MetaTrader 5プラットフォームベータビルド2430:サブスクリプションサービス、UIの改善、MetaEditorの機能の改訂

公開日: : メタクォーツ最新情報

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。

 

更新されたMetaTrader 5プラットフォームのベータ版が2020年5月15日金曜日にリリースされます。トレーダーに新しいバージョンのテストに参加して、その機能を評価し、開発者がエラーを修正するのを支援するよう依頼します。

ビルド2430までMetaTrader 5プラットフォームを更新するには、ヘルプに移動してください。デスクトップの更新の確認¥最新のベータ版:

MetaTrader 5プラットフォームの最終ビルドは、公開ベータテストの完了後にリリースされます。

新しいバージョンには、次の変更点があります。

アップデートには64ビットプラットフォームコンポーネントのみが含まれます

32ビットターミナルバージョンのサポートが終了することを以前に発表しました。現在のアップデート以降、新しいバージョンは64ビットコンポーネントに対してのみリリースされます。利用可能な最新の32ビット端末バージョンは、ビルド2360です。 

それでも32ビットソリューションを使用している場合は、できるだけ早く64ビットバージョンに切り替えることをお勧めします。

  1.                            ターミナル:新しいサブスクリプションサービスをリリースしました。サブスクリプションは、取引を支援する追加のサービスを提供します。たとえば、有名なプロバイダーからの高品質な市場データを購読し、受信したデータを分析して、新しい取引戦略を開発できます。必要に応じて、トレーディングの基本の学習やプラットフォームの使用スキルの習得に役立つパーソナルマネージャーサービスをリクエストできます。

このサービスは現在開発中であり、次のバージョンで使用できるようになります。

仕組み
ナビゲーターに新しいサブスクリプションセクションが追加されました。利用可能なすべてのサービスがこのセクションの下に表示されます。サービスのリストはブローカー側で設定されるため、接続しているサーバーによって異なります。サブスクリプションは、簡単に閲覧できるようにカテゴリに分かれています。

サービスを選択して、詳細な説明を表示します。次に、[購読]をクリックします。アクティブなサブスクリプションはすべて別のセクションに表示されます。

市場データを購読すると、適切な取引商品がMarket Watchで選択できるようになります。それらは通常のシンボルとして使用できます。マーケットウォッチで見積もりを表示し、チャートを開き、オブジェクトとインジケーターを使用して分析し、戦略テスターでエキスパートアドバイザーを実行します。これらのシンボルの取引操作はサポートされていません。

サブスクリプションの支払い方法
取引口座の資金を使用してサービスの支払いを行うことができます。支払いはプラットフォームから直接実行できるため、他のウェブサイトにアクセスする必要はありません。

間もなく、MetaQuotes-Demoに接続して市場データのサブスクリプションを購入する可能性を追加
します。世界中のさまざまな取引所からの市場データのサブスクリプションをセットアップする予定です。数回クリックするだけで、ナスダック、CME、NYSE、BOVESPA、その他の取引所からリアルタイムの見積もりを受け取ることができます。マーケット、シグナル、ホスティングの購入と同様に、MQL5.communityアカウントを使用してサブスクリプションの支払いを行うことができます。

  1.                            ターミナル:チャート設定に新しい「ティッカーを表示」オプションを追加しました。このオプションは、取引シンボル名、タイムフレーム、およびカスタムコメントを含む行を表示/非表示にします。
  1.                            ターミナル:ターミナル設定とチャート設定にオプション「取引履歴を表示」を追加しました。チャート市場のエントリと出口表示する機能は以前のバージョンで利用可能でしたが、「ツールボックス¥履歴」セクションから管理されていました。新しいオプションにより、履歴表示のより快適な設定が可能になります。一度にすべてのグラフに設定することも、目的のグラフに個別に設定することもできます。  

