[MT4/MT5]トラリピEAの開発と検証 ループイフダン/iサイクル

トラリピとは

トラリピとはトラップリピートイフダンの略でグリッドトレードの一種です。一定幅毎に予約注文を出しておき、相場がウネウネしたら勝ち続けられるトレード手法です。逆に、相場が単調増加や単調減少すると負ける可能性がありますが、FXの場合はレンジ相場の比率が高いので、為替と相性の良い取引スタイルとして日本国内の各社証券会社がさまざまな名称で提供しています。

 

トラリピがもっとも有名な呼称だと思いますが、他にもループイフダンやiサイクルなどがあります。

サービス FX会社
トラリピ マネースクウェア・ジャパン
ループ・イフダン アイネット証券
リピートトレール注文 YJFX!
連続IFDOCO注文 ジャパンネット銀行
ループ・イフダン ひまわり証券(エコトレFX)
iサイクル注文 / サイクル注文 外為オンライン
トラッキングトレード FXトレーディングシステムズ
iサイクル注文 ライブスター証券
連続予約注文 マネーパートナーズ

 

トラリピEAの開発

まずはシンプルなトラリピEAを開発主体にします。大きく、買いバージョンと売りバージョンが必要です。また、トラップ幅もパラメータで可変にできる必要があります。

 

書き方はいろいろあると思いますが、今回は7つのオーダーを同時に送信する仕様にしました。起点となる価格TrapBasicRateを現在レートよりも情報に配置し、そこから7つのオーダーを送信します。

 

最高値となる基準レートは買いバージョン、売りバージョン共通で、EAをセットしたレートにトラップ幅の半分のレートを足して、2段階分上のトラップ位置になるようにした値です。

言葉で説明しようとするとややこしいですが、いざ開発しようとなるとおそらく同じような発想になり、なんとなく理解できると思います。

 

 

ストップ注文が滑ることを前提とした開発

注意しなければいけない点は、リミット注文では注文価格と約定価格が一致するのに対して、ストップ注文では約定価格が必ずしも予約送信した価格と一致するわけではないということです。

 

ロングオーダーで、現在レートよりも上の価格帯の予約注文はすべてストップ注文になりますが、それらの注文は滑る可能性があります。そのため、if文で条件を記述する際に価格の等号を使ってしまうと簡単に不具合が発生してしまいます。

そのため、ある程度の価格の幅を持たせて条件を記述するようにしてください。

 

ダメな例

 

良さそうに見えてダメな例1

※MQLではNormalizeDoubleが正しく丸められない仕様があります。

 

良さそうに見えてダメな例2

※ストップ注文が滑った際に対応できなくなります。

 

妥協案

 

 

EA再セット時の条件分布

また、バックテスト時では問題ありませんが、ライブテスト時のEAの再設定時には複数の分岐処理が必要になります。

  • //すでにこのEAによる オーダーがあり、ポジションがない場合
  • //オーダーがあり、ポジションもある場合
  • //オーダーがなく、ポジションはある場合 (手動でEAを外し、オーダーを削除し、ポジションを残した場合)
  • //このEAによるオーダーもポジションもない場合

今回は簡単のため、2番目と3番目に関しては未決オーダーを削除して再スタートする仕様にしました。

 

レートが大きく動いた場合の処理

レートが大きく推移した際、遠くに配置した予約注文を削除し、レートが推移した方向に新しい予約注文を出す必要があります。また、それに伴い、基準となる価格も逐次変更する必要があります。

 

 

 

 

通常版トラリピEAの使い方

トラリピ/ループイフダンのMT4用EAです。両建てダイプでシンプルな設計にしてあります。オーダーコメントにそのオーダーがストップオーダーなのか、リミットオーダーなのかをわかるようにしてあります。もし、約定価格が滑っていたら参考にしてください。

  • Lot:ロット
  • TrapWidth_in_point: トラップ幅(ポイント単位) 100=10pips
  • Sllippage_in_point: スリッページ(ポイント単位)
  • Magic: マジックナンバー
  • OrderComment: オーダーコメント
  • TrapMode: BUY=買い SELL=売り
  • FillingMode: フィリングモード

基本的には、ロットとトラップ幅とトラップモードだけ気にすればOKです。

 

 

forex-mt4-mt5-ea

 

トラリピ通常版バックテスト結果

トラリピはスタートするタイミングとトラップ幅ですべてが決まるトレードロジックです。ちょっと条件が変わるだけで大きく結果に差がでます。

また、トラリピはその性質上スプレッド負けしやすいという特徴があります。本来であれば1回のトレードでいいところを何回も分けてトレードする形になるので、手数料をかなり多く払う結果になります。(それが各証券会社が推し進めたがる理由でもあります。)

そのため、トラリピで勝とうと思うならトラップ幅を大きめに設定する必要があります。間違ってもトラリピでスキャルピングをしようとは思わないください。

 

また、トラリピはテクニカル指標を使わないのでチャートの時間枠・時間軸は関係ありません。細かい値動きによる影響も考慮する必要がないので、テストモデルはコントロールポイントでOKです。

 

forex-mt4-mt5-ea

forex-mt4-mt5-ea

2019.01.01~2019.06.28 H1 USDJPY 勝率:60% 

 

 

仮想通貨(CryptoGT)にも対応していますが、仮想通貨チャートでトラリピしても勝てないと思います。というのも、トラリピの本質は”一定の範囲内でウネウネする相場で利益を上げる構造”なので、ちょっとしたニュースなどでボラティリティが跳ね上がってしまう仮想通貨には悪手です。

forex-mt4-mt5-ea

2019/1/1~2019/12/31 H1 BTCUSD トレール幅最適化結果 CryptoGT

トラリピ・グリッドトレードの基本的性質として、レンジ相場では利益を積み重ねることができますが、トレンド相場になると損失ばかりが膨らむという特徴があります。

 

