*

海外FX業者が追証を請求してきたら?

スイスフランショックでいくつかのFX会社が破たんしました。

その際に、追証(ゼロカット)の問題が浮上したそうです。

ほとんどの海外FX会社は、
口座資産がマイナスになる事態が発生した場合、

口座資産を0にするという取り組みを行っています。

しかし、
スイスフランショックのような突拍子もない暴騰暴落が発生した場合、
そのシステムが追いつかない場合があります。

トレーダーが追加の証拠金を入れる義務は本来ないのですが、
一部のFX会社が追証を請求したそうです。

そこで もし少しでも追加の証拠金を入れてしまうと、
”補填の意志あり”とみなされ、

全額を補填しなければならないという話があります。

そのため、
もしゼロカットを採用しているFX会社から追証の請求があった場合、
ちょっとでも追加のお金を入れないようにしてください。

また、日本のFX会社の場合は、
ゼロカットシステムはないので、

追証が発生した場合は、追加で入金する義務があります。

そういった意味では、
日本のFX会社の方がコワいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4バージョン情報build670

変更点の抜粋 ターミナル:準備がクラウドホスティング実装のために動作します。 多くの

記事を読む

cTraderとjForexとMT4

FXのプラットフォームと言えば、MT4が一強ですが、 マイナー向けのプラットフォームもわずかながら

記事を読む

MT4バージョン情報build825/830

Build825の主な変更点 ・Build825からインジケータのバックテストができるようになりま

記事を読む

金融庁がHSBCに圧力?

(噂の範囲です) 2016年9月にオンラインカジノで利用されていたネッテラーを 日本人が使う

記事を読む

MT4バージョン情報build610

変更点の抜粋 メタトレーダー4クライアント端末610を構築します ターミナル:ストップ配置を

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