さらに、チャートのコンテキストメニューを使用して、取引履歴と取引レベルの表示をすばやく有効にできます。

  1.                            ターミナル:チャート設定に新しい「白地に色」スキームを追加しました。
  1.                            ターミナル:位置と注文のコンテキストメニューに新しいコマンドが追加され、関連するシンボルの市場深度とチャートをすばやく開くことができます。
  1.                            ターミナル:チャートフレームの強調表示を追加しました。これは、ターミナルで複数のチャートが開いているときに、目的のシンボルチャートを見つけるのに役立ちます。マーケットウォッチのシンボル、取引または履歴セクションの注文またはポジションライン、またはアラートを選択すると、適切なシンボルチャートのフレームが3回点滅します。
  1.                            ターミナル:チャート上の取引レベルの表示が改善されました。
    1. チャートをきれいに保つために、ポジション、オーダー、レベルのチケットは表示されなくなりました
    2. キャプションは読みやすくするために大文字で表示されます
    3. ボリュームがゼロの場合、小数部分なしで表示されます
    4. チャートの高さが80ピクセル未満の場合、レベルは非表示になります
  1.                            シンボル名に加えて、チャートの左上隅にシンボルの説明(利用可能な場合)の表示を追加しました。
  1.                            新しい列が未決注文とポジションのリストに追加されました:
    1.                                                      変化する ?営業収益率
    2.                                                      値?ポジションの市場価値
    3.                                                      マジック ?エキスパートアドバイザーによって開かれた注文とポジションの識別子(マジックナンバー)

新しい列は、コンテキストメニューを使用して表示/非表示にできます。

ポジション値と魔法の列も取引履歴セクションに追加されました。

さらに、オープンポジションと履歴セクションの利益フィールドは、操作結果に応じて強調表示されます。

  1.                        ターミナル:マイナス価格のサポートが追加されました。これにより、最近の原油価格がゼロを下回ったのと同様の状況で、適切なプラットフォームの運用が可能になります。これも:
    1.                                                      マーケットウォッチでの相場の表示
    2.                                                      チャートと市場深度の表示
    3.                                                      取引操作の実行
    4.                                                      利益と担保の計算
  1.                        ターミナル:マーケットウォッチで同時に有効にできるシンボルの最大数が5000に増えました。
  2.                        ターミナル:最終更新日によるチャットのソートを修正しました。  
  3.                        ターミナル:多数の取引シンボル(50,000以上)による最適化および高速化された操作。
  4.                        ターミナル:現在のボリュームがシンボルのボリューム変更ステップに対応していない場合、ポジションを閉じることができなかったバグを修正しました。
  5.                        MQL5:ティック履歴を使用した最適化および高速化された操作。
  6.                        MQL5:データベースを操作するための新しい関数を追加しました:

     

