MetaTrader 5プラットフォームベータビルド2920:メイン作業領域でのMQL5サービスショーケースの配置と更新されたデザイン

公開日: : メタクォーツ最新情報

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。

 

2021年5月14日(金)に、アップデートされたメタトレーダー5プラットフォームのベータ版がリリースされます。トレーダーの皆様には、新バージョンのテストにご参加いただき、そのすべての機能を評価し、開発者のエラー修正にご協力いただきます。

メタトレーダー5プラットフォームをビルド2920にアップデートするには、Help #Check Desktop Updates #Latest Beta Versionをクリックしてください。

 

 

 

新しいMetaTrader 5プラットフォームの最終ビルドは、パブリックベータテストの後にリリースされます。

新バージョンでは、以下のような変更点があります。

 

ターミナル。マーケット、シグナル、バーチャルホスティングなどの取引サービスが、プラットフォームのメイン作業エリアに便利に表示されるようになりました。

以前のバージョンでは、MQL5サービスの購入エリアは、メインウィンドウの下にある小さなツールボックスウィンドウ内に配置されていました。新しい場所では、便利な購入オプションを備えた機能満載のショーケースを表示することができます。また、下部の不要なタブを削除することで、他のプラットフォームの機能を利用するためのスペースを確保しました。

 

 

 

追加のサービスにアクセスしても、取引やチャート分析などの主要な機能が妨げられることはありません。

サービスタブは、バーの最後、すべてのチャートタブの後に配置されています。
使用しないサービスウィンドウは閉じることができます。再度開くには、ナビゲーター、ツールバー、または「サービス」メニューを使用します。

 

また、サービスのデザインを一新しました。よりエレガントで軽量なデザインになりました。シグナルには、これまでMQL5.communityのウェブサイトのショーケースでしか見ることができなかったデータが追加されています。主な特徴を示した極座標図、信頼性とアクティビティの指標、その他の変数です。

 

 

端末。IPv6アドレスのサポートを追加しました。

すべてのネットワークで使用されているIPv4は、30年以上前に作られました。これには32ビットのIPアドレスが含まれており、ドットで区切られた4つの8ビットの数字で表現されています。このアルゴリズムにより、40億以上のユニークなIPアドレスが生成されます。しかし、ユーザーやデバイスの数が急速に増加しているため、利用可能なアドレスのプールの枯渇が加速しています。

この問題を回避するために、一部の製品では最新のIPv6規格に対応しています。このプロトコルでは、x:x:x:x:x:x:xと表される128ビットのアドレスを使用します。各xは、6つの16ビットのアドレス要素の16進法の値です。理論的には、このフォーマットでは5×10 ^ 28のユニークなアドレスが可能です。このプロトコルには、広いアドレス空間に加えて、旧バージョンよりも優れた点があります。詳細については、専門記事を参照してください。

MetaTrader 5プラットフォームは、完全にIPv6に対応しています。お客様のブローカーまたはプロバイダーが新しいプロトコルに切り替えた場合、プロトコルのサポートはプラットフォームでシームレスに有効化され、お客様側で追加の操作をする必要はありません。

ターミナル。ビルド 2815 で発表されたタスクマネージャー機能を引き続き実装しています。どの MQL プログラムのデバッグまたはプロファイリングが実行されているかをチャートに明示する機能が追加されました。

 

 

 

ターミナル macOS および Linux コンピュータ上の Wine でのプラットフォーム起動を高速化しました。一般的な最適化とバグ修正を行いました。

メニュー、ツールバー、ダイアログボックスの表示を改善しました。
マーケット」、「シグナル」、「VPS」の各セクションの表示に関するエラーを修正しました。特に、「マーケット」ショーケースでの製品ロゴの読み込みを修正しました。

macOSコンピュータにMetaTrader 5を簡単にインストールするためのDMGパッケージを更新しました。このパッケージを使用すると、他のアプリケーションと同様にプラットフォームをインストールできます。プラットフォームのアイコンを「アプリケーション」にドラッグして、インストールが完了するのを待ちます。
本パッケージには、より安定的かつ高速な動作を可能にする追加コンポーネントが含まれています。パッケージをお使いの方は、https://download.mql5.com/cdn/web/metaquotes.software.corp/mt5/MetaTrader5.dmg から最新版をダウンロー ドして MetaTrader 5 を再インストールすることをお勧めします。

