[FX経済指標]為替に影響を与える日本の経済指標

公開日: : FX/CFD

目次/もくじ

裁量トレーダーでも米国雇用統計以外の細かい指標をチェックしている人は少ないd背うが、日本の指標となればなおさらです。しかし、海外では日本の経済指標を参考にしている(人もいます。)

 

基本的に日本の経済指標が為替に与える影響はアメリカなどに比べると非常に微々たるもので、アメリカの後追いをすると言われていますが、実体経済と為替に乖離があるかどうかを判断するためには経済指標のチェックが必要です。

 

日本国内総生産(GDP)前期比

“GDPとは国内総生産のことで国力を数値化したものです。

2015年の日本のGDPは約528兆日本円で、中国に次ぐ世界第3位の国です。日本のGDPは内需が約60%をしめ、2020年までは大きく上昇すると予想されています。

国内総生産 (GDP) 比は、前四半期と比較して、指定四半期に日本で生産されたすべての財およびサービスの量を反映しています。この計算には、個人消費、政府支出、すべての会社のコスト、および国の純輸出が考慮されます。

GDPは、国家経済の現状を判断するための重要な指標の1つです。期待を上回る指数の伸びは、日本円にとってプラスと見られます。

日本では、政府サービスや自家用住宅の帰属賃貸料などの市場以外のサービスが含まれていますが、通常、ボランティアや無給の家事などの無給の活動は含まれていません。

 日本のGDPは、1997年以来523.5兆日本円分減少傾向にあります この減少は、実質成長率の低さ(1997年から2012年の間に年平均0.6%)と完全デフレ(1997年から2012年の間に年平均-1.2%)が原因です。

国内総生産(GDP)は経済活動の最も広範な基準であり、景気判断の重要な指標です。GDPの四半期ごとの比率変動は一般に経済成長率を示します。

予想より高い測定値はJPYにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はJPYにとってネガティブ/弱気であると解釈されます。”


日本Gross Domestic Product(GDP)Deflator前年比

“GDPとは国内総生産のことで国力を数値化したものです。2015年の日本のGDPは約528兆日本円で、中国に次ぐ世界第3位の国です。日本のGDPは内需が約60%をしめ、2020年までは大きく上昇すると予想されています。

国内総生産デフレーター前年比は、指定された四半期の国内で生産されたすべての商品の最終価格の前年同期と比較した変化を測定します。消費者物価指数とは対照的に、GDPデフレーターは輸入価格を含みません。データは報告期間の2ヶ月後に公開されます。

アナリストは、GDPデフレーターをインフレの重要指標の1つとして使用しています。

予想を上回る指標値は日本円にとってプラスです。GDPに含まれるすべての商品とサービスの価格の変動を測定したものです。

これは最も広いインフレ指標であり、日本銀行がインフレを測定するために使用する主要な指標です。

GDPデフレーターは物価変動を無視した名目GDPと物価変動を考慮した実質GDPの比であることから、物価自体の変動の比率を表すものでもあります。

GDPデフレーターの増加率がプラスの時はインフレ、マイナスの時はデフレを表していることにもなります。

名目GDPと実質GDPが同じ時は基準年よりも物価が変動していないということになり、名目GDPの数値が実質GDPよりも大きいと基準年より物価上昇でふくれた部分が大きいことになるのでインフレとなり、逆の場合は物価が下降していることになってデフレとなります。”


日本国内総生産(GDP)デフレーター前年比

“GDPとは国内総生産のことで国力を数値化したものです。

2015年の日本のGDPは約528兆日本円で、中国に次ぐ世界第3位の国です。

日本のGDPは内需が約60%をしめ、2020年までは大きく上昇すると予想されています。

国内総生産(GDP)前年比は、指定された四半期の前年同四半期と比較した日本で生産されたすべての商品およびサービスの金額を反映しています。

この計算には、民間消費、政府支出、全企業の費用、国の純輸出が考慮されています。

期待を上回る指数の伸びは、日本円にとってプラスと見られます。

日本は一人当たりの国内総生産(GDP)が高い国であり、インフレ率が最も低い国の1つであり、GDP全体では上位3カ国にランクされています。

2008年と2009年の世界的な景気後退とGDPの成長率の低下にもかかわらず、この経済大国はインフレ率の管理を維持し、それを少なくとも2004年以降3%以下に維持しました。

しかし、日本は天然資源に関しては不利です。 日本の土地の大部分は人が住んでいるため、牧畜や農業の面ではほとんど残されていません。

高度に都市化された国になり、農業でその労働力をほとんど使わずに、代わりにそのサービス部門に焦点を合わせることを選んだことによります。”


日本一致指数

“一致指数(Coincident Index)は、指定された月の現在の経済状況を前月に比べて評価します。

一致指数は、一致系列の指標として、生産指数や有効求人倍率など、11項目の指標を利用しています。 一致系列の指標から算出された指数のことを一致指数といいます。

これは複合指数で、生産、消費、卸売および小売販売、営業所得および労働市場指標のすべての段階を特徴付けるいくつかの要素を含みます。

期待値を上回る一致指数(Coincident Index)値は、日本円にとってプラスと見なされます。

同時指標の日本の総合指数は、現在の経済状況を測定します。経済活動の変動の振幅を測定することを主な目的として、複合指数は選択された系列の変化率を集計することによって構築されます。

1995年からの平均値100で表されます。

一致指数は、先行指数、遅行指数とともに内閣府が公表する景気動向指数を構成する3指標の一つです。

景気に対しほぼ一致して動くことから、主に景気の現状把握に使用されます。”


日本先行指数

“景気動向指数は、生産、雇用など様々な経済活動での重要かつ景気に敏感に反応する指標の動きを統合することによって、 景気の現状把握及び将来予測に資するために作成された指標です。

景気動向指数は、日本の主要な12の指標を組み合わせたものです。

これらには、株式、機械の注文、株価、その他の重要な中長期経済指標が含まれます。

これらの指標の動きは、経済の大きな進展に先行します。

これは先行指標です。アナリストらは、先行指数が、報告期間の6〜9ヶ月後の国内景気の先行きを予測していると信じます。予想を上回る読みは日本円にとってプラスと見られます。

先行指数は、経済の将来の方向性を予測するように設計されています。

経済動向の中でも、経済の動きを先取りした先行系列の金融統計から指標を作成しています。

先行系列の統計には最終需要財在庫率指数、新規求人数、東証株価指数などがあります。

景気先行指数とは、内閣府が発表する景気動向指数の一部で、景気動向指数は、生産、雇用など様々な経済活動の動きや、重要かつ景気に敏感に反応する指標の動きを統合した経済指標です。

