新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2980:トレードオペレーションのプッシュ通知

公開日: : メタクォーツ最新情報

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。

2021年6月18日(金)にメタトレーダー5プラットフォームのアップデートがリリースされます。新バージョンでは、以下のような変更点があります。

 

ターミナル。サーバーからのプッシュ通知を受信する機能を追加しました。ターミナルが閉じていても、実行された取引操作が通知されます。

 

 

 

以前のバージョンでは、モバイル端末での通知は、トレーダーのデスクトップ端末からしか配信できませんでした。取引が成立すると、端末から設定で指定したMetaQuotes IDに該当する通知が送信されていました。実行中の端末からしか通知を送ることができませんでした。この要件は解除されました。パソコンの電源が切れている状態で、サーバー上でTake Profitが発生した場合、サーバーからクローズポジションに関する通知が届きます。

サーバーからの通知の受信を開始するには、以下の条件を満たす必要があります。

サーバーからの通知はデモ口座では機能しないため、実際の口座をお持ちの方

スマートフォンにMetaTrader 5 for iOSまたはAndroidをインストールしてください。
モバイル端末で「メッセージ」を開き、MetaQuotes IDを見つけ、デスクトップ端末の設定で指定してください。
デスクトップ端末の設定でサーバー通知を有効にする

サーバー通知を利用できるかどうかは、お客様のブローカーによって提供される必要があります。

注文、取引、残高操作の3つの通知タイプがサポートされています。このオプションを有効にすると、利用可能な通知タイプが端末のログに表示されます。
1222」:トレードサーバーからの取引、注文、残高の通知を購読している

 

ターミナル。MetaTrader VPS Showcaseを更新しました。VPSコーナーがより便利になりました。
< br/>
インターフェイスはどんな画面幅にも対応します。
ワークスペースに合わせて、ショーケースの縦方向のスペースが小さくなりました。
必要な情報は、必要なときだけ表示されます。支払いプランを選択すると、支払いの詳細が表示されます。

 

 

 

端末。ストラテジーテスターのパネルに、MQL5サービスやツールボックスウィンドウに素早く切り替えるためのコマンドを追加しました。コマンドは [概要] セクションにのみ表示され、他のタブではパネルを使用してテストを管理します。

 

 

 

ターミナル。MQL5 サービスのウィンドウ状態の保存を追加しました。ターミナルを閉じる前にマーケットを開いたままにしておくと、次回ターミナルを起動したときに関連するウィンドウが開かれます。

ターミナル MQL5のアカウント状態の定期的な同期を修正しました。シグナルのコピーが特定の条件下でエラーにより失敗することがありました。
ターミナル。推奨されるマーケット商品のセレクションの表示を修正しました。
ターミナル ナビゲーターのシグナルのコンテキストメニューを修正しました。このメニューを使用して、購読しているシグナルを表示したり、シグナルの購読を解除したりすることができます。

MQL5。標準ライブラリの複素数の実装における”-“演算子のエラーを修正しました(ファイル MQL5\Include\Math\Alglib\complex.mqh)。
MQL5 初期化シーケンスに定数だけでなく、任意の式を使用できるようになりました。これにより、使いやすさとC ++コードとの互換性が向上しました。

struct</span > POINT { int x,y; };
int GetYFunc(y) { return(y * y); }。
void SomeFunction(int x1,int x2,int y) { POINT pt={ x1+x2, GetYFunc(y) }; ProcessPoint(pt); };
MQL5: 巨大なデータ配列を持つユニオンのコンパイル時に発生していたエラーを修正しました。
MQL5: StringToCharArray関数の動作を修正しました。最初の終端のNULL文字で停止するのではなく、渡された文字列全体をChar配列に変換するようになりました。

MQL5: 親クラスがデフォルトコンストラクタを持っていない場合に、クラス/構造体のコンストラクタ呼び出しを明示的に行うための制御を追加しました。

MQL5: インライン関数の呼び出し場所をプロファイラレポートに表示するようになりました。

以下の例では、func();の呼び出しが次のようにハイライトされます。

 

 

 

func関数自体はOnStartに配置されているため、ハイライトされません。

MetaEditor: 空のプロジェクトを作成する機能を追加しました。これは、特定のファイル構造を持つ非標準的な開発プロジェクトで、デフォルトのテンプレートが適さない場合に便利な機能です。

 

 

この場合、空の設定ファイル「mqproj」が作成されます。ソースコードファイルは手動で作成する必要があります。

MetaEditor: MetaEditorの起動を高速化しました。
MetaEditor: MetaEditor: デバッグ中に観測された式のリストのデータ表示を修正しました。特定の条件下で、リストに誤った変数値が表示されることがありました。
メタエディタ。MetaEditor: MQLウィザードで作成したPytho nスクリプトファイルに拡張子「.py」が自動的に追加されるように修正しました。

ドキュメントを更新しました。
 

このアップデートは、Live Updateシステムを通じて提供されます。

 




原文:

The MetaTrader 5 platform update will be released on Friday, June the 18th, 2021. The new version features the following changes:

  1. Terminal: Added ability to receive push notifications from the server. You will be notified of executed trading operations even if your terminal is closed.

