新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2650:バックグラウンドチャートの読み込みとMQL5コードプロファイラーの改善

公開日: : メタクォーツ最新情報

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。

 

メタトレーダー5プラットフォームのアップデートは、2020年10月9日(金)にリリースされます。新バージョンでは、以下のような変更点があります。

 

ターミナル。オプション」タブに、「オープンポジションと注文のチャートデータを事前に読み込む」という新しい設定が追加されました。

トラフィックを節約するために、取引プラットフォームは、価格チャートを開いたときやテストを開始したときなど、関連するデータが要求されたときにのみシンボルの価格履歴をダウンロードします。しかし、活発に使用されているシンボルでは、この方法は必ずしも便利ではないかもしれません。新しいオプションを有効にすると、オープンポジションや保留中の注文があるシンボルのチャートは、プラットフォームを起動するたびにバックグラウンドモードで更新されます。このため、チャートを開いた後にデータのダウンロードを待つ必要はありません。チャートを開いた後にデータのダウンロードを待つ必要はなく、関連するデータをすぐに分析することができます。

 

 

 

ターミナル。週末後の日足バーの生成を固定しました。
ターミナル。チャートの更新を修正しました。更新された価格データを追加でダウンロードした後、チャートの更新に失敗することがある。
ターミナル アカウントの取引履歴キャッシュの更新を最適化しました。この最適化により、履歴*機能を使用する際のデータの遅延を減らすことができます。
ターミナル 取引履歴をポジションとして表示する際のコメント欄の表示を修正しました。
ターミナル シグナル購読の更新ボタンの表示を修正しました。
MQL5。コードプロファイラの全体的な更新の中で、さらなる改善が行われました。ビルド2615で提示されたイノベーションに加えて、以下の機能が実装されました。

新しいパラメータの追加
新しいプロファイラでは、Samplingメソッドを使用することをお知らせしました。このプロファイラーは、MQLプログラムの動作を一時停止させ(1秒間に約1000回)、特定のコードセグメントで何回の一時停止が実行されたかの統計を収集します。また、コールスタックを分析して、コード全体の動作時間に占める各関数の割合を調べることもできます。プロファイリング後、ユーザーは操作が何回一時停止されたか、コールスタックに各関数が何回登場したかの統計を受け取ります。

Total CPU [unit,%] ? その関数がコールスタックに何回登場したか。

Self CPU [unit,%] ? 指定した関数の中で直接発生した「一時停止」の回数。この変数は、ボトルネックを特定する上で非常に重要です。統計によると、余分なプロセッサ時間が必要な場合、一時停止の頻度が高くなります。

 

プロファイリング時に関数のインライン化を無効にする機能を追加
MQLプログラムのコンパイル時に、関数はインライン化されます。すなわち、関数コードが関数呼び出しサイトに直接追加されます。これにより、パフォーマンスを大幅に向上させることができます。しかし、この方法では、関数のプロファイリングが難しくなります。純粋な」関数のレポートを得るためには、MetaEditorの設定でインライン化を無効にすることができます。

 

 

レポートデザインの変更
プロファイリングレポートのデザインと、ソースコードウインドウでのプロファイリング情報の表示方法を変更しました。最新のデザインは、Visual Studioユーザーにとってより親しみやすいものとなっています。

 

 

 

MQL5: CopyTicksRange関数の操作を修正しました。この関数は不完全なデータを返すことがありました。
MQL5: 新しいエラーコードTRADE_RETCODE_HEDGE_PROHIBITEDは、ヘッジポジションが禁止されているため、ポジションのオープンや保留注文ができません。このエラーは、アカウントでヘッジが無効になっている場合にユーザーが取引操作を実行しようとし、ユーザーが同じシンボルに対してすでに反対の注文またはポジションを持っている場合に返されます。

MQL5: インジケータのデバッグ時にMessageBoxを呼び出す機能を削除しました。MessageBoxは、ユーザーの応答を待っている間、スレッドの実行を一時停止するため、インジケータから呼び出すことはできません。
MQL5。SymbolSelect関数を使用したMarket Watchへの取引商品の追加を最適化し、大幅に高速化しました。
MQL5: 固定サイズの配列に対するArrayInsert関数の動作を修正しました。要素が挿入されても、挿入先の配列のサイズは変わらず、挿入位置の右側の要素は右にシフトされ(最後の「カウント」要素は「ドロップオフ」されます)、要素はソースから解放されたスペースにコピーされます。

テスター。テスト中にカスタムの取引条件設定を使っていたのを修正し、設定ダイアログを修正しました。

カスタムコミッションの計算を修正しました。コミッションを有効にするには、パス全体ではなくシンボル名を指定すればよいようになりました。

より効率的な操作のためにタブを再配置しました。
ダイアログとカスタム設定を有効にするオプションの名前を変更しました。
設定テーブルの列幅を最適化しました。

カスタム設定を使用する」オプションを無効にすると、ダイアログ内の他のすべての設定が無効になります。これまでは、設定が編集可能なままだったため、ユーザーがテスト時に設定が適用されると勘違いしてしまう可能性がありました。