数値の上昇は、景気向上と判断されます。”


日本景気ウォッチャー現状判断

“地域の景気に関連の深い動きを観察できる立場にある人々の協力を得て、地域ごとの景気動向を的確かつ迅速に把握し、景気動向判断の基礎資料とすることを目的としています。

景気ウォッチャー現状判断(Economy Watchers Index for Current Conditions)は地域の経済動向を注意深く監視します。この指数は、企業の労働者の調査に基づいています。

国内の家庭、企業、一般雇用の活動が測定されます。調査は2,000人以上の労働者から収集されたデータに基づいています。

50.0以上の読みは楽観を示します。 以下は悲観論を示しています。より迅速、的確に把握するため、各地の景気の動きを身近に観察できる立場の人たちの協力を得て、内閣府が毎月発表しています。

北海道、東北、北関東、南関東、東海、北陸、近畿、中国、四国、九州、沖縄の11地域を対象に、百貨店・スーパーマーケット・コンビニなどの小売店やレジャー業界で働く人、タクシー運転手など、景気に敏感な職種の約2000人にインタビューし、調査結果を集計・分析して発表しています。”


日本景気ウォッチャー傾向判断

“景気ウォッチャー傾向判断は、今後3ヶ月間の国民経済の見通しに関する企業労働者の調査に基づいています。

この調査には、世帯や企業の活動の変化、また国の雇用全体に関する質問が含まれています。

調査は2,000人以上の労働者から収集されたデータに基づいています。

これは日本の中期的な経済動向を評価するための主要な指標です。

予想を上回る指標値は日本円にとってプラスと見なされます。

地域の景気に関連の深い動きを観察できる立場にある人々の協力を得て、地域ごとの景気動向を的確かつ迅速に把握し、景気動向判断の基礎資料とすることを目的としています。

現在の景気や将来の景気について5段階評価で回答してもらい景気の判断指数を算出、指数が50以上なら景気の現状や見通しは良く、50以下なら悪いとされます。

集計には電話の自動応答システムを利用するため、速報性に優れています。

「今月のあなたの身の回りの景気は、良いと思いますか、悪いと思いますか」。
難しいことは一切抜きにして、シンプルにその人を取り巻く環境の景況感を尋ねます。”


日本消費者信頼感指標

“消費者信頼感指数は、経済活動に関する個人の感情を反映するものです。

この指数は、全体的な生活水準、所得水準、雇用、耐久財購入の意欲などの消費者の意見を含む8,000世帯以上の調査に基づいています。

日本経済の短期的な見通しは、消費者信頼感指数に基づいて測定されます。予想を上回る読みは日本円にとってプラスと見られます。

この調査は毎月行われ、経済動向を評価するツールとしての消費者意識の変化を素早く把握することができます。

この調査では、経済動向を評価するための基本的なツールとして、消費者の認識の変化、価格の予想、および主要な耐久消費財の購入/交換の変化を素早く把握することを目指しています。

2000年以降、日本は格差社会が顕著になり、低所得層と高所得層で消費活動に大きな差が見られます。”


日本コア機械受注前月比

“コア機械の受注数前月比は、ある月の日本の機械企業が受注した新規受注量を前月と比較して測定したものです。

造船およびエネルギー複合企業は、自社製品の注文のボラティリティが高いため、計算から除外されます。

設備投資の機械が機械メーカに発注される段階を各企業が捉えているため、設備投資の動向を把握することができます。

機械受注は、実際の設備投資より6カ月から9カ月先行する指標だといわれています。

この指標は、耐久財に対する国内需要の増加と生産手段を示しています。

日本コア機械受注は、船舶と公益事業を除く、機械製造業者との新規発注の合計金額の変化を測定します。 これは投資の重要な指標であり、製造業生産の主要な指標です。

予想より高い数値はJPYにとって正/強気として扱われます。予想より低い数値はJPYにとって負/弱気として扱われます。

設備投資の先行指標として代表的な指標です。約半年先の先行性があるとされます。

ただし、月次の動きにはかなりブレがあるので、分析する際には四半期ベースに直すなど工夫も必要です。”


日本コア機械受注前年比

“内閣府経済社会総合研究所が月次で発表している指標で、主要機械等製造業者を対象とし、それらの企業の受注額を集計した統計です。

各企業が設備投資のための機械を機械メーカーに発注する段階をとらえるので、設備投資の動向をしることができます。

機械受注は、実際の設備投資より6カ月から9カ月先行する指標だといわれています。

コア機械の受注数前年比は、ある月の日本の機械企業が受注した新規受注量を前年同月と比較して測定したものです。造船・エネルギー複合企業は、製品の発注の揮発性が高いため、計算から除外されています。

この指標は、耐久財に対する国内需要の増加と生産手段を示しています。期待値を上回る現在価値は日本円に対してプラスと見なされます。

新規注文は、一定期間内に受信した注文の金額を測定します。 コア機械受注は船舶と電力を除く機械受注の月毎の増減を測定します。

同指標は投資と製造の主な指標です。受注数の増加傾向は日本の経済の景気拡大を示しています。


日本全産業活動指数前月比

“全産業活動指数は全産業の生産活動状況を供給面から捉えることを目的としています。

全産業活動指数は、建設業活動指数、鉱工業生産指数、第3次産業活動指数を付加価値額ウェイトで加重平均することにより算出。日本全体の生産活動状況を供給面から把握できます。

全産業活動指数前月比は、指定された月の日本経済のすべての産業における商品とサービスの全体的な生産における前月と比較した変化を測定します。

この指数は、現在の日本経済の成長についての洞察を提供します。予想を上回る指標値は日本円相場にプラスです。全産業活動指数は、日本経済の全部門の全体的な生産量の月次変動を測定します。

この指数は、日本の国内総生産(GDP)および全体的な成長率に密接に従っています。全産業活動指数は日本経済の産業別の毎月の全生産の増減数を測定するものです。

同指数は日本のGDPおよび経済成長全般に密着しています。”


