*

PHP(サーバー)側からEAに情報を送る

公開日: : FX自動売買開発 , ,

以前の投稿で、EA側からサーバーにアクセスする方法について扱ったのですが、

”逆にサーバー側からEAにデータを送ることはできないでしょうか”

という質問をいただいたので、

今回はサーバー側からEAにデータを送る方法についてご紹介します。

といっても、サーバーにデータを送るのに比べたら、
ネットからデータを取得する方が100倍簡単で、

アクセスしたサイトなりページなりのデータをそのまま取得することができます。

これはサーバーのPHPファイルにPOSTして、
PHPが出力した結果を取得する関数です。
(引数はPOSTの内容です。詳しくは前回の記事をご覧ください)

アクセスするURLはそれぞれ書き換えてください。
(何故ここだけ引数になってないのかはお察しください。。。)

取得したデータは配列で返ってくるので、for文で回す必要があります。
ここら辺はPHPやSQLの関連ではよくある処理ですが、

MQLしか触ったことがないと少し直観と反するかもしれません。

また、これで得られたデータはタグ等を含んでいるので、
ウェブページのデータをそのまま引っ張ってこようとすると大変なことになります。

そのため、サーバー側でスクレイピングするか
EA側でスクレイピングするかしなければなりませんが、

MQLではスクレイピングに適した文字列関数が豊富ではないので、
PHPのスクレイピングライブラリを使うことをオススメします。
(PHP Simple HTML DOM Parserが有名どころです)

これを応用すれば、
・ネットから特定の情報を収集して、EAに組み込む
・サーバー側から管理可能なEA口座認証システム
・EAどうしでのコミュニケーションツールの作成
などができてしまいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る6

前回までの内容でサーバを経由するコピートレードツールは (ある程度MQLとPHPがわかっていれば)

記事を読む

EAのデコンパイルの実際とその対策

デコンパイルというのは実行ファイルからソースコードファイルを復元することで、デコードとかリバースエン

記事を読む

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る5

今回はトレードを受信する側のPHPのスクリプトを書きます。 これが終わればコピーツールの大枠が完成

記事を読む

MT4でマルチタスク処理

MT4/MT5は基本的にC言語ベースなのでマルチスレッドはできません。 しかし、複数のチャート

記事を読む

第18回:配列で変数をまとめる

MQLの配列 MQLでティックチャートを使うとします。 MQLでは過去のティックチャートのデ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