利用可能なトレード系金融APIまとめ FIX API,REST API,OPEN API

公開日: : 中級者EA開発 ,

今まで当たり前のようにMT4/MT5/TradeStationで開発をしてきましたが、そういえばAPIを使った取引も可能だよね、ってことで久々にちょっと調べてきました。仮想通貨APIに関してはAPIが使えない業者の方が珍しいので割愛します。

 

 

FX用API

OANDA REST API

forex-mt4-mt5-ea

APIの利用には口座種別をプロコースにする必要があります。現在は新規の受付を停止しています。

入金額25万円以上で利用可能。

現在、利用可能なFXのAPIでは最も現実的なAPIです。ドキュメントも日本語化されており、非常に簡素化されています。その分、ユーザー認証周りにセキュリティがちょっと心配な点もありますが、気軽にスタートすることができます。

ただし、FIX APIではなくREST APIなので、その点には留意が必要です。

「トレード API」で検索してでてくるコードも、だいたいがオアンダ用のコードなので使いまわしもできると思います。

URL:

https://www.oanda.jp/api/

http://developer.oanda.com/docs/jp/

 

オアンダのAPIの使い方と実践方法についてはこちら

 

SAXO BANK FIX API/ OPEN API

forex-mt4-mt5-ea

FIX API Prime

大口かつ高速取引を求めるプロ向けサービス。カバー先業者への直接接続を可能とします。

初回入金:2500万円

FIX API Prime仕様書

 

FIX API

初回入金:1000万円
超高頻度取引&大口取引トレーダー向けに金融機関取引の標準プロトコール(電子通信)であるFIX APIを提供。

仲介を挟まず、直接プライス供給元のサーバーに接続するので、クオート(価格)の受信やオーダー発注を迅速に約定することが可能となります。プライス供給元サーバーへのクロスコネクト接続でミリ秒単位での取引も可能。金融機関での実績が示す通り大量の注文に対しても遅延することなくスムーズに取引を実現。

FIX API仕様書

 

Open API

初回入金:200万円
FX以外の貴金属、指数、CFDなどの銘柄をシステムで取引を行いたいトレーダー様向けにOpen APIを提供。

独自の取引ツールを開発し、サクソOpen APIを使用することにより、カスタマイズされたインターフェイスと注文機能で自由度の高い多彩な取引が可能になります。

OPEN APIドキュメンテーション

 

天下のSAXOバンクのAPIです。利用するには最低でも200万円以上のお金が必要です。リクイディティプロバイダでもあるので、為替の先行指標としてレートを取得する際には欲しいAPIです。

サクソバンクのインターバンク市場は世界3拠点からアクセスすることができます。
ネットワーク・アクセスポイント:TY3, LD4, NY4

サクソバンク証券では、高速で大口の取引を行う機関投資家向けにインターバンク直結の取引サービスを提供しています。本サービスは一定の条件を満たす個人投資家にも開放しており、主に自社システムや自動取引システムを使用する客様が、FIXをベースにアクセスすることが可能となっています。DMAサービスは、いわゆるTier1の流動性提供会社に注文を回送するサービスで、サクソバンク証券では、銀行及びECNを含めた30以上の提供会社の最良価格での注文約定を可能にします。

サクソバンク証券のAPI

HotForex FIX/API

forex-mt4-mt5-ea

この商品では、FIXプロトコルの利用を希望する HotForex のお客様市場に直接アクセスできます。

トレーダーに理想的な商品:

アドバンスオーダータイプ
自動クオートエンジン
MT4外の自動取引システム
オーダールーティーン管理システム
HotForexラピッドトレーダーAPIは、ダイナミックな、統合環境の活用を求めているプロトレーダーにとって完璧なソリューションです。

APIフォレックス取引を使用する方:

常にONなリアルタイム外国為替取引ケーパビリティを必要とする法人、ブローカー、ヘッジファンド、ファンドマネージャー
財務システムに外国為替取引を統合する企業
エクイティポジションの為替レートエクスポージャーをヘッジするブローカー
HotForex外国為替取引システムをカスタマイズしたユーザーインターフェースを作成する顧客樣
自己勘定売買モデルを開発するリテール顧客樣

FIX/API アカウントの最小入金額は 200,000 USD です

アカウント残高が 200,000 USD 未満となる部分出金は認められません。

https://www.hotforex.com/sv/jp/mt4-terminal/fix-api.html

 

Forex.com REST API

forex-mt4-mt5-ea

Forex.comはゲインキャピタル系の業者でREST APIがあります。ただし、日本国内で展開しているforex.comはグローバル版とは別物なので、日本でのforex.comでAPIが利用できるかどうかは不明です。

https://www.forex.com/en-us/trading-platforms/more-services/api-trading/

 

AXIORY Ultimate? API

forex-mt4-mt5-ea

Axioryはサイト上でAPIについて言及していますが、利用者が一般に想像するようなAPIを”公開”しているわけではないと思います。

AXIORYでは、高頻度取引を行うクライアント向けにお客様の高いポテンシャルのシステムトレードを実現するため、これまでのメタトレーダーやマルチトレーダー、WebTraderとは全く異なる、システムへ直接接続して発注・照会が行えるAPI環境「AXIORY Ultimate API」を公開しています。

「AXIORY Ultimate API」を利用することにより、接続容易性と与信チェック、口座属性チェック等を備えたセキュア機能を備えたトレードシステムを低コストで開発可能となります。

Axiory Ultimate API はcTraderに組み込まれています。cTraderに組み込むスピードアップのための「プロトコル」です。

 

DUKASCOPY JForex API

forex-mt4-mt5-ea

デューカスです。ドゥカスでもなければダカスでもありません。FX業界では有名な会社です。Dukasもサイト上でAPIについて言及していますが、一般に想像するようなトレード系APIの話ではないと思います。

API:JForex APIJava SDK

URL:JForex API :: デューカスコピー・ジャパン | 自動売買も裁量もJForex!

 

 

 

YJFX C-NEX

forex-mt4-mt5-ea

YJFX。国内のFX業者です。なお、APIに関する詳細ページはない模様…

API/形式:C-NEX API、FIX

 

 

IG証券

forex-mt4-mt5-ea

対象は法人で、金融商品取引業者又は商品先物取引業者です。確か登録にめっちゃ時間がかかる上に、400万円くらいの保証金が必要だった気がします。あと、この登録をすると金融庁の目が厳しくて身動きが取れなくなったという人もいます。

API/形式:REST API

URL:IG Labs | Trading APIs

 

Interactive Brokers(インタラクティブ・FXブローカーズ証券)

forex-mt4-mt5-ea

forex-mt4-mt5-ea

API/形式:IB API Java, .NET (C#), C++, ActiveX or DDEなどFIX CTCI”

URL:https://www.interactivebrokers.com/

 

FXの場合、わざわざAPIを利用しなくてもほとんどのFX業者がMT4接続がOKなので、MT4を利用するのが一般的ですが、アービトラージや高速スキャルピング、その他各種さや取りをする場合には、その参入障壁の高さがメリットになっていると思います。

 

株API

株でリテール向けにAPIが公開されているのは、以前変わらずカブドットコムだけです。

 

kabu.com API(カブドットコム証券)

forex-mt4-mt5-eaforex-mt4-mt5-ea

 

利用にはカブドットコム証券の法人口座と月額利用料が必要です。

月額利用料は10万円くらいだったような気がしますが、それくらい払えないようなら使うな、ってことですね。

 

マネックス証券 API

forex-mt4-mt5-ea

マネックスは取引は一切できず、残高を表示させるだけのAPIをフィンテック事業者にのみ公開しています。ネット証券の先駆けらしく、もうちょっと踏み込んでほしいです。

 