日本小売売上高前月比

“小売売上高前月比は、過去1ヶ月間の商品およびサービスの小売売上高の合計を前月と比べて示しています。これはボラティリティの高い指標で、季節調整済みです。

この指標は、日本経済の重要な指標である消費者支出の評価を可能にする、国のインフレの重要な指標です。

指標の伸びは日本円にプラスの影響を与えます。日本の小売売上高は前月比2019年1月に2.30%減少しました。

日本の小売売上高は、1992年から2019年まで平均0%で、2014年3月には8.30%、1997年4月には-13.70%という過去最高を記録しました。月々の動きよりも3−4ヶ月のトレンドを追った方が良いとされます。

変動の大きい自動車売上を除いた数字は消費動向の根底にある消費パターンを見られるため注目されます。

近年、日本の小売は外資系のオンラインショップによって経営が厳しくなっています。

2010年以降のスマートフォンの普及により、もともとITスキルがなかった大衆もネットの小売店を使うようになっています。そのため、その影響が日本の小売に影響を与えています。”


日本小売売上高前年比

“小売売上高前年比は、過去1ヶ月間の商品およびサービスの小売売上高の合計を前年同月と比べて示しています。

この指標は、日本経済の重要な指標である消費者支出の評価を可能にする、国のインフレの重要な指標です。

指標の伸びは日本円にプラスの影響を与えます。小売売上高は、小売レベルでのインフレ調整済売上の合計値の変化を測定します。

これは、全体的な経済活動の大半を占める消費者支出の第一の指標です。

小売売上高は、日本の様々な業種と規模の小売店のサンプリングに基づいて小売業者が販売する商品すべてを月毎に測定する指標です。

同指標は個人消費の重要な指標であり、また消費者信頼感とも相関性があり、日本の経済のペースとなる指標として考えられています。

近年、日本の小売は外資系のオンラインショップによって経営が厳しくなっています。

2010年以降のスマートフォンの普及により、もともとITスキルがなかった大衆もネットの小売店を使うようになっています。そのため、その影響が日本の小売に影響を与えています。”


日本大手小売売上高前年比

“大手小売売上高前年比は、指定された月の国内大型店、スーパーマーケット、ハイパーマーケットなどで販売されている商品の合計金額の変化を前年同月と比較して測定しています。

この指標は、消費と消費者の信頼度を評価します。これは、国の消費支出、インフレ、経済発展の水準を評価するために使用されます。

期待値を上回る指標値は、日本円にとってプラスと見なされます。大型小売業者の売上高は経済産業省によって発表され、大型店、チェーンコンビニエンスストア、スーパーマーケットで販売された商品の総価値を表します。

小売売上高は、日本の様々な業種と規模の小売店のサンプリングに基づいて小売業者が販売する商品すべてを月毎に測定する指標です。

同指標は個人消費の重要な指標であり、また消費者信頼感とも相関性があり、日本の経済のペースとなる指標として考えられています。

近年、日本の小売は外資系のオンラインショップによって経営が厳しくなっています。

2010年以降のスマートフォンの普及により、もともとITスキルがなかった大衆もネットの小売店を使うようになっています。そのため、その影響が日本の小売に影響を与えています。”


日本第3次産業活動指数前月比

“第3次産業活動指数前月比は、指定された月の国内の国内サービス業の前月と比較した変化を反映しています。

指数の計算には、情報通信、エネルギー、公益事業、運輸、金融、保険、観光、銀行、教育など、すべての主要なサービス部門が含まれます。

日本経済は輸出に依存しているため、サービス部門のデータは通常通貨市場での低ボラティリティを生み出します。

しかしながら、期待を上回る伸びは、日本円にとってプラスと見られます。

第3次産業指数は、企業が購入したサービスの総価値の変化を測定します。

これは経済的健康の主要な指標です。

かつて日本は国民の9割が農民であり、一次産業でしたが、戦後移行数十年経過し、現在では第3次産業の比率が大きくなっています。

経済産業省が発表する第三次産業活動指数は、日本における第三次産業の活動を指数化したものです。”


日本鉱工業生産前月比

“鉱工業製品を生産する国内の事業所における生産、出荷、在庫に係る諸活動、製造工業の設備の稼働状況、各種設備の生産能力の動向の把握を行うことを目的としています。

工業生産量前月比は、指定された月の国内工業部門の生産量を前月と比較して測定します。この報告書には、産業、鉱業、エネルギーなど、日本のすべての生産部門のデータが含まれています。

日本のGDPは工業財の輸出に大きく依存しているため、これは日本経済の重要な指標の1つです。

予想を上回る工業生産の伸びは、日本円にとってプラスと見なされます。

2019年1月の日本の鉱工業生産は前月比0.1%下落した後、前月比3.7%減となり、2.5%減の市場予想と比較して、暫定的なデータが示しました。

これは、鉱工業製品を生産する国内の事業所における生産、出荷、在庫に係る諸活動、製造工業の設備の稼働状況、各種設備の生産能力の動向を捉えるためのものです。

また、生産の先行き2か月の計画を把握することで、日本の生産活動をいち早く把握できます。”


日本鉱工業生産前年比

“鉱工業製品を生産する国内の事業所における生産、出荷、在庫に係る諸活動、製造工業の設備の稼働状況、各種設備の生産能力の動向の把握を行うことを目的としています。

工業生産量前年比は、指定された月の国内工業部門の生産量を前年同月と比較して測定します。

この報告書には、産業、鉱業、エネルギーなど、日本のすべての生産部門のデータが含まれています。

日本のGDPは工業財の輸出に大きく依存しているため、これは日本経済の重要な指標の1つです。

日本の鉱工業生産は、前年同期比で2019年1月に0%減少しました。

日本の鉱工業生産は1954年から2019年まで平均5.03%で、1960年2月には過去最高の30%、2009年2月には過去最高の-37.20%に達しました。

生産の先行き2か月の計画を把握することで、日本の生産活動をいち早く把握できます。

予想を上回る工業生産の伸びは、日本円にとってプラスと見なされます。

ただし、日本円は国内の指標よりも海外の指標の影響を強く受ける傾向があります。”


日本稼働率

“稼働率は、現在使用されている生産能力のパーセンテージを示します。これは、生産の増加と製造品の需要の指標です。使用容量が80%未満であれば、生産は減少したと見なされます。

指標の伸びは、インフレ圧力と経済成長を刺激します。

設備稼働率は、経済学および管理会計における概念であり、企業または国が実際にその設備の生産能力をどの程度使用しているかを示します。

したがって、それは、設備が完全に使用されている場合に、設置された機器で「実際に」生産される実際の生産量と、それとともに「生産される」可能性のある潜在生産量との関係を指します。