    1.                                                      DatabaseResetDatabasePrepare呼び出しと同様に、要求を初期状態にリセットします。この関数は、異なるパラメーター値を使用して要求を複数実行することを目的としています。たとえば、INSERTコマンドを使用してデータを一括でテーブルに追加する場合、フィールド値のカスタムセットをエントリごとに作成する必要があります。   
    2.                                                      DatabaseBind?リクエストにパラメータ値を設定します。この関数は、SQLリクエストに「?」が含まれている場合に使用されます。または「?N」パラメータ化可能な値。Nはパラメータインデックス(1から始まる)を意味します。 
    3.                                                      DatabaseBindArray?配列をパラメーター値として設定します。 
  1.                        MQL5:のための追加FSD_FILE_MUST_EXISTフラグFileSelectDialogの機能。選択したファイルが存在する必要があることを示しています。  
  2.                        MQL5:ENUM_SYMBOL_INFO_DOUBLE列挙にオプションを説明する値が追加されました:  
    1.                                                      SYMBOL_PRICE_CHANGE?前の取引日の終わりに対する現在の価格の変化(%)。
    2.                                                      SYMBOL_PRICE_VOLATILITY?価格変動率(%)。
    3.                                                      SYMBOL_PRICE_THEORETICAL?理論上のオプション価格。
    4.                                                      SYMBOL_PRICE_DELTA?オプション/保証デルタ。原資産価格が1だけ変動したときに、オプション価格が変動する価値を示します。
    5.                                                      SYMBOL_PRICE_THETA?オプション/保証シータ。一時的な分割、つまり有効期限が近づいたためにオプション価格が毎日失うポイント数。
    6.                                                      SYMBOL_PRICE_GAMMA?オプション/保証ガンマ。デルタの変化率を表示しますか?オプションプレミアムが変化する速度。
    7.                                                      SYMBOL_PRICE_VEGA?オプション/保証ベガ。ボラティリティが1%変化したときにオプション価格が変化するポイント数を示します。
    8.                                                      SYMBOL_PRICE_RHO?オプション/保証ロー。理論上のオプション価格の、1%変化する金利に対する感度を反映します。
    9.                                                      SYMBOL_PRICE_OMEGA?オプション/保証オメガ。オプション弾力性?原資産価格の変化率によるオプション価格の相対的変化率。
    10.                                                   SYMBOL_PRICE_SENSITIVITY?オプション/保証感度。オプションの価格が1ポイントだけ変化するように、オプションの原資産の価格が何ポイント変化するかを示します。
  1.                        MQL5:DatabaseExport関数でHEX形式のBLOBフィールドのエクスポートを追加しました。  
  2.                        MQL5:新しいCHART_SHOW_TICKERプロパティがENUM_CHART_PROPERTY_INTEGERに追加されましたか?左上隅にシンボルティッカーが表示されます。CHART_SHOW_TICKERがfalseに設定されている場合、CHART_SHOW_OHLCもfalseに設定されるため、OHLCは非表示になります。     
  3.                        MQL5:コンパイラーによって生成されるコードの品質が改善されました。これにより、実行速度を上げることができました。
  4.                        MQL5:テンプレート関数とクラスのコンパイルと実行に関連するエラーを修正しました。これらは:
    1.                                                      オーバーロードされたテンプレート関数呼び出しの優先度の不一致エラー
    2.                                                      テンプレートメソッド/クラス生成エラー
    3.                                                      テンプレート関数のテンプレートパラメータの内部クラスにアクセスしようとしたために発生したエラー
    4.                                                      内部クラスの使用が原因のテンプレートクラスコード生成エラー。
    5.                                                      B <void *>の前にB <int>テンプレートオブジェクトを使用するとエラーが発生する
    6.                                                      内部タイプCを持ち、複数回ラップされた複雑なオブジェクトの作成エラー
    7.                                                      関数ポインタ引数をconst refテンプレートとして転送中にエラーが発生しました
    8.                                                      内部構造体をテンプレート関数に渡すときにエラーが発生しました
    9.                                                      テンプレート関数の実行における優先度の不一致エラー
    10.                                                   forおよびdo-whileループでの括弧の数が正しくない
    11.                                                   クラス構造の説明の括弧数が正しくありません
    12.                                                   ArrayResizeを使用して一度に1つの要素を追加すると速度が低下する
    13.                                                   一致するオーバーロードされた関数の選択エラー
  1.                        MQL5:CustomTicksReplace関数で時々発生するエラーを修正しました。  
  2.                        Python:初期化メソッドにパスパラメータが追加されましたか?metatrader.exeまたはmetatrader64.exeへのパス。パスが指定されていない場合、モジュールはそれ自体で実行可能ファイルを見つけようとします。   
  3.                        Python:次の新しいメソッドが追加されました。
    1.                                                      symbols_get?MetaTrader 5ターミナルからすべての金融シンボルを受け取ります。 
    2.                                                      symbols_total?MetaTrader 5ターミナル内のすべての金融シンボルの数を取得します。 
  1.                        Python:次の関数のシンボルグループによるフィルタリングが追加されました:orders_getpositions_gethistory_orders_gethistory_deals_get。「group」パラメーターを指定して呼び出しフォームを使用します。     
  2.                        Python:order_sendorder_checkの戻り値は、元のリクエストの完全な説明を含む ‘request’フィールドとともに渡されるようになりました。例えば:    


コメント=リクエストの実行
request_id = 55
retcode_external = 0
request = TradeRequest(action = 1、magic = 234000、order = 0、symbol = ‘USDJPY’、volume = 0.1、price = 108.018、stoplimit = 0.0、… traderequest:action = 1 TradeRequest:magic = 234000 TradeRequest:order = 0 traderequest:symbol = USDJPY traderequest:volume = 0.1 traderequest:price = 108.018 traderequest:stoplimit = 0.0 …       
    
    
    
    
    
    
    

  1.                        Python:チャートで起動すると、Pythonスクリプトは、チャートシンボルと期間(分単位)を引数として受け取ります。
  2.                                インポートシステム
  3.                                chart_symbol = ‘unknown’ chart_tf = 1
  4.                                if len(sys.argv)== 3:chart_symbol、chart_tf = sys.argv [1:3];
  5.                                print( “Hello world from”、chart_symbol、chart_tf)

>> T.NYSE 15のHello World

  1.                        MetaEditor:コマンド「既存のフォルダーを追加」を追加しました。これにより、選択したディレクトリからサポートされているすべてのファイルをプロジェクトに一括追加できます。
  1.                        MetaEditor:検索と置換オプションの拡張。

部分的な正規表現をサポートする拡張検索機能が追加されました。検索リクエストでラインフィードとタブ文字を指定するには、¥r、¥n、¥tを使用します。検索ダイアログと置換ダイアログが1つのマルチタブダイアログに統合されました。

