*

商材によく使われるインジケーター(番号付きサイン)

解像度が滅茶苦茶高い特殊なディスプレイを使っているので番号が見づらいですが、普通のPCならもっと見やすく表示されます。

 

トップとボトムに番号を付けて表示するインジケーターです。

 

よく商材で使われます。

 

商材化するインジケーターって「なんか複雑でスゲー」ってなるものよりも、矢印だけのものとか、こういったシンプルなものが多いです。

 

自身でトレードしようとする場合には、見た目よりもわかりやすさ優先ってことですね。

 

「もうそこまでするならEAにすればいいじゃん」と思うのは当たり前で、商材屋さんの都合があるんですよ、きっと。(勝てなくても”購入者の使い方が悪い”って言って逃げられるようにね)

 

この番号が数字じゃなくて、花になっていたり、矢印のパターンもありますが、中身は一緒です。

 

未確定足でシグナルを出すので、リペイントします。(そこら辺も商材向けですね。)

 

これは中で何をしているのかというと、レジスタンスとサポートをレベルごとに分けているだけです。そのため、サポート/レジスタンス系のインジケーターでも同じような結果を得られます。

 

もともとは2000年代後半に、forum.profiforex.ruのフォーラムで話題になったセマフォを使ったシステムだったのですが、どこからかその話を聞きつけた日本のトレーダーが使い始めて、商材に流れ着いたんでしょうね~

 

インジケーターダウンロード

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールなどでお願いします。

関連記事

通貨強度、一度テクニカル指標を通せば起点の問題がなくなる説(MT4インジケータ)

通貨強度、がそもそも何なのかというところから話をすると、複数の通貨ペアのお金の流れを通貨ごとに可視化

記事を読む

パーフェクトオーダーって無駄にインスタ映えするよね

昔、シグナル配信商材でもパーフェクトオーダーのヤツを見かけたことがあったんですけど、見栄えがいい

記事を読む

ダイバージェンスのインジケーターって見かけないよね(MACDダイバージェンスforMT4)

  ということで今回はダイバージェンスのインジケーターです。 ダイバージェンス

記事を読む

ストキャスティクスのダイバージェンスのインジケーター

一応、このページにダイレクトに来た方のために説明すると、ダイバージェンスっていうのは下記の画像のよう

記事を読む

MTFのオシレーターって見かけないよね (MTF MACD for MT4)

MTFってメインチャートで使われることはあっても、インジケーターで使われることってあんまりないな~と

記事を読む

 
  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を)

    • None Found
  •  

Translate »
ページトップへ