稼働率が80%を超えて安定している場合、ほとんどの場合、レートは上がり始めます。

製造工業の生産能力を、操業日数や設備、労働力に一定の基準を設け、これらの条件が標準的な状態で生産可能な最大生産量を能力として定義し、これを指数化したものです。

予想を上回る読みは日本円にとってプラスと見られます。

ただし、日本円は国内の指標よりも海外の指標の影響を強く受ける傾向があります。”


日本消費者物価指数(CPI)前年比

“全国消費者物価指数は、日本の家計が購入した商品やサービスの価格の変化を測定します。この指数は、指定された月のの消費者の視点からの前年同月と比較した価格変化を見積もっています。計算には、家計支出を特徴付ける商品やサービスが含まれていますが、税金や社会保険料は含まれていません。この指数は、国のインフレと経済発展を測定するために使用されます。

期待を上回る成長は、日本円のプラスとして見られます。消費者物価指数 (CPI) は、消費者目線で商品・サービスの価格変動を測定します。これは、購買動向やインフレの変化を測定するための重要な方法です。

通貨への影響は両方向に及ぶ可能性があり、CPIの上昇は金利の上昇と現地通貨の上昇につながる可能性がありますが、一方で、景気後退の間、CPIの上昇はより深刻な景気後退につながる可能性があります 現地通貨で下落します。

消費者物価指数は、全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するものです。

すなわち家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によって、どう変化するかを指標値で示したもので、毎月作成しています。

指数計算に採用している各品目のウエイトは総務省統計局実施の家計調査の結果等に基づいています。

品目の価格は総務省統計局実施の小売物価統計調査によって調査された小売価格を用いています。 結果は各種経済施策や年金の改定などに利用されています。”


日本消費者物価指数(CPI)(食品とエネルギーを除く)前年比

“食品とエネルギーを除いた全国消費者物価指数は、日本の家計が購入した商品やサービスの価格の変化を測定します。

この指標は、指定された月の消費者の視点から前月と比較した価格の変化を推定します。

計算には、家計支出を特徴付ける商品やサービスが含まれていますが、税金や社会保険料は含まれていません。

食品およびエネルギー価格は、ボラティリティが高いために指数から除外されています。

この指数は、国のインフレと経済発展を測定するために使用されます。

期待を上回る伸びは、日本円にとってプラスと見られます。消費者物価指数は、全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するものです。

すなわち家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によって、どう変化するかを指標値で示したもので、毎月作成しています。

指数計算に採用している各品目のウエイトは総務省統計局実施の家計調査の結果等に基づいています。

品目の価格は総務省統計局実施の小売物価統計調査によって調査された小売価格を用いています。 結果は各種経済施策や年金の改定などに利用されています。”


日本コア 消費者物価指数(CPI)前年比

“生鮮食品を除いた全国消費者物価指数は、日本の家計が購入した商品やサービスの価格の変化を測定します。この指数は、指定された月のの消費者の視点からの前年同月と比較した価格変化を見積もっています。計算には、家計支出を特徴付ける商品やサービスが含まれていますが、税金や社会保険料は含まれていません。生鮮食品の価格は、気象条件による変動性が高いため、指標から除外されています。

この指数は、国のインフレと経済発展を測定するために使用されます。全国コア消費者物価指数(CPI)は、食料を除く財とサービスの価格変動を測定する指標です。

期待を上回る伸びは、日本円にとってプラスと見られます。食料とエネルギーを除く、消費者が購入した商品とサービスの価格の変動を測定します。 日銀は通常コアインフレデータにもっと注意を払っています。

CPIは消費者の視点から価格変動を測定します。
同指数は日本における購買傾向およびインフレの変動を測定する重要な手段です。

近年、日本では消費が伸び悩んでおり、今後の消費税増税によってさらなる消費の低下が見込まれています。

また、日本市場では商品の価格が上がると、売上が著しく落ちるという性質があります。そのため、消費者が気付かないように、商品の価格を変えずに内容量を減らすという措置が企業によって行われています。”


東京消費者物価指数(CPI)前年比

“東京都区部消費者物価指数前年比は、東京都区部の家計が購入した商品やサービスの価格の変化を測定します。この指数は、指定された月のの消費者の視点からの前年同月と比較した価格変化を見積もっています。計算には、家計支出を特徴付ける商品やサービスが含まれていますが、税金や社会保険料は含まれていません。

東京消費者物価指数は、全国の CPI の前に公表されており、同国におけるインフレの予備的評価を提供しています。

消費者物価指数 (CPI) は、首都圏における消費者の視点から、商品やサービスの価格変動を測定します。これは、購買動向やインフレの変化を測定するための重要な方法です。

通貨への影響は両方向に及ぶ可能性があり、CPIの上昇は金利の上昇と現地通貨の上昇につながる可能性がありますが、一方で、景気後退の間、CPIの上昇はより深刻な景気後退につながる可能性があります 現地通貨で下落します。

総務省が発表する小売物価統計調査を元に作成される指標で、物価指数の一つです。1946年8月より調査開始。「東京都区部消費者物価指数」など一地域での指数と区別するため「全国消費者物価指数」と称されることもあります。

近年、日本では消費が伸び悩んでおり、今後の消費税増税によってさらなる消費の低下が見込まれています。

また、日本市場では商品の価格が上がると、売上が著しく落ちるという性質があります。そのため、消費者が気付かないように、商品の価格を変えずに内容量を減らすという措置が企業によって行われています。

期待を上回る伸びは、日本円にとってプラスと見られます。”


東京消費者物価指数(CPI)(食品とエネルギーを除く)前年比

“食品とエネルギーを除く東京都区部消費者物価指数は、東京都区部の世帯が購入した商品やサービスの価格の変化を測定します。この指数は、指定された月のの消費者の視点からの前年同月と比較した価格変化を見積もっています。計算には、家計支出を特徴付ける商品やサービスが含まれていますが、税金や社会保険料は含まれていません。食品およびエネルギー価格は、ボラティリティが高いために指数から除外されています。

東京都区部消費者物価指数は全国消費者物価指数の前に公開され、国のインフレと経済成長の予備的評価を提供します。

期待を上回る伸びは、日本円にとってプラスと見られます。東京コア消費者物価指数(CPI)は、食料を除く東京で購入されたモノとサービスの価格変動を測定する指標です。
CPIは消費者の視点から価格変動を測定します。