    Enable trade notifications from the trading server

    In earlier versions, notifications on a mobile device could only be delivered from the trader’s desktop terminal. Upon the execution of a trading operation, the terminal sent the relevant notification to MetaQuotes ID specified in settings. Notifications could only be sent from a running terminal. This requirement has been lifted. If a Take Profit triggers on the server while your computer is turned off, you will receive a notification about a closed position from the server.

    To start receiving notifications from the server, you should:

    • Have a real account as server notifications do not work for demo accounts
    • Install MetaTrader 5 for iOS or Android on you r smartphone
    • Open the Messages section in the mobile terminal, find your MetaQuotes ID and specify it in the desktop terminal settings
    • Enable server notifications in desktop terminal settings

    The availability of server notifications should be provided by your broker

    Three notification types are supported: orders, deals and balance operations. When you enable the option, the available notification types will be displayed in the terminal log:

    ‘1222’: subscribed to deals, orders, balance notifications from trade server
  2. Terminal: Updated MetaTrader VPS Showcase. The VPS section has become more convenient:
    < br/>

    • The interface adapts to any screen width.
    • The showcase takes up less space vertically to fit in the workspace.
    • The necessary information appears only when it is needed. Payment details only appear after you select a payment plan.

    Improved MetaTrader VPS showcase

    Terminal: In the Strategy Tester panel, added commands for quick switching to MQL5 services and to the Toolbox window. The commands are only displayed in the Overview section, while in other tabs the panel is used to manage testing.

    Fast switching between windows

  3. Terminal: Added saving of window states for MQL5 services. If you leave the Market open before closing the terminal, the relevant window will be open the next time you launch the terminal.
  4. Terminal: Fixed periodic synchronization of the MQL5 account state. Signal copying could fail under certain conditions due to an error.
  5. Terminal: Fixed display of a selection of recommended Market products.
  6. Terminal: Fixed signals context menu in the Navigator. You can use the menu to view the signal to which you are subscribed or to unsubscribe from a signal.
  7. MQL5: Fixed “-” operator error in the implementation of complex numbers in the Standard Library (file MQL5IncludeMathAlglibcomplex.mqh).
  8. MQL5: Now you can use any expressions in initialization sequences, not just constant ones. This improves usability and compatibility with C ++ code.
  9. MQL5: Fixed an error which occurred during the compilation of union with huge data arrays.
  10. MQL5: Fixed operation of the StringToCharArray function. Now it converts the entire passed string to a Char array instead of stopping at the first terminating null character.
  11. MQL5: Added control for the explicit presence of a constructor call for classes/structures if their parent class does not have a default constructor.
  12. MQL5: Added display of a call place for inline functions in the profiler report.

    In the below example, the func(); call is now highlighted as follows:

    The inline function call place is now highlighted

    The func function itself is not highlighted since its full code is placed in OnStart.

  13. MetaEditor: Added ability to create empty projects. This is a useful feature for non-standard development projects with specific file structures for which the default templates are not suitable.

    An empty settings file “mqproj” will be created in this case. Source code files should be created manually.

  14. MetaEditor: Implemented faster launching of MetaEditor.
  15. MetaEditor: Fixed data display in the list of observed expressions during debugging. The list could display incorrect variable values under certain conditions.
  16. MetaEditor: Fixed automatic addition of “.py” extension to Pytho n script files created using the MQL Wizard.
  17. Updated documentation.
     

The update will be available through the Live Update system.

参照URL:https://www.mql5.com/en/forum/371495

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2755:ポップアップ価格ウィンドウとデバッガーの改善

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

MetaTrader 5プラットフォームベータビルド2920:メイン作業領域でのMQL5サービスショーケースの配置と更新されたデザイン

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

市場製品の評価計算に説明の品質が含まれるようになりました

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

Python、R、C ++、C#、およびJavaプログラムをフリーランスで注文する

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

MetaQuotesは最高のMQL5.com開発者に報酬を与えます

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

 

Translate »
上に戻る