*

ローカルPCから取引所にアクセスして、仮想通貨APIの安定性と速度を上げる

これまで開発したビットコインの自動売買では、
 ローカルPC -> PHPサーバー -> 取引所サーバー
という経由をしていました。

これは複数の人が使う場合には汎用性がありますが、
個人で使う場合はベストとは言えません。

今回は、ローカルPCでPHPが動くようにして、
経由するサーバの数を減らし、速度と安定性を上げます。

今回の方法は、
 PHPが動くローカルPC -> 取引所サーバー
でやるので、通信速度が上がり、自サーバーへの負荷などの問題がなくなります。

やり方はかんたんで、
XAMPPを使います。

XAMPPとは、かんたんに自サーバーを立てられるソフトで、
Apache、DB、PHP
がかんたんに動作するようになります。

その反面、セキュリティ上は問題があり、
実際にXAMPPでサーバーを立てている人はほとんどいないと思います。

便利さとセキュリティはトレードオフですね。

https://www.apachefriends.org/index.html

XAMPPをインストールするとCドライブの直下にXAMPPフォルダが生成されます。
そのなかにhtdocsというフォルダがあるので、
そこにPHPファイルを投げ込めばOKです。

bandicam 2017-10-05 14-13-12-286

bandicam 2017-10-05 14-15-00-202

XAMPPの起動画面はこんな感じです。
「Start」ボタンを押せばPHPが動きます。

あとは適当なブラウザを開いて、
http://localhost/
と入力すれば、

htdocs直下のindex.phpが開きます。

bandicam 2017-10-05 14-23-20-451

画像では各取引所の現在のレートを取得しています。
ローカルPCから直接取引所に送信しているので高速です。

また、自サーバーがアクセス拒否やサーバーダウンや503エラーなどを吐き出すリスクも排除できます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

APIでZAIFとbitFlyerのアカウント情報を取得する 仮想通貨の自動売買開発⑤

公開:2017/7/2 さて、そろそろ他の取引所のAPIも触っていきます。 ビットフライ

記事を読む

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bitFlyer、POLONIEX

記事を読む

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しましたが、今回は実際の取引結果をご

記事を読む

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取引所の癖がわかったので、取引の

記事を読む

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る3

Binanceのオーダーができるようになったので、一応PoloniexのAPIによるオーダーもおさら

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の

no image
自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮

no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

→もっと見る

PAGE TOP ↑