CrossOverを使用している場合は、MetaTrader 5を完全に再インストールして、最新の64ビットプラットフォームバージョンを入手してください。

ターミナル キーボードショートカットの「Ctrl+F9」の動作を修正しました。これはツールボックスのトレードタブをアクティブにします。

MQL5。32ビットコンポーネントを含む古いテクノロジーの流通を引き続き制限しています。

32ビット端末は、マーケットからプログラムをロードすることができなくなりました。
32ビットの端末は、ホスティングサービスに接続できません。
32ビット版のMetaEditorは、MQL5 Cloud Protectorによる追加のファイル保護をサポートしていません。
古いMetaEditorバージョン(5年以上前にリリースされたもの)でコンパイルされたMQL5プログラムは、新しいターミナルバージョンでは実行できません。

32ビットプラットフォーム版のサポートは、ビルド2361のリリース後、1年前に終了しました。プラットフォームのすべての機能を制限なく利用するためには、64ビットのMetaTrader 5バージョンにアップグレードすることを強くお勧めします。

また、過去に32ビット版の製品をマーケットにアップロードしたことのある販売者様は、最新の64ビット版MetaEditorを使って再コンパイルし、新しいバージョンをアップロードすることをお勧めします。32ビットのMQL5プログラムを端末で実行する機能は、近日中に完全に無効になる予定です。




原文:

The beta version of the updated MetaTrader 5 platform will be released on Friday, May the 14th, 2021. We invite traders to join the testing of the new version, to evaluate all its features and to help developers fix errors.

To update the MetaTrader 5 platform up to build 2920, navigate to Help Check Desktop Updates Latest Beta Version:

 

The final build of the new MetaTrader 5 platform will be released after the public beta testing.

The new version features the following changes:

  1. Terminal: Trading ser vices, including Market, Signals and Virtual Hosting are now conveniently displayed in the platform’s main working area.

    In earlier versions, MQL5 Services purchasing areas were located in the small Toolbox window below the main window. The new placement enables the display of fully featured showcases with convenient purchasing options. The removal of unnecessary tabs from the lower area provides more space for other platform functions.

    MQL5 services are now conveniently arranged in the main working area of the platform

    Access to additional services does not interfere with the major functions, such as trading and chart analysis.

    • Service tabs are located at the end of the bar, after all chart tabs.
    • Unused service windows can be closed. To re-open them, use the Navigator, the toolbar or the “Services” menu.

    We have also completely redesigned the services. The design has become more elegant and lightweight. Signals feature additional data, which were previously available only via the MQL5.community website showcase: a polar diagram with the main characteristics, reliability and activity metrics and other variables.

    Service design has become more lightweight and modern

  2. Terminal: Added support for IPv6 addresses.

    IPv4 which is used in every network was created more than 30 years ago. It contains IP addresses of 32 bits, which are represented as four 8-bit numbers separated by dots. This algorithm produces more than four billion unique IP addresses. However, the rapidly growing number of users and devices has accelerated the depletion of the pool of available addresses.

    To avoid the depletion problem, some products feature additional support for the modern IPv6 standard. This protocol uses a 128-bit address, represented as x:x:x:x:x:x:x:x, where each x is a hexadecimal value of six 16-bit address elements. Theoretically, this format allows 5 x 10 ^ 28 unique addresses. In addition to an extensive address space, this protocol has other advantages over the older version. For further details please refer to specialized articles.

