*

ビットコインスキャルピングを自動売買でやってみた感想

FXがまだ下火でブームが訪れる前、急な値動きに対して順張りでスキャルピングすることで10万円を億にできる時代がありました。

今はレート操作や何やかんやあってできないのですが、
ビットコインで同じようなことができないか検証してみました。

ロジックはシンプルで、「x秒前よりもレートがy%動いたら順張りエントリー」という手法です。
もちろんAPIで自動売買です。

正確に記録したわけではないのですが、
「60秒前よりもレートが1%動いたら」の場合、
ほとんどエントリーが発生せず、トレードチャンスがありませんでした。

「600秒前よりもレートが1%動いたら」の場合、
エントリーは一日に数回発生しましたが、あまり利益は取れません。

「600秒前よりもレートが1.5%動いたら」の場合、
エントリーは上記と同じで、利益はトントンといった感じです。

FXだったら数値最適化処理をして、最適な組み合わせをバックテストから導き出すことができるのですが、
ビットコインは実際にやってみて試すしかないので、

正直なところ….

飽きてしまいました。

「今のところはアービトラージで利益が取れるから、スキャルピングまでしなくてもいいんじゃない?」
というのが正直な感想です。

ただし、アービトラージはあまり大きなロットでできないですが、スキャルピングの場合はロットが大きくても論理上耐えそうな気はするので、資金が大きい場合は検証を重ねるのもありなんじゃないかと思います。

日本の取引所の場合は過去レートを引っ張ってこれないので、POLOを使ったのですが、
結果が微妙になったのはそのせいもあるかもしれません。

少し調べてみたところ、国内の取引所でも第三者のサービスを経由することにより
過去レートが取得可能なようです。

それができれば、ビットコインのメタトレーダー的なものを作るのも面白いかもしれませんね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MQLとWEB APIとHashの話~MT4から仮想通貨取引所APIの取引メソッドを~

ビットコインの自動売買システム構築のトピックに関して、 「・・・hash_hmac('sha256

記事を読む

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bitFlyer、POLONIEX

記事を読む

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきましたが、今回は信用取引、レバレッ

記事を読む

ビットコインでアービトラージ 現物/信用どっちがいいか

一口にアービトラージといっても取引の方法には2通りあります。 1回(交換)の取引で終了する現物

記事を読む

MT4から取引所のビットコインレートを取得して比較する

今までMQLしか触ったことがない人にとって、jSONだのHASHだのが出てくるAPIの処理は荷が重か

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