同指数は日本における購買傾向およびインフレの変動を測定する重要な手段です。

近年、日本では消費が伸び悩んでおり、今後の消費税増税によってさらなる消費の低下が見込まれています。

また、日本市場では商品の価格が上がると、売上が著しく落ちるという性質があります。そのため、消費者が気付かないように、商品の価格を変えずに内容量を減らすという措置が企業によって行われています。

予想より高い測定値はJPYにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はJPYにとってネガティブ/弱気であると解釈されます。”


東京コア消費者物価指数(CPI)前年比

“生鮮食品を除いた東京都部消費者物価指数は、日本の家計が購入した商品やサービスの価格の変化を測定します。

この指数は、指定された月のの消費者の視点からの前年同月と比較した価格変化を見積もっています。

計算には、家計支出を特徴付ける商品やサービスが含まれていますが、税金や社会保険料は含まれていません。

生鮮食品の価格は、気象条件による変動性が高いため、指標から除外されています。

東京都区部消費者物価指数は全国消費者物価指数の前に公開され、国のインフレと経済成長の予備的評価を提供します。

期待を上回る伸びは、日本円にとってプラスと見られます。東京コア消費者物価指数(CPI)は、生鮮食品を除く、東京で消費者が購入した商品やサービスの価格の変動を測定します。

消費者物価指数CPIは、総務省が毎月発表する統計で、消費者が実際に購入する段階での、商品の小売価格(物価)の変動を表す指数の事です。

「東京都区分」と「全国」の2種類があります。すべての商品を総合した「総合指数」のほか、物価変動の大きい生鮮食品を除いた「生鮮食品を除く総合指数」も発表されます。

国民の生活水準を示す指標のひとつとして、消費者物価指数は「経済の体温計」とも呼ばれており、経済政策を的確に推進する上で重要な指標となっています。”


日本失業率

“失業率は、全民間労働力に関連する失業者の割合です。失業者は、現在就業可能で積極的に仕事を探しているが雇用されていない15歳から74歳までの人を含みます。

失業率は、国の経済発展の重要な指標の1つです。予想を上回る読みは日本円にとってプラスと見られます。失業率は、前月中に失業し、積極的に雇用を求めている総労働力の割合を測定します。

日本経済は個人消費よりも産業部門に依存しているため、このデータは他国からの雇用データに比べて影響が小さい傾向があります。

日本の労働市場は低成長の現在でも世界が驚くほどの低い失業率を維持しています。近年の失業率は、不況時で5%台です。近年は3%前半が続き、2017年には3%という数値です。

予想より高い数値はJPYにとって否定的な/弱気として扱われます。予想より低い数値はJPYにとって肯定的で/強気として扱われます。

失業者数を労働力人口で除した数値です。日本では完全失業率ともいわれ、労働力人口に占める完全失業者の割合を示します。この「完全」の文字には今では特別な意味はありません。

完全失業者の定義は、総務省統計局によると「仕事がなくて少しも仕事をしなかった者のうち、就業が可能でこれを希望し、かつ仕事を探していた者及び仕事があれば、すぐ就ける状態で過去に行った求職活動の結果を待っている者」となっています。

若年者層(15〜24歳)で、平均値よりも高くなっています。”


日本家計支出前年比

“家計支出前年比は、指定された月の国内世帯の支出の総額を前年同月と比較して測定したものです。

指数は、国内の家計の統計的サンプルに基づいて計算されます。

計算には、食料、住宅、公益事業、家具、閉鎖、健康、教育、交通、通信、レジャーなどの支出が含まれます。

この指数は、経済成長と消費者の楽観論の指標とみなされています。国のインフレレベルの測定が可能になります。

家計支出は、消費者によるすべての支出のインフレ調整値の変化を測定します。

予想より高い数値はJPYにとって正/強気として扱われます。予想より低い数値はJPYにとって負/弱気として扱われます。

家計支出は、家計による支出額の合計(インフレ調整済み)を測定する指標です。個人消費は経済成長の要因です。”


日本家計支出前月比

“家計支出前月比は、指定された月の国内世帯の支出の総額を前月と比較して測定したものです。

指数は、国内の家計の統計的サンプルに基づいて計算されます。

計算には、食料、住宅、公益事業、家具、閉鎖、健康、教育、交通、通信、レジャーなどの支出が含まれます。

この指数は、経済成長と消費者の楽観論の指標とみなされています。国のインフレレベルの測定が可能になります。

かつて日本は大家族で一世帯当たりの人数が多かったが、1990年以降、核家族が急激に増加しています。

家計支出は、消費者によるすべての支出のインフレ調整値の変化を測定します。

予想より高い数値はJPYにとって正/強気として扱われます。予想より低い数値はJPYにとって負/弱気として扱われます。

ただし、日本円は国内の指標よりも海外の指標の影響を強く受ける傾向があります。”


日本調整済み貿易収支

“調整済み貿易収支とは輸出と輸入の差を測定したものです。

正のバランス値は貿易黒字、負のバランス値は貿易赤字を示唆します。

この指数は季節調整されています。

貿易収支報告書の日本円に対する影響はあいまいで、他の多くの経済指標にも左右されます。

日本は原油が取れる国ではないので、エネルギーの大半を産油国に頼っています。

水力、地熱、風力、原子力などもありますが、火力発電に比べると少ないシェアとなっています。

そのため、原油を必ず大量に輸入する必要があり、貿易収支に大きな影響を与えています。

日本の貿易収支は,石油価格が大幅に上昇した 1974,79年には赤字となったが,基調的には常に黒字です。

これは日本の輸出が高付加価値の工業製品である一方,輸入はエネルギー,工業原材料が多く,大幅には増加しにくい傾向があることによります。

予想より高い数値はJPYにとって肯定的で強気として扱われます。予想より低い数値はJPYに否定的で弱気として扱われます。

ただし、日本円は国内の指標よりも海外の指標の影響を強く受ける傾向があります。”


日本貿易収支

“貿易収支とは輸出と輸入の差を測定したものです。

正のバランス値は貿易黒字、負のバランス値は貿易赤字を示唆します。

貿易収支報告書の日本円に対する影響はあいまいで、他の多くの経済指標にも左右されます。

貿易収支は、報告期間における輸入品と輸出品の間の価値の差を測定します。

正の数は、輸入よりも多くの商品およびサービスが輸出されたことを示します。

日本は原油が取れる国ではないので、エネルギーの大半を産油国に頼っています。

水力、地熱、風力、原子力などもありますが、火力発電に比べると少ないシェアとなっています。

そのため、原油を必ず大量に輸入する必要があり、貿易収支に大きな影響を与えています。

日本の貿易収支は,石油価格が大幅に上昇した 1974,79年には赤字となったが,基調的には常に黒字です。

これは日本の輸出が高付加価値の工業製品である一方,輸入はエネルギー,工業原材料が多く,大幅には増加しにくい傾向があることによります。

予想より高い数値はJPYにとって肯定的で強気として扱われます。予想より低い数値はJPYに否定的で弱気として扱われます。”