プログラマーコミュニティで検索するための別のタブを追加しました。これらには、MQL5.community、GitHub、MSDN、Stack Overflowが含まれます。

外部リソースからの検索結果は、MetaEditorツールボックスウィンドウに表示されます。

さらに、GitHubからソースファイルをすぐにダウンロードできます。ファイルは、GitHubプロジェクト名に従って名前が付けられた、Projectsフォルダーの別のサブディレクトリにダウンロードされます。

検索結果はさらに日付でソートできます。

  1.                        MetaEditor:コード編集ウィンドウでフォントサイズをすばやく変更できるようになりました。フォントサイズを変更するには、Ctrlキーを押しながらマウスホイールをスクロールします。
  2.                        MetaEditor:CSVファイルからデータベーステーブルにテーブルをインポートする可能性を追加しました。インポート中に次のパラメータを設定できます。
    1.                                                      データベースのテーブル名
    2.                                                      自動または手動のファイルエンコーディング検出
    3.                                                      データ区切りタイプ
    4.                                                      先頭の指定された行数をスキップする
    5.                                                      コメント接頭辞
    6.                                                      ファイルに列名がある場合
    7.                                                      改行の決定方法
    8.                                                      データを新しいテーブルに追加するか、既存のテーブルに追加するか
    9.                                                      文字列に使用する引用符
  1.                        MetaEditor:プログラムのソースコードに時間と色を挿入するためのクイックコマンドを追加しました。インタラクティブなカレンダーとパレットから目的の値を選択すると、エディターがそれらを適切な形式で挿入します。

 

  1.                        MetaEditor:64ビットコードのみが生成されるようになったため、MQL4サポートは無効になりました。
  2.                        MetaEditor:クラススニペット操作を修正しました。  
  3.                        MetaEditor:プロジェクトの絶対パスのサポートを修正しました。
  4.                        更新されたドキュメント。

 

新しいバージョンは、LiveUpdateシステムから入手できます。

 




原文:

The beta version of the updated MetaTrader 5 platform will be released on Friday, May 15, 2020. We invite traders to join testing of the new version, to evaluate its features and to help the developers in fixing errors.

To update the MetaTrader 5 platform up to build 2430, navigate to Help Check Desktop Updates Latest Beta Version:

The final MetaTrader 5 platform build will be released after the completion of public beta testing.

The new version features the following changes:

 

The update only includes 64-bit platform components

We have previously announced the upcoming end-of-support for 32-bit terminal versions. From the current update on, new versions are only released for 64-bit components. The latest available 32-bit terminal version is build 2360.

If you are still using 32-bit solutions, we recommend switching to 64-bit versions as soon as possible.

 

  1. Terminal: We have released the all-new Subscriptions service. Subscriptions offer additional services which can assist you in trading. For example, you can subscribe to high-quality market data from well-known providers, analyze received data and develop new trading strategies. Optionally, you can request personal manager services to help you in learning trading basics or in mastering your platform usage skills.

    The service is currently under development and will become available for use in the next versions.

    How it works
    A new Subscriptions section has been added in the Navigator. All available services are displayed under this section. The list of services is configured on the broker side and thus it depends on the server to which you are connected. Subscriptions are divided into categories for easy browsing.

    Select a service to view its detailed description. Next, click Subscribe. All your active subscriptions are displayed under a separate section.

    When you subscribe to market data, appropriate trading instruments become available for selection in Market Watch. They can be used as regular symbols: view quotes in Market Watch, open charts and analyze them using objects and indicators, as well as run Expert Advisors in the strategy tester. Trading operations for these symbols are not supported.

    How to pay for subscriptions
    You can pay for the services using your trading account funds. There is no need to visit other websites, as the payment can be performed directly from the platform.

    Soon, we will add the possibility to purchase market data subscriptions by connecting to MetaQuotes-Demo
    We plan to set up subscriptions to market data from various exchanges around the world. In just a few clicks, you will be able to receive real-time quotes from Nasdaq, CME, NYSE, BOVESPA and other exchanges. You will be able to pay for subscriptions using an MQL5.community account, similarly to Market, Signals and Hosting purchases.

  2. Terminal: Added new “Show ticker” option in chart settings. The option shows/hides the line containing the trading symbol name, the timeframe and a custom comment.

  3. Terminal: Added option “Show trading history” in terminal settings and in chart settings. The ability to display market entries and exits on charts was available in previous versions but it was managed from the “Toolbox History” section. The new option enables a more comfortable setting of history display. You can configure it for all charts at a time or set separately for desired charts.

