*

TradeStation 株のシストレ開発2 EasyLanguage

今回は開発言語であるEasyLanguageを触ります。

TradeStationの「表示」から「EasyLanguage開発環境」を選択すると、
下記のようなウィンドウが開きます。

bandicam 2017-10-03 10-29-52-510

これがメタエディタ的な開発環境です。

F1を押すとヘルプが開くので、それを参考にしながら開発が可能です。
(しかも日本語!)
bandicam 2017-10-03 10-36-27-947

まぁ、まずは右も左もわからないので、
サンプルのコードを開いてみましょう。

「ファイル」ー>「開く」で適当なサンプルを開きます。
今回は移動平均線にしました。

EasyLanguageの世界ではコメントは{}で行います。//でもコメントアウトされますが、例によって1行だけです。
開発環境下では予約語やテキスト文字などは色分けされるので、
かなり見やすいと思います。

ここら辺も結構洗練されていますね。

「構築する」がコンパイルの代わりです。
コンパイルに成功すると、”0エラー”と表示され、
TradeStationで利用できるようになります。

bandicam 2017-10-03 11-15-34-474

bandicam 2017-10-03 11-16-22-217

TradeStationのチャート上にインジケーターを挿入して、
インジケーター上で右クリックすると、
インジケーターの設定メニューが表示されます。

bandicam 2017-10-03 11-19-04-214

「一般」のとなりの「入力」タブを押すと、
インプットパラメータの項目が表示されます。

これがMQLで言うところのextern,inputパラメータです。
(ターミナル上から編集できる変数です)

これがソースコード上のinputと対応しています。

コメントアウトに{}を使用する関係で、
基本的な条件文には{}を使いません。

if文なんかは

if…then…end
のタイプです。(最近の言語っぽいですね)

{}の場合対応が読みやすいのですが、
それが使えないので、インデントを正確にした方が後々楽になると思います。

こういう面ではMQLやPHPやCよりもUWSCに近いですね。

&&は and
||は or
です。

見慣れない予約語beginがありますが、リファレンスによると
Begin は、If…Then, If…Then…Else、For、または While ステートメントの後で複数行のコードを使用する場合のみ必要です。

各 Begin に対応する End がなければなりません。

要するに「if文の中が2行以上になる場合はbeginと書いてね」ということらしいです。
理由は…謎です。(今まで通り{}を採用すれば良いと思うの)

plot1というのはチャート上に描画する関数です。
plot99までOKっぽいので、今度試してみましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStation 株のシストレ開発9 配列、多次元配列

「for文が使えるということはすなはち、配列が使えるということ。」 この二つは切っても切り離せない

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発12 TicksとVolumeの違い

FXの場合、ティックとボリュームはほぼ同義語ですが、 株の場合はちょっと違います。 Vo

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発8 EasyLanguageの文法

外国語を学ぶときって、文法ー>例文の順番で学習することが多いですが、 基本的な日常文であればあるほ

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発7 パーフェクトオーダーを作る

今回は久々にプログラミングを触ります。 TradeStationはデフォルトで結構なインジケータと

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発1導入

TradeStationはMetaTraderほど有名ではないので、意外と情報そのものがまだ表に出て

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