日本輸入前年比

“輸入前年比指標は、指定された月の商品およびサービスの輸入の前年同月と比較した変化を反映しています。

輸入に関する情報は、日本の貿易活動と輸入品の需要を評価するために用いられます。

日本の輸入の主要品目は、原油および粗油、LNG(液化天然ガス)、衣類・同付属品、医薬品、通信機、半導体等電子部品などです。

自動車、船舶、飛行機の燃料や工場の動力用燃料などになる原油は、サウジアラビア、アラブ首長国連邦などほとんどを中近東から輸入しています。

発電の燃料や都市ガスなどの原料になるLNGは、オーストラリア、マレーシア、カタール、ロシアなどからの輸入が多くを占めています。

衣類は、中国を始めアジアからほとんどを輸入しています。銅や鉛、アルミニウムなどの「非鉄金属」は、チリ、インドネシア、オーストラリア、フィリピン、カナダ、ペルーなどから輸入しています。

日本は食料を輸入に多く頼っており、とうもろこし、大豆、小麦ともにアメリカからの輸入が大部分を占め、その他はブラジル、カナダ、オーストラリアなどからの輸入となっています。”


日本輸出前年比

“輸出前年比指標は、指定された月の商品およびサービスの輸出の前年同月と比較した変化を反映しています。

輸出は日本のGDPの重要な部分を占めているため、輸出の伸びは国の生産の発展と経済指標の伸びを示します。

日本の貿易額は、2007年に輸出で最高額を記録しました。しかし、2009年のアメリカ「金融危機」の影響で、日本も100年に一度と言われる「世界同時不況」に遭遇し、輸出・入とも大幅な減少となりました。

2016年は資源価格が引き続き下落したことにより、直近6年ぶり貿易黒字となり、2017年も引き続き約3兆日本円の貿易黒字となりました。

日本の輸出の主力品目は、自動車や自動車の部分品、半導体等電子部品、鉄鋼です。

「半導体等電子部品」の輸出は、アメリカとEU以外は中国を筆頭に台湾、香港、韓国などアジア諸国向けが中心です。

鉄鋼の輸出は、中国、タイ、韓国向けが多くを占めています。

かつては電化製品なども主力な輸出品でしたが、現在では技術力の低下などにより、海外の製品にマーケットを奪われています。

日本の産業としてアニメなども有名ですが、収益モデルに問題があるため、輸出にアニメは数値としてほとんど反映されていません。”


賃金収入前年比

“労働現金収入前年比は、当月の前年同月と比較した1人の常勤労働者あたりの平均所得(税金は含まれていない)の変化を反映しています。

計算には、残業手当と賞与が含まれ、配当と金融資産から得られる収入は含まれません。

平均賃金の伸びは経済の拡大を反映しています。この指標はインフレの計算に使われます。

予測値を上回る指標値は、日本円にプラスの影響を与えます。

日本では、数値上は好景気にもかかわらず、労働者の賃金は伸び悩んでいます。これは日本の企業が内部留保を継続的に行っていることに起因し、社会問題となっています。

また、かつての日本は総中流社会と呼ばれ、多くの国民が同じような所得であったが、2000年以降、格差が広がっています。そのため、賃金収入の分布は2つの山があるグラフになります。

最低賃金は地域ごとに異なるが、1000日本円前後であることがほとんどです。また、日本では残業手当が不当に支払われないことも多いが、多くの日本人はそれでもデモや転職をしないことが多いです。

法律上、賃金を一度上げると下げることが困難であるため、労働者に分配される利益は賞与をもって行われることが多いです。”


日本求人求職者比率

“求人求職者比率は、日本の労働市場における需給バランスを表しています。指標は月次発行されています。

この指標は、労働市場と全国経済発展の包括的な評価に使用されています。求人の増加は日本円に好影響を与えます。求人/応募比率は、求職と求人の比率を表します。これは、経済における雇用の健全性を示す指標です。

労働市場の需給状況を示す代表的な指標です。公共職業安定所を通じた求人・求職に限られること,また,新規学卒者は除かれている点に留意する必要があります。

予想よりも高い数値は日本円に対してプラスと見なされ、予想よりも低い数値はマイナスと見なされます。

日本では、新卒と中途採用に明確な違いがあり、多くの企業は新卒を好む傾向があります。

これは日本の企業が終身雇用を古くから採用してきたことに由来し、新卒を企業文化に馴染ませやすいという特徴に起因します。

日本では人手不足であると言われるが、それに伴って募集の賃金が上昇するわけではありません。日本では残業手当が不当に支払われないことも多いが、多くの日本人はそれでもデモや転職をしないことが多いという実情があります。”


日本銀行(BoJ)黒田総裁演説

“日銀総裁演説は、日本の規制当局が公表するすべての公的声明のうち、日本円に最も大きな影響を与えるイベントです。そのレトリックは日本銀行の一般政策を反映するものです。

総裁演説での日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。 短期金利を設定する日銀の長として、彼はJPYの価値に大きな影響力を持っています。

黒田 東彦(くろだ はるひこ)は、第31代日本銀行総裁。リーマン・ショック後の急激な日本円高の一因について「欧米と比べてマネタリーベースでギャップがあった」と述べ、日銀のバランスシート拡大ペースが欧米より消極的だったことが要因の1つとした。

トレーダーは彼のスピーチを注意深く見守っています。将来の金融政策や金利の変化に関する微妙なヒントを落とすのに使われることが多いからです。 彼のコメントは短期的なプラスまたはマイナスの傾向を決定するかもしれません。

為替レートは「中期的には金融政策の違い、長期的には購買力平価で決まる」と述べ、「中央銀行のバランスシートの規模と為替レートは直接的に関係がない」とした白川方明前日銀総裁の見方を否定しました。

2013年以降の日銀による日本円の大量供給は「日銀砲」や「黒田砲」と呼ばれ、ドル日本円レートに大きな影響を与えました。

この結果によって、相場で億万長者になった日本人トレーダーも多く、日銀の政策を支持するものは多い。これにより、日本では”おくりびと”という言葉が広まりました。”


