*

ビットコインスキャルピングを自動売買でやってみた感想

FXがまだ下火でブームが訪れる前、急な値動きに対して順張りでスキャルピングすることで10万円を億にできる時代がありました。

今はレート操作や何やかんやあってできないのですが、
ビットコインで同じようなことができないか検証してみました。

ロジックはシンプルで、「x秒前よりもレートがy%動いたら順張りエントリー」という手法です。
もちろんAPIで自動売買です。

正確に記録したわけではないのですが、
「60秒前よりもレートが1%動いたら」の場合、
ほとんどエントリーが発生せず、トレードチャンスがありませんでした。

「600秒前よりもレートが1%動いたら」の場合、
エントリーは一日に数回発生しましたが、あまり利益は取れません。

「600秒前よりもレートが1.5%動いたら」の場合、
エントリーは上記と同じで、利益はトントンといった感じです。

FXだったら数値最適化処理をして、最適な組み合わせをバックテストから導き出すことができるのですが、
ビットコインは実際にやってみて試すしかないので、

正直なところ….

飽きてしまいました。

「今のところはアービトラージで利益が取れるから、スキャルピングまでしなくてもいいんじゃない?」
というのが正直な感想です。

ただし、アービトラージはあまり大きなロットでできないですが、スキャルピングの場合はロットが大きくても論理上耐えそうな気はするので、資金が大きい場合は検証を重ねるのもありなんじゃないかと思います。

日本の取引所の場合は過去レートを引っ張ってこれないので、POLOを使ったのですが、
結果が微妙になったのはそのせいもあるかもしれません。

少し調べてみたところ、国内の取引所でも第三者のサービスを経由することにより
過去レートが取得可能なようです。

それができれば、ビットコインのメタトレーダー的なものを作るのも面白いかもしれませんね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

偽アービトラージシステムにご注意ください

最近アービトラージシステムの商材?のようなサービスのようなものが増えてきているそうですが、 その中

記事を読む

ローカルPCから取引所にアクセスして、仮想通貨APIの安定性と速度を上げる

これまで開発したビットコインの自動売買では、  ローカルPC -> PHPサーバー -> 取引所サ

記事を読む

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PUBLIC APIで取得したデー

記事を読む

【ZAIF】Bid=買い、Ask=売り!?

タイトルは間違っていません。 以前WEBAPIの記事で「ZAIFの取引メソッドのAskとBid

記事を読む

MQLとWEB APIとHashの話~MT4から仮想通貨取引所APIの取引メソッドを~

ビットコインの自動売買システム構築のトピックに関して、 「・・・hash_hmac('sha256

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑨

このシリーズは前回の投稿から1年以上あいている訳ですが、結構問い合わせ

no image
【一覧】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その1

no image
スマホから稼働中のEAを操作、チェックするアイディア【RDP以外で】

自動売買システムはVPSなどに設置することで24時間稼働させられますが

no image
【初心者向け】VPSでWebサーバー構築 (さくらVPSxUbuntu16.04)

今回はサーバーの構築について扱ってみようと思います。VPSを使った一般

no image
2018年中盤~の仮想通貨(ビットコイン)アービトラージの相場について

ちょくちょく「最近、ビットコインのアービトラージどうですか」という質問

→もっと見る

PAGE TOP ↑