    The MetaTrader 5 platform is fully IPv6-ready. If your broker or provider switches to the new protocol, the protocol support will be seamlessly enabled in the platform, with no additional action required from your end.

  3. Terminal: We continue implementing the Task Manager functionality presented in build 2815. We have added an explicit indication for charts, on which MQL program debugging or profiling is running.

    Debugging and profiling are shown in Task Manager

  4. Terminal: Implemented faster platform launching under Wine on macOS and Linux computers. General optimization and bug fixes:
    • Improved display of menus, toolbars and dialog boxes.
    • Fixed errors in displaying the “Market”, “Signals” and “VPS” sections. In particular, we have fixed the loading of product logos on the “Market” showcase.
    • Updated DMG package for easy MetaTrader 5 installation on macOS computers. With this package, the platform can be installed similarly to any other application: drag the platform icon to Applications and wait for the installation to complete.
      The package includes additional components which enable a more stable and a faster operation. All package users are strongly advised to reinstall MetaTrader 5 by downloa ding the latest version from https://download.mql5.com/cdn/web/metaquotes.software.corp/mt5/MetaTrader5.dmg
    If you are using CrossOver, please completely reinstall MetaTrader 5 to obtain the latest 64-bit platform version.
  5. Terminal: Fixed “Ctrl+F9” keyboard shortcut action. It activates the Trade tab in the Toolbox.
  6. MQL5: We continue limiting the circulation of older technologies, including 32-bit components.
    • 32-bit terminals are no longer allowed to load programs from the Market.
    • 32-bit termina ls cannot connect to the hosting service.
    • The 32-bit MetaEditor version does not support additional file protection via MQL5 Cloud Protector.
    • MQL5 programs compiled under old MetaEditor versions (released 5 years ago or more) cannot run in the new terminal version.

    Support for the 32-bit platform version was discontinued a year ago, after the release of build 2361. We strongly recommend upgrading to the 64-bit MetaTrader 5 version in order to access all the platform’s features without any limitation.

    Furthermore, we recommend all Sellers, who have previously uploaded 32-bit product versions to the Market, to recompile them using the latest 64-bit MetaEditor a nd to upload the new versions. The ability to run 32-bit MQL5 programs in terminals will be completely disabled soon.
  7. MQL5: New error code TRADE_RETCODE_HEDGE_PROHIBITED ? opening of a position or placing of a pending order is not allowed because hedge positions are prohibited. The error is returned if a user tries to execute a trading operation in case the hedging is disabled for the account and an opposite order or position already exists for the same symbol.
  8. VPS: Fixed environment migration to a VPS. An error could occur for Expert Advisors containing indicators as resources.
  9. MetaEditor: Fixed debugging and profiling termination in non-visual mode.
  10. MetaEditor: Fixed indicator profiling on real data. Such profiling could fail to start under certain conditions.
  11. Signals: Fixed trading mode checks for copied signals. Symbol trading can be limited on the broker side, i.e. the broker can set ‘long only’, ‘short only’ or ‘close only’ conditions. In earlier versions, synchronization required full trading conditions and thus copying was not allowed for all other cases. After the update, partially limited conditions will be considered as “trading”. This ability will be especially useful for stock brokers’ clients who wish to copy signals.
  12. Updated documentation.

The update will be available through the Live Update system.

参照URL:https://www.mql5.com/en/forum/369305

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

新しいMetaTrader 5プラットフォームビルド2485:MQL5におけるiCustomの改善と全体的な最適化

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 MetaTrad

記事を読む

新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2755:ポップアップ価格ウィンドウとデバッガーの改善

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

市場製品の評価計算に説明の品質が含まれるようになりました

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

no image

市場製品を改善するための規則の更新

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

MetaTrader 5プラットフォームベータビルド2430:サブスクリプションサービス、UIの改善、MetaEditorの機能の改訂

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

 

Translate »
上に戻る