日本銀行(BoJ)中曽副総裁演説

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であり、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀副総裁演説は、日本の規制当局によって行われ日本円のレートに影響を及ぼす2番目に重要な公的声明です。

副総裁演説での日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。彼の公の関与はしばしば将来の金融政策に関する微妙な手がかりを落とすために使われます。

中曽 宏(なかそ ひろし)は、日本の経済官僚。013年から2018年まで日本銀行で副総裁を務めました。

日銀が政策修正で一定の長期金利上昇を容認したことについては「持続性を強化する措置だ」と評価しました。

重要人物は相場に多大な影響を与えることをさけるため、明確な発言は避ける傾向があります。

発表は日本語で行われるため、コメントの判断はネイティブの日本人投資家によって行われます。”


日本銀行(BoJ)木内審議委員演説

“日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀審議委員演説は、レトリックに応じて日本円レートに影響を与える可能性があります。

日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。

木内 登英(きうち たかひで)は、日本のエコノミスト。日本銀行政策委員会審議委員(2012年7月24日就任)

2013年4月4日、金融政策決定会合では、彼はマネタリーベース・コントロールの採用、長期国債買入れの拡大と年限長期化、ETF、J-REITの買入れの拡大には賛成したが、「量的・質的金融緩和」の継続については、「2年間程度を集中対応期間と位置づけて行うべきである」として反対しました。

2016年7月29日の金融政策決定会合で、彼はETF(上場投資信託)買入れ額を倍増させる金融緩和の強化について、「財務健全性への影響のほか、株式市場のボラティリティを高める、株価を目標にしているとの誤ったメッセージになる」として反対しました。

重要人物は相場に多大な影響を与えることをさけるため、明確な発言は避ける傾向があります。

発表は日本語で行われるため、コメントの判断はネイティブの日本人投資家によって行われます。”


日本銀行(BoJ)白井審議委員演説

“日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀審議委員演説は、レトリックに応じて日本円レートに影響を与える可能性があります。

日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。

白井 さゆり(しらい さゆり)は、日本の経済学者。慶應義塾大学総合政策学部教授(2016年9月 – )、日本銀行政策委員会審議委員(2011年4月1日 – 2016年3月31日)。

2013年4月4日、彼女は金融政策決定会合で「量的・質的金融緩和」の導入に賛成しました。

2014年10月31日、彼女は金融政策決定会合で「量的・質的金融緩和」の拡大に賛成しました。

2016年1月29日の金融政策決定会合では、彼女はマイナス金利の導入に「量的・質的金融緩和の補完措置導入直後のマイナス金利の導入は、資産買入れの限界と誤解される惧れがあるほか、複雑な仕組みが混乱を招く惧れがある」として反対しました。

重要人物は相場に多大な影響を与えることをさけるため、明確な発言は避ける傾向があります。

発表は日本語で行われるため、コメントの判断はネイティブの日本人投資家によって行われます。”


日本銀行(BoJ)佐藤審議委員演説

“日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀審議委員演説は、レトリックに応じて日本円レートに影響を与える可能性があります。

日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。佐藤 健裕(さとう たけひろ)は、日本の経済学者、実業家. 2012年7月24日、日本銀行政策委員会審議委員に就任。

2013年4月4日、金融政策決定会合で「量的・質的金融緩和」の導入に賛成しました。

2016年1月29日、金融政策決定会合で、「マイナス金利の導入はマネタリーベースの増加ペースの縮小とあわせて実施すべきである」として、マイナス金利の導入に反対しました。

2016年7月29日、金融政策決定会合で、ETF(上場投資信託)買入れ額を倍増させる金融緩和の強化について反対しました。

重要人物は相場に多大な影響を与えることをさけるため、明確な発言は避ける傾向があります。

発表は日本語で行われるため、コメントの判断はネイティブの日本人投資家によって行われます。”


日本銀行(BoJ)短観大企業全産業設備投資

“短観は、正式名称を「短期経済観測調査」といいます。

統計法に基づいて日本銀行が行う統計調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的としています。

全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施しています。

短観では、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。

短観は、国内外で利用されており、海外でも””TANKAN””の名称で広く知られています。

日銀短観大企業全産業設備投資は銀行以外の日本経済のすべての部門における支出の四半期毎の予測です。計算は、10億日本円以上の企業資本を保有する企業の調査に基づいています。回答者は予測値を四半期ごとに提供します。

この指標は、日本の投資環境を評価し、経済状況を予測するために使用されます。

予測値を上回る指標値は、日本円にプラスの影響を与えます。これは各四半期の観点から見た年間予測です。

日本の会計年度は、翌年の4月から3月までです。

回答者は四半期ごとに、来年の開始前の3月の調査から始めて、会計年度の予測値を示します。”


日本銀行(BoJ)短観大企業製造業先行き

“短観は、正式名称を「短期経済観測調査」といいます。

統計法に基づいて日本銀行が行う統計調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的としています。

全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施しています。

短観では、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。短観は、国内外で利用されており、海外でも””TANKAN””の名称で広く知られています。

日銀短観大企業製造業先行きは、次の四半期の経済成長と事業環境のペースに関する産業企業の予測を反映しています。計算は業界をリードする代表者の調査に基づいています。質問には、ビジネス環境、需要と供給、在庫、生産量、雇用、財務状況、利益、税金と与信条件、製品価格の変化が含まれます。

工業製品の輸出は国のGDPの重要な部分を占めているため、大手メーカーの感情の予測は、次数ヶ月の日本経済の発展を決定します。

楽観的な予測は日本円にプラスの影響を与えます。日銀全国企業短期経済観測調査(短観)が発表する大企業・製造業業況判断指数は、大企業の業況を決める指標です。

同数値は日本の1,200の大企業・製造業者に業況を質問した調査から計算されます。同指数は日本経済の重要な指標であり、製造業によるところが大きい。

0を上回る数値は状況の改善を示し、0を下回る数値は状況の悪化を示します。”


日本銀行(BoJ)短観大企業製造業業況判断指数

“短観は、正式名称を「短期経済観測調査」といいます。

統計法に基づいて日本銀行が行う統計調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的としています。全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施しています。

短観では、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。

短観は、国内外で利用されており、海外でも””TANKAN””の名称で広く知られています。

日銀短観大企業製造業業況判断指数は、指定された期間の経済成長と事業環境のペースに関する大企業の感情を示します。計算は、業界代表者の調査に基づいています。質問には、ビジネス環境、需要と供給、在庫、生産量、雇用、財務状況、利益、税金と与信条件、製品価格の変化が含まれます。