 

SBI証券は先物・オプション取引のAPIを公開していますが、株のAPI公開はありません。裁量トレードでやるならいい会社なんですけどね。

 

GMOクリック証券 は2007年~2009年にWebサービスAPIを提供していましたが、現在はサービスは終了しています。使う人がいなかったのか、使われると損をするのか。(GMOはノミ業者だから…)

 

FIX APIについて

FIX APIは、大量の金融情報を処理し、その情報をできるだけ速く送信するために特別に作成された業界主導の機械間通信プロトコルです。FIX プロトコル仕様では、電子メッセージの形式と、それらのメッセージの通信モデルがあります。

これは、以前はFIXプロトコルリミテッド(FPL)として知られていたFIXトレーディングコミュニティによって管理されています。FIX トレーディング コミュニティは、業界のリーディングカンパニーと委員会メンバーの協力を通じて、FIX API の標準を規制する非営利団体です。

 

FX取引におけるFIX APIの背景

FIXプロトコルは、取引所、ブローカー、銀行、ヘッジファンドなどの機関参加者間の電子通信を設定するために1990年代初頭に作成されました。これは、データ転送の速度と有効性が向上したため、JAVAやC++などの金融市場データの送信に使用される他のAPIに対して確立されました。1998年には、プロトコルの拡大、開発、サポートのために設立された非営利企業が誕生し、FIXプロトコルリミテッド(FPL)と呼ばれ、異なるブランドの下で今日まで活動し続けています。

 

その有効性により、FIXプロトコルは、金融業界の標準的な通信方法になりました。現在、世界中の取引や金融業務を行う際に広く使用されています。

非常に長い間、FX業界では、銀行、ブローカー、リクイディティプロバイダー、機関投資家などの大口の相場参加者だけがFIX APIを使用してアクセスできました。これらの相場参加者は、取引の有効性を向上させ、リテールトレーダーなどの小規模な投資家よりも競争力を高めるために、チート(FIX)を使ってきました。

 

しかし、2016年、スポットウェア・システムズが、リテール向けにFIX APIを提供しだし、状況は完全に変わりました。

 

FIX API の利点

FIX API は、最短時間で大量の金融データを送信することに重点を置いて開発されているので、最小限の時間で注文を送信することができます。各オペレータ(Spotwareなど)には非常に厳格な取り組みルールがあり、両側のデータ解釈を合理化しています。

 

また、FIX APIではマルチチャネリングが可能です。1つのカスタムアプリケーションまたはインターフェースを使用して、複数のブローカーに同時に接続して、取引機会を拡大できます。

 

FIX API のデメリット

FIX API は柔軟なプロトコルですが、非常に限定された用途に対して開発されています。

FIX API の制限として、過去の相場データのリクエストはサポートされません。リアルデータはすこぶる早いですがFIX APIを使って過去のデータを使ったテクニカル分析などは不向きです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

[MT4]EAに口座縛り/期間限定縛りをかける種類と方法(MT5)

良いEAができた場合、内内で配布したい場合があります。しかし、知らない間に自分のEAが出回っていた場

記事を読む

(MQL4)WEBサイトの情報を取得するやり方[EA]WebRequest

MT4のチャート上にWEBサイトの情報を参照する方法について紹介します。   背景

記事を読む

OANDAのAPIの始め方と使い方とレート比較

オアンダのAPIやります。   金融業界、とりわけFX業界ではFIX APIが機関投資

記事を読む

2chの市況版のスレをテキストマイニングして逆張りするやり方

よく「大衆の逆をいけば勝てる」みたいなことが相場の世界では言われますよね。今回は2chの市況版の住民

記事を読む

[MT4EA]チャートパターンを分析,分類して、一番多いパターンが来たらトレードする

パターン分析トレードとは 今回はMT4のファイル関数を使って、パターン分析トレードシステムを作成し

記事を読む

 

Translate »
上に戻る