*

[EasyLanguage]ストラテジーのコードを読み解く(トレードステーション)

Originally posted 2018-10-03 15:57:42.

今回は前回の最後にテストした移動平均線のクロスのストラテジーの
プログラミングを見ていきたいと思います。

思っていたより短いですね。
これがすべてのソースコードです。

 

これが、inputパラメータの記述です。

移動平均線2本のクロスなので、短期と長期のそれぞれの期間と
計算に使うHLOCを選択します。

ここはインジケーターのときにも触れたので問題はないと思います。

Closeは現在の終値、すなはち現在レートを表します。
一つ前の足を参照する場合はClose[1]です。

MQL4に近いですね。

MQL5より100倍マシだと思います。その後改善されてましになりました。

Open,High,Lowも同様に使えます。

次に移動平均線の値の箇所です。

AverageFCは組み込み関数で、単純平均を行います。
FCはおそらく、fast calculate の略だと思います。

パラメータ
Price 数値 価格、関数および公式のうち、バーのどの値を使用するかを指定します。
Length 数値 考慮するバーの数を設定します。

最後にメインの箇所です。

 

MQLのようにループ関数(Ontick,Oncalculate,Start,OnStart)の中にメインとなる記述をするわけではありません。

CurrentBarは、現在評価されている足の数を返します。
チャートの各足に番号が割り当てられ、番号は後続の足のそれぞれについて 1 ずつ増分されます。

crosses over は、文字通りクロスオーバーしたらという条件文です。
さすがトレード専用に開発された言語だけありますね。(てか、三人称単数現在も反映するのね)

Cross または Crosses の後には、常に、Above、Below、Over、または Under が続きます。

オーダーはBuyのみで行われるので、プログラム側でロットの変更やオーダー種別の指定はできません。

まだ、なかなかEasyLanguageに慣れるまではいかないと思いますが、
あと何回かサンプルに触れれば、だいたいの雰囲気はつかめると思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

[EasyLanguage]複数銘柄を自動監視するやり方(トレードステーション)

株のデイトレと言ったら、たくさんのチャートを並べて常時それを監視しているイメージです。 映画やドラ

記事を読む

[EasyLanguage]インジケーターのコード上でプロパティ設定(トレードステーション)

EasyLanguageのインジケーターの線の太さや色などのプロパティは 基本的にはプロパティ画面

記事を読む

[EasyLanguage]パーフェクトオーダーを作る(トレードステーション)

今回は久々にプログラミングを触ります。 TradeStationはデフォルトで比較的なインジケータ

記事を読む

トレードステーションの使い方(初心者)

トレードステーションのチャートの表示方法 TradeStation/トレードステーションは、Met

記事を読む

[EasyLanguage]リペイントとは(トレードステーション)

MetaTraderではインジケーターのEA化をすることがよくありますが、 その際にリペイントがあ

記事を読む

 
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を) 4000文字未満のトピックや話題はツイッターで発信しています。
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

Translate »
ページトップへ