*

利用可能なトレード系APIまとめ

公開日: : 中級者EA開発 ,

Originally posted 2019-06-20 11:16:18.

今まで当たり前のようにMT4/MT5で開発をしてきましたが、そういえばAPIを使った取引も可能だよね、ってことで久々にちょっと調べてきました。

 

公開されているAPI(株)

株でAPIが公開されているのは、変わらずカブドットコムだけです。

 

kabu.com API(カブドットコム証券)

利用にはカブドットコム証券の法人口座と月額利用料が必要です。

月額利用料は10万円くらいだったような気がしますが、それくらい払えないようなら使うな、ってことですね。

 

SBI証券は先物・オプション取引のAPIを公開していますが、株のAPI公開はありません。裁量トレードでやるならいい会社なんですけどね。

 

GMOクリック証券 は2007年~2009年にWebサービスAPIを提供していましたが、現在はサービスは終了しています。使う人がいなかったのか、使われると損をするのか。(GMOはノミ業者だから…)

 

公開されているAPI(FX)

SAXO BANK

FIX API
超高頻度取引&大口取引トレーダー向けに金融機関取引の標準プロトコール(電子通信)であるFIX APIを提供。

仲介を挟まず、直接プライス供給元のサーバーに接続するので、クオート(価格)の受信やオーダー発注を迅速に約定することが可能となります。プライス供給元サーバーへのクロスコネクト接続でミリ秒単位での取引も可能。金融機関での実績が示す通り大量の注文に対しても遅延することなくスムーズに取引を実現。

 

Open API
FX以外の貴金属、指数、CFDなどの銘柄をシステムで取引を行いたいトレーダー様向けにOpen APIを提供。

独自の取引ツールを開発し、サクソOpen APIを使用することにより、カスタマイズされたインターフェイスと注文機能で自由度の高い多彩な取引が可能になります。

 

料金
初回入金:2500万円
手数料:取引数量x0.002%
(1万通貨あたり片道約20円)
*最低月間合計手数料:100万円

 

サクソバンク証券のAPI

 

OANDA

自動売買をする場合、プロコースを選択する必要があります。現在は新規の受付を停止しているので、再開するまでちょっと待ってください。

URL:

https://www.oanda.jp/api/ 

http://developer.oanda.com/docs/jp/

 

AXIORY Ultimate API

AXIORYでは、高頻度取引を行うクライアント向けにお客様の高いポテンシャルのシステムトレードを実現するため、これまでのメタトレーダーやマルチトレーダー、WebTraderとは全く異なる、システムへ直接接続して発注・照会が行えるAPI環境「AXIORY Ultimate API」を公開しています。

「AXIORY Ultimate API」を利用することにより、接続容易性と与信チェック、口座属性チェック等を備えたセキュア機能を備えたトレードシステムを低コストで開発可能となります。

Axiory Ultimate API はcTraderに組み込まれています。cTraderに組み込むスピードアップのための「プロトコル」です。

 

DUKASCOPY

デューカスです。ドゥカスでもなければダカスでもありません。FX業界では有名な会社です。ヒストリーデータをパクってくるのに使えます。

API:JForex APIJava SDK

URL:JForex API :: デューカスコピー・ジャパン | 自動売買も裁量もJForex!

 

YJFX C-NEX

YJFX。国内のFX業者です。国内なのにスプレッド広すぎて使い物にならないんじゃないかな。

API/形式:C-NEX API、FIX

 

 

IG証券

対象は法人で、金融商品取引業者又は商品先物取引業者です。確か登録にめっちゃ時間がかかる上に、400万円くらいの保証金が必要だった気がします。あと、この登録をすると金融庁の目が厳しくて身動きが取れなくなったという人もいます。

API/形式:REST API

URL:IG Labs | Trading APIs

 

Interactive Brokers(インタラクティブ・FX業者ズ証券)

API/形式:IB API Java, .NET (C#), C++, ActiveX or DDEなどFIX CTCI”

URL:https://www.interactivebrokers.com/jp/index.php

 

FXの場合、わざわざAPIを利用しなくてもほとんどのFX業者がMT4接続がOKなので、MT4を利用するのが一般的ですが、アービトラージや高速スキャルピング、その他各種さや取りをする場合には、その参入障壁の高さがメリットになっていると思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

チャート上にシダの葉を出力する(理工系あるある)

今回のフラクタルはインジケーターとしてのフラクタルではなく、理工系で使われるフラクタルの話です。

記事を読む

[MQL4]MT4でマルチタスク/マルチスレッド処理

MT4/MT5は基本的にC言語ベースなのでマルチスレッドはできません。 しかし、複数のチャート上で

記事を読む

EAのトレードがコピートレードで流出するのを防ぐ方法

何かしらEAを配布するときには流出のリスクが伴います。EAそのものにアカウント縛りや、FX業者縛りな

記事を読む

スマホから稼働中のEAを操作、チェックするアイディア[RDP以外で]

自動売買システムはVPSなどに設置することで24時間稼働させられますが、スマホから外出先でチェック、

記事を読む

iCustomではEA化できないインジケーターをEA化するやり方

世の中にはいろいろなMT4用インジケーターがあるわけですが、その中にもEA化できるインジケーターとE

記事を読む

 
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を) 4000文字未満のトピックや話題はツイッターで発信しています。
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

Translate »
ページトップへ