    Furthermore, you can quickly enable the display of trading history and trading levels using the chart context menu:

  4. Terminal: Added new “Color on White” scheme in chart settings.

  5. Terminal: New commands have been added to position and order context menus, enabling quick opening of the relevant symbol’s Market Depth and chart:

  6. Terminal: Added chart frame highlighting. This will help you to find the desired symbol chart when multiple charts are open in the terminal. Select a symbol in the Market Watch, an order or position line in the trading or history section, or an alert, and the frame of the appropriate symbol chart will blink three times.

  7. Terminal: Improved display of trading levels on the chart.
    • Tickets are no longer displayed for positions, orders and levels, in order to keep the chart clean
    • Captions appear in uppercase for better readability
    • Volumes are displayed without the fractional part if it is zero
    • Levels are hidden if the chart height is less than 80 pixels

  8. Added display of symbol description (if it is available) in the upper left chart corner, in addition to symbol name.

  9. New columns have been added in the list of open orders and positions:
    • Change ? operation profitability percentage
    • Value ? the market value of the position
    • Magic ? the identifier of orders and positions opened by the Expert Advisor (magic number)

    The new columns can be shown/hidden using the context menu.

    Position value and magic columns have also been added to the trading history section.

    Furthermore, the profit field in the open positions and history sections is highlighted depending on the operation result.

  10. Terminal: Added support for negative prices. This enables proper platform operation in situations similar to the recent drop of oil prices below zero. This includes:
    • Display of quotes in Market Watch
    • Display of charts and Market Depth
    • Execution of trading operations
    • Calculation of profits and collateral
  11. Terminal: The maximum number of symbols which can be simultaneously enabled in Market Watch has been increased to 5000.
  12. Terminal: Fixed sorting in chats by the last update date.
  13. Terminal: Optimized and accelerated operation with a large number of trading symbols (50,000 and more).
  14. Terminal: Fixed a bug due to which it was impossible to close a position if its current volume did not correspond to the symbol’s volume change step.
  15. MQL5: Optimized and accelerated operations with the tick history.
  16. MQL5: Added new functions for working with databases:

    • DatabaseReset ? resets the request to the initial state, similar to DatabasePrepare call. The function is intended for multiple execution of a request with different parameter values. For example, when adding data to the table in bulk using the INSERT command, a custom set of field values should be formed for each entry.
    • DatabaseBind ? sets a parameter value in a request. The function is used in case an SQL request contains “?” or “?N” parameterizable values where N means the parameter index (starting from one).
    • DatabaseBindArray ? sets an array as a parameter value.
     
  17. MQL5: Added FSD_FILE_MUST_EXIST flag for the FileSelectDialog function. It indicates that the selected files must exist.
  18. MQL5: Values for describing options have been added to the ENUM_SYMBOL_INFO_DOUBLE enumeration:
    • SYMBOL_PRICE_CHANGE ? change of the current price relative to the end of the previous trading day in %.
    • SYMBOL_PRICE_VOLATILITY ? price volatility in %.
    • SYMBOL_PRICE_THEORETICAL ? theoretical option price.
    • SYMBOL_PRICE_DELTA ? option/warrant delta. Shows the value the option price changes by, when the underlying asset price changes by 1.
    • SYMBOL_PRICE_THETA ? option/warrant theta. Number of points the option price is to lose every day due to a temporary breakup, i.e. when the expiration date approaches.
    • SYMBOL_PRICE_GAMMA ? option/warrant gamma. Shows the change rate of delta ? how quickly or slowly the option premium changes.
    • SYMBOL_PRICE_VEGA ? option/warrant vega. Shows the number of points the option price changes by when the volatility changes by 1%.
    • SYMBOL_PRICE_RHO ? option/warrant rho. Reflects the sensitivity of the theoretical option price to the interest rate changing by 1%.
    • SYMBOL_PRICE_OMEGA ? option/warrant omega. Option elasticity ? a relative percentage change of the option price by the percentage change of the underlying asset price.
    • SYMBOL_PRICE_SENSITIVITY ? option/warrant sensitivity. Shows by how many points the price of the option’s underlying asset should change so that the price of the option changes by one point.
  19. MQL5: Added export of BLOB fields in HEX format in the DatabaseExport function.
  20. MQL5: New CHART_SHOW_TICKER property has been added to ENUM_CHART_PROPERTY_INTEGER ? showing a symbol ticker in the upper left corner. If CHART_SHOW_TICKER is set to false, CHART_SHOW_OHLC is also set to false and thus OHLC is hidden.   
  21. MQL5: The quality of code generated by the compiler has been improved. This enabled the increase of its execution speed.
  22. MQL5: Fixed errors related to the compilation and execution of template functions and classes. These are:
    • Priority mismatch error for overloaded template function calls
    • Template method/class generation error
    • Error caused by an attempt to access an internal class for a template parameter of a template function
    • Template class code generation error caused by the use of an internal class.
    • Error using the B<int> template object before B<void*>
    • Errors in the creation of complex objects having the internal type C and wrapped multiple times
    • Error transferring function pointer argument as const ref template
    • Error passing internal struct to a template function
    • Priority mismatch error for the execution of template functions
    • Incorrect parenthesis count in for and do-while loops
    • Incorrect parenthesis count in class structure description
    • Slowdown when adding one element at a time using ArrayResize
    • Error choosing a matching overloaded function
     
