*

さくらのVPSで1からWebサーバーを構築する方法 (Ubuntu16.04)

公開日: : サーバー構築 ,

Originally posted 2018-11-16 12:42:01.

今回はサーバーの構築について扱ってみようと思います。VPSを使った一般的なWEBサーバーの構築がゴールです。
MT4/MT5からサーバーにトレードデータを送受信する際に、ルート権限で細かいカスタマイズをすることを狙っています。(主として、MT4/MT5ユーザーのIPからのアクセス制限・緩和を行う)

OSはUbuntu16.04にしました。日本で使われているサーバーOSは ほとんどCentOSで、日本語で検索するとこちらの方が詳細が多いのですが、世界的に見るとかなりドマイナーなOSなので、そろそろUbuntuにした方がいいんじゃないかと思います。
(マイナーなOSの方がセキュリティ的には強い気もしますけどね。)

先に言っておくとトレード用のVPS(Beeksとか)は利用できません。ポートでVPSを振り分けているため、VPS毎にグローバルIPの振り分けが行われておらず、80,443ポートを開放できないためです。

サーバーの設定

さくらVPSでVPSの契約をするとコントロールパネルのログイン情報がメールに届きます。
OSはUbuntu16.04を選択します。すると、初期ユーザー(Ubuntu)のパスワードを入力を求められますので、適当に入力します。
※スタートアップスクリプトは要りません。

fxantenna.com img

SSHでサーバーに入り、ルートユーザーにする

ここから先はコンソール(コマンドライン)での操作になります。Ubuntuにはデスクトップ版とサーバー版があって、サーバー版にはGUI(Windowsのようなデスクトップ画面)はありません。Windowsのデスクトップ画面にリモートアクセスする際にはRDPというプロトコルを使いますが、CUI(黒い画面)のサーバーに入る際にはSSHという通信方式を使います。

SSHのログインには鍵認証方式とアカウント方式があります。本来は鍵認証の方が良いのですが、今回はまずゴールまで到達することを目標にするため省きます。

コントロールパネルの「コンソール」をクリックします。本来SSHでアクセスするには専用ソフト(puttyとか)を使うのですが、こちらもインストールしてIPアドレスを入れるだけなので、省きます。

fxantenna.com img

初期ユーザはubuntuで、先ほど設定したパスワードでログインします。この状態だと権限が弱い一般ユーザなのでrootユーザーに切り替えます。

と打ち、先ほどと同じパスワードを入力します。

OSのバージョンアップ

OSに最新情報がないかチェックします。

(これはいろいろセットアップした後に行うとどこかで不具合が生じる可能性があるので、初めにやっておいた方が良いです。)

Apacheを入れる

ApacheというのはサーバーをWEBで使えるようにするためのオープンソフトで、だいたいこれが入っています。最近はNginxというより高速なソフトもありますが、今回はApacheにします。

まだネット接続に必要なhttp,https(80,443)ポートを開けていないので、これだけでは表示させることはできません。

vimを入れる

vimというのは編集ソフトのことでCUIのサクラエディタみたいなもんです。デフォルトで入っているOSもありますが入っていなかったので、インストールします。

PHPを入れる

次にPHPを入れます。

インストール中にも表示されていますが、バージョンを調べるには

と入れます。

fxantenna.com img
デフォルトでphp7になっています。PHPは5がシェア9割で、7との互換性がない関数があるので、必要に応じてダウングレードするかPHPファイルの関数を書き換えてください。(スピードはPHP7の方が断然早いです)
【追記】PHPのダウングレードをすると端々に問題が発生することが多いので、最初から古いOS(Ubuntu14)を入れた方が良いです。

libapache2のインストール

・php.iniをいじくる

・apacheにphpを認識させる

MySQLを入れる

データベース管理にMySQLを入れます。
fxantenna.com img
ユーザーパスワードを求められますので、適当に入力します。

データベースを作成

fxantenna.com img
先程設定したパスワードを入力します。

ここからはSQLなので最後に;を入れます。

・ユーザーの作成

・SQLの終了

・MySQLの再起動

ApacheとMySQLの自動起動設定

自動で起動されるようにします。

phpMyAdminのインストール

ブラウザからSQLを操作できるようにphpMyAdminを入れます。

・シンボリックリンクを作成

・phpMyAdminのログインパスを変える

・設定を読み込ませる

iptablesでポートの開放

iptablesというのは外部内部のネットアクセスに対していろいろ設定する箇所です。さくらのVPSは特殊なロケーションにあるので注意が必要です。

デフォルトではSSH用の22のみが開いているので、SSHでのみアクセス可能な状態です。
fxantenna.com img

このiptalbesというやつはセキュリティの肝なので、慣れてきたら厳密に設定してください。今はとりあえずポートの開放だけします。
※「i」で編集、「Esc」で編集オフ、「:wq」で保存して終了、「:q!」で保存せず終了、「/」で検索

を追加します。

編集したらiptables本体に反映

これでブラウザにIPアドレスを打ち込むと初期ページが表示されるはずです。
fxantenna.com img

また、https://IPアドレス/phpmyadminも表示できるはずです。
fxantenna.com img

FTPサーバーを入れる

FTPクライアントソフトからファイルをアップロードするにはFTPサーバーを入れる必要があります。

・設定ファイルを編集する

※サーバー管理者≠FTPユーザーの場合は上位フォルダにアクセスできないようにする必要があります。

・FTPユーザーを作成

・ユーザーリストにユーザーを追加する

ここにFTPユーザー名を追加する

・フォルダの権限変更
上記だけでは閲覧はできてもアップロードなどができないので、権限を与えます。

・再起動

DNSの設定

ドメインとIPアドレスを紐づけます。IPアドレスだけでもアクセスできるので独自ドメインを必要としない場合はスルーで結構です。

さくらのVPSのコントロールパネルの右上の方に「ネームサーバー登録」という項目があるので、それをクリックします。
ここに取得しているドメインを新規登録して、
ゾーン編集をして、
VPSのグローバルIPとドメインを紐づけします。

ドメインを取得したサービス(お名前ドットコムとか)の設定でネームサーバーに下記を設定します。
プライマリネームサーバー ns1.dns.ne.jp
セカンダリネームサーバー ns2.dns.ne.jp
(レンタルサーバーと一緒です)

SSLで接続できるようにする

正式にSSLで接続できるようにするには認証局を通す必要があります。

こちらのサイト様 参照:https://www.server-world.info/query?os=Ubuntu_16.04&p=httpd&f=8

これでトレードシステムを稼働させるサーバーとしての準備ができました。他にも用途に応じてオプションがありますが、ここまでできればそちらは適宜できると思います。

その他オプション

・SSHの鍵方式
・iptablesの詳細設定
・WordPressのインストール
・サブドメインの設置
・SSL証明書の取得
・メールサーバーの設置(さくらサーバーでははがき確認後になります)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

AWSでWebサーバー構築するやり方 (EC2xUbuntu)

今回はAWSのサーバーの構築を扱ってみようと思います。前回VPSを使った一般的なWEBサーバーの構築

記事を読む

[MT4/MT5用に]AWSでWindows VPSを使う方法

自動売買とVPSは切っても切り離せません。 しかし、その自動売買が本当に儲かるかどうかわからないの

記事を読む

 
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を) 4000文字未満のトピックや話題はツイッターで発信しています。
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

Translate »
ページトップへ