*

TradeStation 株のシストレ開発3 バックテスト

今回はTradeStationでシステムトレードのバックテストをしてみます。

TradeStationの「挿入」から「ストラテジーを挿入」を選択します。

bandicam 2017-10-03 15-06-11-945

デフォルトでたくさんのストラテジーがあるので、
好きなものを選択します。

今回はボリンジャーバンドを選択しました。

すると、ストラテジーの設定画面が開くので、
それぞれ入力します。

bandicam 2017-10-03 15-07-39-441

「すべてのプロパティ」を押すとバックテストの設定ができますが、
とりあえずデフォルトのままでいいでしょう。

最後に「閉じる」を押すと、
チャート上にバックテスト結果が表示されます。

bandicam 2017-10-03 15-09-42-276

資産推移のグラフは下タブの「パフォーマンスグラフ」で表示されます。

トレードレポートは「表示」ー>「ストラテジーパフォーマンスレポート」を選択します。

bandicam 2017-10-03 15-11-15-085

総利益6700円、トレード回数4回と出ています。
負け取引はないのでプロフィットファクターはNULLです。

一応、もう一つ移動平均線のクロスを日足でやってみます。

bandicam 2017-10-03 15-33-27-546

株の場合は日足にすると過去データがたくさん参照できるようですが、
分足とかにするとあまりヒストリカルデータが残っていないようです。

基本は日足でのバックテストになりそうですね。

ちなみに、上のバックテストの結果は、
bandicam 2017-10-03 15-35-09-304

こんな感じです。

たまに
「手法はなんでもいい。自分で決めたトレードルールを守っていれば勝てる」
みたいなことを言う人がいますが、
何の根拠があっていっているのか良く分かりません。

少しでもシステムトレードプログラムに触ったことがあれば
バックテストをしてみて嫌というほど反例に直面すると思います。

少なくともこのバックテストを使えば、
株で不要な授業料を払う必要は多少なくなるんじゃないでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStation 株のシストレ開発8 EasyLanguageの文法

外国語を学ぶときって、文法ー>例文の順番で学習することが多いですが、 基本的な日常文であればあるほ

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発15 複数銘柄を自動監視する

株のデイトレと言ったら、たくさんのチャートを並べて常時それを監視しているイメージです。 映画やドラ

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発18 リペイントの話

MetaTraderではインジケータのEA化をすることがよくありますが、 その際にリペイントがある

記事を読む

株の自動売買、始めます

今までは基本的にMT4、MT5に頼ってFXやCFDの自動売買をするのがメインだったわけですが、 今

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発6 スクリーニング/マルチチャート

今回はまたまた操作方法で、プログラミングは扱いません。 銘柄のスクリーニングとマルチチャートの仕方

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