[EasyLanguage]パーフェクトオーダーを作る(トレードステーション)

今回は久々にプログラミングを触ります。
TradeStationはデフォルトで比較的なインジケーターとストラテジーが内蔵されているため、
デフォルトで搭載されていないテクニカルを探す方が大変だったりします。

今回は「パーフェクトオーダー」がないことに気付いたので、
パーフェクトオーダーを作ってみます。

※パーフェクトオーダーとは、移動平均線をたくさん並べるヤツです。GMMAとも似ています。

 

といっても特に目新しい内容はありません。

そういえば、PlotX関数はマニュアルを読んだところ、Xは1から99までOKみたいです。
つまり、一つのチャートに対して99個の線や点を入れることができます。

MT4のときは、7個だったので、だいぶ違いますね。

ただ、TradeStationは動作がもっさりしているので、
それだけの負荷に耐えられるのかという疑問の方が先行します。

bandicam 2017-10-05 08-56-42-344

ここまで来て
「EasyLanguageって本当にシンプルだから、書くことがすぐになくなるんじゃないか」
という思いが強くなるばかりです。

ついでにストラテジーの方も作ってみます。
まずは、買いのストラテジー。

 

そして、売りのストラテジー。

 

結果は、
bandicam 2017-10-05 09-04-23-730

ドル円に対して適応したので、上手くいかないことは100も承知です。
(パーフェクトオーダーはシグナルの出現が遅れるので、トレンドが続きにくいFXには不向きです)

試しに、三井物産に適応してみると、
bandicam 2017-10-05 09-07-03-713

めっちゃキレイに取れてる…

トレンド系のテクニカルはやっぱり株の方が相性いいですね。
ただ、シグナルが発生するまでにかなり待たなくてはいけないので、
それまで耐えられるかという問題はあると思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

日本株の個別銘柄でシステムトレード検証&自動売買(ダウンロードあり)

MT4/MT5というとFXでのトレードプラットフォームの印象が強いですが、株のトレードも可能です。特

記事を読む

[EasyLanguage]ストラテジーのコードを読み解く(トレードステーション)

移動平均線のクロスのストラテジーのプログラミングを見ていきたいと思います。 思っていたより短い

記事を読む

トレードステーションの使い方(初心者)

トレードステーションのチャートの表示方法 TradeStation/トレードステーションは、Met

記事を読む

株の自動売買を始める、開発する6つのやり方

FX業界ではMT4/MT5のおかげもあり、個人レベルでも自動売買やシステムトレードが盛んにおこなわれ

記事を読む

初心者のためのEasyLanguage入門(トレードステーション)

これからトレードステーションのストラテジを開発するためにEasyLanguageをやってみようという

記事を読む

 

Translate »
上に戻る