  23. MQL5: Fixed occasional errors in the CustomTicksReplace function.
  24. Python: The path parameter has been added to the initialize method ? path to metatrader.exe or metatrader64.exe. If the path is not specified, the module attempts to find the executable file on its own.
  25. Python: The following new methods have been added:
    • symbols_get ? receives all financial symbols from the MetaTrader 5 terminal.
    • symbols_total ? obtains the number of all financial symbols in the MetaTrader 5 terminal.
  26. Python: Added filtering by symbol groups for the following functions: orders_get, positions_get, history_orders_get and history_deals_get. Use call forms with the “group” parameter.
  27. Python: The return value of order_send and order_check is now passed with the ‘request’ field containing the full description of the original request. For example:

    comment=Request executed
    request_id=55
    retcode_external=0
    request=TradeRequest(action=1, magic=234000, order=0, symbol=’USDJPY’, volume=0.1, price=108.018, stoplimit=0.0, …
        traderequest: action=1
        traderequest: magic=234000
        traderequest: order=0
        traderequest: symbol=USDJPY
        traderequest: volume=0.1
        traderequest: price=108.018
        traderequest: stoplimit=0.0
  28. Python: When launched on a chart, Python scripts now receive the chart symbol and period (in minutes) as arguments.
  29. MetaEditor: Added command “Add an existing folder”. It enables a batch addition of all supported files from the selected directory into the project.

  30. MetaEditor: Expanded search and replace options.

    Added extended search features with partial regular expression support. Use r, n, t to specify line feed and tab characters in search requests. Search and replace dialogs have been combined into a single multi-tab dialog.

    Added a separate tab for searching in programmer communities. These include MQL5.community, as well as GitHub, MSDN and Stack Overflow.

    Search results from external resources appear in the MetaEditor toolbox window:

    Furthermore, you can immediately download source files from GitHub. Files are downloaded into a separate subdirectory of the Projects folder, named in accordance with the GitHub project name.

    Search results can be additionally sorted by date.

  31. MetaEditor: Added possibility to quickly change font size in the code editing window. To change the font size, press Ctrl and scroll the mouse wheel.
  32. MetaEditor: Added possibility to import tables from CSV files to database tables. The following parameters can be set during import:
    • Table name in the database
    • Automatic or manual file encoding detection
    • Data separator type
    • Skipping of the specified number of lines at the beginning
    • Comment prefix
    • If the file has column names
    • How line breaks will be determined
    • Whether data should be added to a new table or to an existing one
    • What quotes to use for strings

  33. MetaEditor: Added quick commands for inserting time and color into the program source code. Select the desired values from the interactive calendar and the palette, and the editor will insert them in the appropriate format.


  34. MetaEditor: MQL4 support has been disabled, since only 64-bit code is generated now.
  35. MetaEditor: Fixed Class snippet operation.
  36. MetaEditor: Fixed support for absolute paths in projects.
  37. Updated documentation.


The new version will be available through the LiveUpdate system.

参照URL:https://www.mql5.com/en/forum/340782

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

MasterCardへの引き出しが再び利用可能に

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &

記事を読む

no image

新しいMetaTrader 5プラットフォームビルド2340:テスターでのアカウント設定の管理とPythonとの拡張された統合

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。原文:The Me

記事を読む

no image

32ビットバージョンのサポートは、次のMetaTrader 5アップデートで終了します

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &

記事を読む

no image

新しいMetaTrader 5プラットフォームビルド2470

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 MetaTrad

記事を読む

no image

MetaTrader 5 Androidビルド2569:新しいチャート色

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。私たちは、モバイル

記事を読む

 

Translate »
上に戻る