが提供できるため、信頼性は乏しいです。

しかし、親会社にあたるFBS Markets Inc社がベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)とキプロス証券取引委員会(CySEC)の2つを取得しています。

FBSの日本人顧客向けの金融ライセンスは「セントビンセント及びグレナディーン諸島の法人登録」だけです。

FBSの場合は「分別管理」のみですが、FBSは、日本では知名度がないもののアジア圏の国々を中心に600万人を超える投資家顧客を抱える大企業です。

ライセンス(許認可)から選ぶおすすめ海外FX会社一覧


FBSのその他情報

受賞

比較的賞を受賞しています。最近の賞は2018年の「最も透明な外国為替FX業者」賞であり、確かにFX業者としての信頼を高めています。

世界190カ国以上で事業を展開していて、タイに7か所、トルコ、上海、ラオスにそれぞれ1か所ずつ、グローバルに事業を拡大しています。 (ただし、アジアに来たのは2017年ごろ)

現在急成長しているFX業者であると言えると思います。そのうち日本でもメジャーになると思います。

「ベストFX業者インドネシア」、「ベストFX業者東南アジア」など、2017年に多くの賞を受賞しました。

キャンペーン/ボーナス

新しいトレーダーへのキャンペーンとして、FX業者はときどき期間限定で100%のデポジットボーナスをやっています。リクエストしないと入金されないので、必ずボーナスのリクエストをしてください。

高級車用の抽選抽選や無料Tシャツなど他のプロモーションもあります。(Tシャツくらいならいいけど、高級車はやりすぎ…)

 

イスラム口座(スワップフリー口座)

イスラム教圏は無条件でイスラム口座を開設できますが、日本人の場合はイスラム教徒自体が少なく、スワップ両建てアービトラージ狙いの疑いが濃いせいか審査あります。

スワップはありませんが、その代わりスプレッドが広大になります。ECN口座以外のすべての口座タイプが対象です。

 

問い合わせてスワップフリー口座を申請する必要があります。


FBSの強みは?

レバレッジ3000倍

何とも言ってもレバレッジ3000倍が他にはない強みだと断言できます。レバレッジが高いことが必ずしも良い方向に向かうとも限りませんが、レバレッジが高くないとできないことも多いので、選択肢を増やしてくれるという意味ではその存在価値は高いです。

 

株取引

個別銘柄CFDが取引できるのはメリットです。IFCのように日本株の取り揃えは少ないですが、外国メジャー株をロングしたいだけなら問題ない範囲です。

 

口コミ評価の高さ

レビューや評価に関しては数も多く問題ないと思います。レーバーの数やMT5を採用しているという点からみても、トラブルが発生する要因は特にないと思います。

 

FBSの弱みは?

スキャルピングは不向き

スプレッドがめちゃくちゃ狭いってわけでもないので、超高速スキャルピングとかはちょっと向いていないかもしれません。スプレッドが広いことを大きなデメリットと感じている方も多いようです。

 

日本語非サポート

ホームページは日本語でOKですが、問い合わせの際は英語が必要になるので、そこら辺が心配な方は完全日本語対応の海外FX業者の方が良いと思います。

 

FBS公式サイト

FX業者 会社一覧(海外/国内,MT4/MT5/cTrader)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールなどでお願いします。

関連記事

[海外FX]xtbの特徴,評判…徹底比較

xtb(クロストレードブローカー)のレバレッジ、スプレッド、取引対象、入金出金方法、取引プラット

記事を読む

[海外FX]AXIORY(アキシオリー)のすべて(評判,スプレッド,レバレッジ,入金,CFD,MT4

AXIORY(アキシオリー)のレバレッジ、スプレッド、取引対象、入金出金方法、取引プラットフォー

記事を読む

[海外FX]Bigboss(ビッグボス)のすべて (スプレッド,MT4,仮想通貨,取引手数料,プロスプレッド口座

BigBoss(ビッグボス)のレバレッジ、スプレッド、取引対象、入金出金方法、取引プラットフォー

記事を読む

[海外FX]MILTON Markets(ミルトンマーケッツ)の特徴,自動売買,口座開設,評判…徹底比較

MILTON Markets(ミルトンマーケッツ)のレバレッジ、スプレッド、取引対象、入金出金方

記事を読む

[海外FX]YADIX(ヤディックス)の特徴,レビュー,評判…徹底比較

YADIX(ヤディックス)のレバレッジ、スプレッド、取引対象、入金出金方法、取引プラットフォーム

記事を読む

 
  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を)

Translate »
ページトップへ