*

Yandex Translation APIで無料で翻訳する(Google/Microsoft/みらい翻訳比較)

公開日: : その他 ,

翻訳APIっていうと有名どころだとGoogle Translate v2/v3 やMicrosoft Translate(bing)などがあるのですが、フリープランがなかったり、料金が絶妙に高かったり、そもそも翻訳のクオリティがいまいちだったりします。

 

さすがライティング/リーディングに関しては世界一難しい言語なだけあります。他のヨーロッパ系の言語では、比較的マシな水準まで翻訳レベルが進んでいるようですが、日本語に関してはまだまだです。

 

「どうせ翻訳のクオリティがどれも悪いなら、無料がいい」と思う訳で、今回はYandex(ロシアのGoogleみたいなサービス)に目を付けました。

 

Googleもかつては無料プランがあったのですが、現在は着々と有料化がすすんでいるので、フリープランがあるYandexは穴場です。

 

 

YANDEX 翻訳

YANDEX TRANSLATION 

YANDEX 翻訳API ドキュメンテーション

翻訳をちょっと試してみる (英語:английский 日本語:японский)

もしかしたら、日本のIPだとアクセスできないかもしれませんが、その場合はVPNでもプロキシでも使ってみてください。

 

超シンプルなAPIなので、基本的にはAPIを発行して、それにアクセスするだけです。

こんな感じで返ってきます。

json形式もわかりやすく、シンプルです。

 

リクエスト方法

 

分かりやすく、かつ、簡潔です。POSTで送信したい場合はPOSTプロトコルも可能です。

また、レスポンスもjson形式とXML形式を選択できます。

 

APIキーの発行

YANDEX APIキー発行 こちらで発行できます。Yandexのアカウントさえあれば、「Create a new key(キーを発行する)」一発で発行できます。

 

レスポンスコード

 
詳細
200

成功

401

APIキーが無効

402

APIキーがブロックされている

404

1日の上限に到達

413

テキストサイズがでかすぎ

422

翻訳不能

501

翻訳対象外の言語

 

いろいろな翻訳サービスしてみた結果比較

元テキスト(ドキュメンテーションの一部)

The only option available at this time is whether the response should include the automatically detected language of the text being translated. This corresponds to the value 1 for this parameter.

If the language of the text being translated is defined explicitly, meaning the lang parameter is set as a pair of codes, the first code defines the source language. This means that the options parameter does not allow switching to automatic language detection. However, it does allow you to understand whether the source language was defined correctly in the lang parameter.

翻訳したテキスト(YANDEX)

この時点で利用可能な唯一のオプションは、応答が翻訳されているテキストの自動的に検出された言語を含めるかどうかです。 これは、このパラメーターの値1に対応します。

翻訳されるテキストの言語が明示的に定義されている場合、つまりlangパラメータがコードのペアとして設定されている場合、最初のコードはソース言語を つまり、optionsパラメータでは、自動言語検出への切り替えはできません。 ただし、langパラメーターで原文言語が正しく定義されているかどうかを確認することができます。

 

翻訳したテキスト(GOOGLE)

現時点で利用可能な唯一のオプションは、応答が翻訳されるテキストの自動的に検出された言語を含むべきかどうかです。 これは、このパラメータの値1に対応しています。

翻訳されるテキストの言語が明示的に定義されている場合、つまりlangパラメータがコードのペアとして設定されている場合、最初のコードはソース言語を定義します。 これは、optionsパラメーターが自動言語検出への切り替えを許可しないことを意味します。 ただし、langパラメーターでソース言語が正しく定義されているかどうかはわかります。

 

翻訳したテキスト(Microsoft(bing))

現時点で使用できる唯一のオプションは、応答に翻訳対象のテキストの自動的に検出された言語を含めるかどうかです。これは、このパラメーターの値 1 に対応します。

翻訳されるテキストの言語が明示的に定義されている場合、つまり lang パラメーターがコードのペアとして設定されている場合、最初のコードはソース言語を定義します。つまり、options パラメーターでは、言語検出の自動検出に切り替える必要はありません。ただし、ソース言語が lang パラメーターで正しく定義されているかどうかを理解できます。

 

翻訳したテキスト(みらい翻訳)

https://miraitranslate.com/trial/

現時点で利用可能な唯一のオプションは、翻訳中のテキストの自動検出言語をレスポンスに含めるかどうかです。これは、このパラメータの値1に対応します。

翻訳されるテキストの言語が明示的に定義されている場合、つまりlangパラメータがコードのペアとして設定されている場合、最初のコードがソース言語を定義します。つまり、optionsパラメータでは自動言語検出に切り替えることはできません。ただし、ソース言語がlangパラメータで正しく定義されているかどうかを確認できます。

 

文法的にちゃんとしたこのテキストの場合、どれも大した差はないですが、経験上、Google翻訳だけちょっと他よりも微妙な雰囲気があります。一番いいのは”みらい翻訳”だと思います。

「このご時世にGoogleよりも良いサービスを展開するなんて、このベンチャー企業やるな~」と思ったらNTTが51%株を保有しているんですよね。(あっ察し)

 

ただ、みらい翻訳のAPIって完全にBtoBでしかも料金体系が不明なんですよね~ってことで、結局YANDEXに落ち着くと…

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

「FXは絶対に勝てない」って言う人はFXで億の脱税した人のニュースをどう思ってるの?

具体的な事例を記述すると後から消せ消せ~ってクレームが来るので記載はしませんが、FXで脱税したニュー

記事を読む

経済指標csv変換システム

昔EA開発業者の比較という記事を書きましたが、ここで紹介している自動売買システム製作工房の人から「う

記事を読む

安価で頑丈なペーパーウォレットコインを作る

ゴックス事件から早数年。仮想通貨バブルが過熱するにつれてその事件が忘れ去られているような気がします。

記事を読む

EA開発代行業者のまとめと比較

今回はEA開発業者を比較しました。 注目したのは、 料金(料金記載があるか) 運営(記

記事を読む

エストニアの電子住民のメリットと取得するやり方

知ってる方も多いと思いますが、エストニアではe-residencyという電子住民制度があります。

記事を読む

 
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を) 4000文字未満のトピックや話題はツイッターで発信しています。
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

Translate »
ページトップへ