原文:

The MetaTrader 5 platform update will be released on Friday, October 9, 2020. The new version features the following changes:

 

  1. Terminal: The Options tab features a new setting entitled “Preload chart data for open positions and orders”.

    In order to save traffic, the trading platform downloads symbol price history only when the relevant data is requested, for example, when the price chart is opened or when testing is launched. However, this may not always be convenient for actively used symbols. If you enable the new option, the charts of the symbols for which you have open positions or pending orders, will be updated in the background mode whenever you launch the platform. Thus, you will not have to wait for data download after chart opening. The relevant data will be immediately available for analysis.

  2. Terminal: Fixed generation of daily bars after weekends.
  3. Terminal: Fixed chart updating. Charts could occasionally fail to update after the additional download of updated price data.
  4. Terminal: Optimized updating of the account trading history cache. The optimization enables the reduction of data delays when using History* functions.
  5. Terminal: Fixed display of the Comment column when displaying trading history as positions.
  6. Terminal: Fix ed display of the Signal subscription renewal button.
  7. MQL5: More improvements within the total update of the code profiler. The following functions have been implemented in addition to the innovations presented in build 2615:

    Added new parameters
    We have previously announced the usage of the Sampling method for the new profiler. The profiler makes pauses in the MQL program operation (~1000 times per second) and collects statistics on how many pauses were performed in certain code segments. This also includes the analysis of call stacks to determine the share of each function in the total code operation time. After profiling, users receive statistics on how many times the operation was paused and how many times each of the functions appeared in the call stack:

    • Total CPU [unit,%] ? how many times the function appeared in the call stack.
    • Self CPU [unit,%] ? the number of “pauses” which occurred directly within the specified function. This variable is crucial in identifying bottlenecks: according to statistics, pauses are more frequent when extra processor time is required.

    Added ability to disable function inlining during profiling
    During the compilation of MQL programs, functions are inlined, i.e. the function code is added directly to the function call site. This enables significant performance acceleration. However, this procedure makes the profiling of functions difficult. In order to obtain a report o n “pure” functions, you can disable inlining in the MetaEditor settings:

    Updated report design
    We have redesigned the profiling report and the presentation of profiling information in the source code window. The modernized design will be more familiar to Visual Studio users.

  8. MQL5: Fixed CopyTicksRange function operation. The function could sometimes return incomplete data.
  9. MQL5: New error code TRADE_RETCODE_HEDGE_PROHIBITED ? opening of a position or placing of a pending order is not allowed because hedge positions are prohibited. The error is returned if a user tries to execute a trading operation in the case the hedging is disabled for the account, and the user already has an opposite order or position for the same symbol.
  10. MQL5: Removed the ability to call MessageBox when debugging indicators. MessageBox cannot be called from indicators because it suspends the thread execution for the whole time, while waiting for the user’s response.
  11. MQL5: Optimized and significantly accelerated addition of trading instruments to the Market Watch using the SymbolSelect function.
  12. MQL5: Fixed ArrayInsert function behavior for fixed-sized arrays. Now, the behavior corresponds to its description in the documentation: when elements are inserted, the size of the destination array does not change and the elements to t he right of the insert position are shifted to the right (the last ‘count’ elements are “dropped off”), while the elements are copied from the source to the released space.
  13. Tester: Fixed working with custom trading condition settings during testing; the settings dialog has been revised.
    • Fixed calculation of custom commissions. To enable commissions, it is now enough to specify the symbol name rather than the entire path.
    • Rearranged tabs for more efficient operation.
    • Renamed the dialog and the option enabling custom settings.
    • Optimized column width in the settings tables.
    • When the “Use custom settings” option is disabled, all other settings in the dialog are deactivated. Previously, the settings remain ed editable, and users could have mistakenly thought that the settings would be applied during testing.

  14. Tester: Fixed an occasional error related with the receiving of orders from the trade history by ticket.
  15. MetaEditor: Added color scheme presets for the code editing window: light (default), dark and blue. You can customize the editor without having to configure the editor view manually.

    Additionally, it is now possible to customize the border color for the function tooltips.

     

  16. MetaEditor: All icons in the toolbars have been updated to support HiDPI monitors.< /li>
  17. Documentation has been updated.

The update will be available through the Live Update system.

参照URL:https://www.mql5.com/en/forum/352981

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

MetaTrader 5 Androidビルド2569:新しいチャート色

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

MetaTrader 5プラットフォームベータビルド2430:サブスクリプションサービス、UIの改善、MetaEditorの機能の改訂

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

no image

32ビットバージョンのサポートは、次のMetaTrader 5アップデートで終了します

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &

記事を読む

MetaQuotesは最高のMQL5.com開発者に報酬を与えます

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

MQL5.communityが韓国語で利用可能になりました!

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

 

Translate »
上に戻る