そのため、エントリーや決済を指定幅で行うトラリピの場合、そもそもロジックの優位性が存在しないので、長期的にはそれ単体では勝つことは困難です。

下記は、2018年一年間の期間でトラリピロジックを最適化した結果になります。

forex-mt4-mt5-ea
USDJPY 2018年 数値最適化分布
forex-mt4-mt5-ea

 

トラリピ単体で負ける理由と対策

トラリピ単体ではどのような数値最適化をしても長期的には勝てない(優位性がない)ということは、そのロジックを考えれば至極もっともです。

では、トラリピにまったく可能性がないのかというと、そういうわけでもないと思います。

 

エントリーした方向とは逆に単調増加、単調減少した場合

トラリピの基本的な戦略は、相場のうねりを利用したものです。そのため、相場がトラップ幅を無視するような単調増加や単調減少をした場合、大負けする可能性があります。

相場が単調増加、単調減少するパターンには、じわじわ変化するケースと突発的な暴騰暴落がありますが、後者に関しては事前に予測不可能なものである場合、急激なティックボリュームの増加などに対してフィルターを掛けることで、損失を抑えることが可能です。

また、じわじわ変化して単調に相場が推移した場合に関しては、トラップ幅を変更することで対応することができます。

 

週末の窓による相場の急激な変化とスプレッドフィルター

週末(土日)には為替相場は閉まりますが、月曜に窓が発生した際にトラリピの戦略では大負けする可能性があります。また、月曜日の相場が開いた後の数時間はスプレッドが数倍~数十倍になるケースがあります。(OANDAとか)

 

その際にも平常時ですら多く払っている取引手数料をさらに多く払うことになるので、手数料負け・スプレッド負けするリスクが増大します。

これらの現象は週末前にトラリピを終了し、月曜日の午前中もエントリーを控えるフィルターをプログラムに追加することで対策が可能です。

 

 

 

トレンドの発生とトレンドフィルター

トラリピはレンジ相場で有効なトレード手法なので、事前にトレンドフィルターを設定することが有効です。テクニカル指標の中でトレンドの判定のみに専門特化した指標にADXがあります。ADXは古くからあるテクニカルインジケーターで、トレンド・レンジの判定をする以外には全く役に立たないと言ってもいいほど専門特化した指標です。

 

 

 

トラリピフィルター付き版の使い方

  • Lot:ロット
  • TrapWidth_in_point: トラップ幅(ポイント単位) 100=10pips
  • Sllippage_in_point: スリッページ(ポイント単位)
  • Magic: マジックナンバー
  • OrderComment: オーダーコメント
  • TrapMode: BUY=買い SELL=売り
  • WeekendFilter: Trueの場合、サーバー時刻の金曜日の18時に一時終了し、月曜日の6時に再開します
  • MaxSpread_in_point: スプレッドがこの値を超えた場合、トラリピを一時終了します。未満になると再開します。
  • ADXperiod: ADXの期間
  • ADXthreshould: ADXメインラインがトレンドかどうかを判定する閾値。これ以上の値になったらトレンドとみなし、トラリピを一時終了します。
  • FillingMode: フィリングモード

 

トラリピEA無料ダウンロード

現在、EAを持て余したプログラマによる EA無料使い放題企画をしています。EAのパスコードは企画参加者に配布しています。(.ex4)
詳しくはこちら

 

トラリピEA通常版のダウンロード(MT4通常版)

トラリピEA亜種のダウンロード(MT4亜種版)

 

 

トラリピEA通常版のダウンロード(MT5通常版)

トラリピEAフィルター付き版のダウンロード(MT5フィルタ付版)

※(MT5トレンドフィルター、スプレッドフィルター、週末フィルター付き版)

トラリピEA亜種版のダウンロード(MT5亜種版)

 

※亜種はトラリピを発展させたグリッドトレード版です。(トラリピのような何か)

 

稼働させるにはPassCodeが必要です。

【口座番号の制限なしexファイル(0.1BTC~)、ソースコードmqファイル 譲渡可(価格応相談 0.3BTC~)】

問い合わせはこちら

 

MT4の取扱説明書~ダウンロードから自動売買まで~

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
 

コメント

  1. 匿名 より:

    いつも参考にさせていただいています。今回も非常に参考になりました。
    大きなドローダウン時期があるのがトラリピの特徴ではありますが、ドローダウン時期が異なる通貨ペアがわかればポートフォリオを組んでリスク分散できないでしょうか?そうすれば長期でも使えそうな気がするのですが。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

[MT4EA]多通貨ペアで勝てるEA(最強EAを求めて..)2020

バックテスト結果 EURJPY 2019/1/1~2019/12/31 H

記事を読む

変動ロット自動売買プログラムEA(MT4) 2020[ID:TXJIA]

バックテスト結果 EURGBP 2019.11.1~2020.4.30 D1 スプレッド:

記事を読む

[MT4/MT5]WEBサーバーを経由するコピートレードツール[EA]

この記事ではWEBサーバーを経由するMT4/MT5のコピートレードシステムの作り方について解説します

記事を読む

[MT4]直近二日の高値、安値のブレイクアウト戦略EA 2020 優秀/無料

もともと昔から「日の高値、安値のブレイクアウト」、もしくは「高値・安値に数pips幅を持たせたライン

記事を読む

[無料EA]一発逆転EA(MT4)配布2020

マーチンゲールはハイリスクなシステムと分かっていても甘い蜜のような誘惑が人を惹きつけますね。 結局

記事を読む

 

Translate »
上に戻る