*

TradeStation 株のシストレ開発2 EasyLanguage

今回は開発言語であるEasyLanguageを触ります。

TradeStationの「表示」から「EasyLanguage開発環境」を選択すると、
下記のようなウィンドウが開きます。

bandicam 2017-10-03 10-29-52-510

これがメタエディタ的な開発環境です。

F1を押すとヘルプが開くので、それを参考にしながら開発が可能です。
(しかも日本語!)
bandicam 2017-10-03 10-36-27-947

まぁ、まずは右も左もわからないので、
サンプルのコードを開いてみましょう。

「ファイル」ー>「開く」で適当なサンプルを開きます。
今回は移動平均線にしました。

EasyLanguageの世界ではコメントは{}で行います。//でもコメントアウトされますが、例によって1行だけです。
開発環境下では予約語やテキスト文字などは色分けされるので、
かなり見やすいと思います。

ここら辺も結構洗練されていますね。

「構築する」がコンパイルの代わりです。
コンパイルに成功すると、”0エラー”と表示され、
TradeStationで利用できるようになります。

bandicam 2017-10-03 11-15-34-474

bandicam 2017-10-03 11-16-22-217

TradeStationのチャート上にインジケーターを挿入して、
インジケーター上で右クリックすると、
インジケーターの設定メニューが表示されます。

bandicam 2017-10-03 11-19-04-214

「一般」のとなりの「入力」タブを押すと、
インプットパラメータの項目が表示されます。

これがMQLで言うところのextern,inputパラメータです。
(ターミナル上から編集できる変数です)

これがソースコード上のinputと対応しています。

コメントアウトに{}を使用する関係で、
基本的な条件文には{}を使いません。

if文なんかは

if…then…end
のタイプです。(最近の言語っぽいですね)

{}の場合対応が読みやすいのですが、
それが使えないので、インデントを正確にした方が後々楽になると思います。

こういう面ではMQLやPHPやCよりもUWSCに近いですね。

&&は and
||は or
です。

見慣れない予約語beginがありますが、リファレンスによると
Begin は、If…Then, If…Then…Else、For、または While ステートメントの後で複数行のコードを使用する場合のみ必要です。

各 Begin に対応する End がなければなりません。

要するに「if文の中が2行以上になる場合はbeginと書いてね」ということらしいです。
理由は…謎です。(今まで通り{}を採用すれば良いと思うの)

plot1というのはチャート上に描画する関数です。
plot99までOKっぽいので、今度試してみましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStation 株のシストレ開発4 ストラテジーのコード

今回は前回の最後にテストした移動平均線のクロスのストラテジーの プログラミングを見ていきたいと思い

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発13 オーダーの文法

EasyLanguageにはオーダーが4種類あります。 Buy: 新規買い。ポジションを保持し

記事を読む

株の自動売買、始めます

今までは基本的にMT4、MT5に頼ってFXやCFDの自動売買をするのがメインだったわけですが、 今

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発16 インジケータのコード上でプロパティ設定

EasyLanguageのインジケータの線の太さや色などのプロパティは 基本的にはプロパティ画面で

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発15 複数銘柄を自動監視する

株のデイトレと言ったら、たくさんのチャートを並べて常時それを監視しているイメージです。 映画やドラ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

→もっと見る

PAGE TOP ↑