産業財の輸出はGDPの重要な部分を占めるため、この指標は日本の経済発展の水準と製造業の状況を定義するものです。

日銀全国企業短期経済観測調査(短観)が発表する大企業・製造業業況判断指数は、大企業の業況を決める指標です。

同数値は日本の1,200の大企業・製造業者に業況を質問した調査から計算されます。同指数は日本経済の重要な指標であり、製造業によるところが大きい。

0を上回る数値は状況の改善を示し、0を下回る数値は状況の悪化を示します。


日本銀行(BoJ)短観大企業非製造業先行き

“短観は、正式名称を「短期経済観測調査」といいます。

統計法に基づいて日本銀行が行う統計調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的としています。

全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施しています。

短観では、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。

短観は、国内外で利用されており、海外でも””TANKAN””の名称で広く知られています。

日銀短観大企業非製造業先行きは、次の四半期の経済成長と事業環境のペースに関するサービス企業の予測を反映しています。計算は金融部門を除く業界をリードする代表者の調査に基づいています。ビジネス環境、需要と供給、受注、雇用、所得、税金及び信用状態などが評価されます。

大企業の感情の予測は、今後数か月の日本経済の発展を左右します。

楽観的な予測は日本円にプラスの影響を与えます。日銀全国企業短期経済観測調査(短観)が発表する大企業・非製造業業況判断指数は、日本のサービス業全体の状況を決める指標です。

同指数は非製造業部門の健全性を示します。
0を上回る数値は状況の改善を示し、0を下回る数値は状況の悪化を示します。”


日本銀行(BoJ)短観大企業非製造業業況判断指数

“短観は、正式名称を「短期経済観測調査」といいます。

統計法に基づいて日本銀行が行う統計調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的としています。

全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施しています。

短観では、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。

短観は、国内外で利用されており、海外でも””TANKAN””の名称で広く知られています。

日銀短観大企業製造業業況判断指数は、日本の大企業の経営環境や経済状況に関する感情を示しています。計算は金融部門を除く業界をリードする企業の調査に基づいています。質問はビジネス環境、需要と供給、受注、雇用、所得、税金及び信用状態などについてです。

この指標は、日本経済の発展と非製造業の状態を評価するものです。

予測値を上回る値は日本円にプラスの影響を与えます。日銀全国企業短期経済観測調査(短観)が発表する大企業・非製造業業況判断指数は、日本のサービス業全体の状況を決める指標です。

同指数は非製造業部門の健全性を示します。0を上回る数値は状況の改善を示し、0を下回る数値は状況の悪化を示します。”


日本銀行(BoJ)マネタリーベース前年比

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

マネタリーベース前年比は、指定された月の流通している日本円(貨幣及び紙幣)の合計金額と、日銀の与信機関の口座を含むすべての銀行口座の預金総額の前年同月と比較した変化を示します。マネタリーベースは貨幣供給の生成に使われます。

この指数は国のインフレを定義します。予測値を上回る指標値は日本円にとってプラスと見られます。マネタリーベースは、流通している国内通貨と日本銀行が保有する当座預金の総額の変動を測定します。 お金の供給が増加すると、追加の支出が発生し、それがインフレにつながります。

日銀は日本円の供給量を急激に増加させているが、それによってインフレになることはありませんでした。多くの日本人は資金を貯蓄する傾向があり、特に高齢者では”タンス預金”と呼ばれる現金による貯蓄を好む傾向があります。

日本は世界でも稀にみる現金主義の国だが、近年キャッシュレス化の動きを政府が後押ししています。

マネタリーベースは、「日本銀行が世の中に直接的に供給するお金」のことです。具体的には、市中に出回っているお金である流通現金(「日本銀行券発行高」+「貨幣流通高」)と日本銀行当座預金(日銀当座預金)の合計値です。”


日本銀行(BoJ)M2 マネーストック前年比

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

M2マネーストック前年比とは、国の経済で使用される、所有された現地通貨全体とその他の流動資産の合計です。この指標は、指定された月の前年同月と比較した変化を反映しています。M2マネーストックには、企業や個人が支払いを行うために使用できる現金と残余資産が含まれます。

この指標は、国内のインフレを測定します。予測値を上回る指標値は日本円にとってプラスと見られます。「マネーサプライ」とも呼ばれる通貨の総計は、商品やサービスを購入するために経済内で利用可能な通貨の量です。資産を貨幣として定義するために選択された流動性の程度に応じて、さまざまな貨幣の総計が区別されます。

マネーサプライの過剰成長はインフレの原因となる可能性があり、政府が金利を引き上げて将来の価格を引き下げることでマネーの成長を抑制する可能性があるという懸念を生み出す可能性があります。

日銀は日本円の供給量を急激に増加させているが、それによってインフレになることはありませんでした。多くの日本人は資金を貯蓄する傾向があり、特に高齢者では”タンス預金”と呼ばれる現金による貯蓄を好む傾向があります。

予想より高い数値はJPYにとって肯定的で/強気として扱われます。予想より低い数値はJPYにとって否定的で/弱気として扱われます。”


日本銀行(BoJ)銀行貸出前年比

“銀行貸出前年比は、当月の日本の銀行のすべての前年同月と比較した融資残高の動向を示しています。

貸出の増加はビジネス感情の改善と投資の増強を示唆し、国の経済にプラスの影響を与えます。

日銀は、名目金利をゼロ以下に設定する政策であり、経済を刺激するために行われる非伝統的金融政策であるマイナス金利政策を実施しました。

日銀貸出とは、日本銀行(日銀)に当座預金口座を持つ金融機関に対して日銀が行う貸出のことで、手形割引、手形貸付け、当座貸越の3種類があります。

手形割引は、金融機関が取引先から割り引いた商業手形のうち、割引適格基準を満たす手形を再割引するものです。

手形貸付けは、約束手形、国債や政府短期証券、政府保証債、財投機関債、地方債、金融債、一般事業債、日本円建て外債などのうち、手形割引と同様に日銀が適格と認めたものを受け入れて行うもので、金融機関は機動的に貸付けを受けるために、あらかじめ日銀の本支店に担保を差し入れておきます。

当座貸越は、日銀の当座預金口座を借り越しにすることを認めるものです。

予測値を上回る数値は、日本円にプラスの影響を与えます。

ただし、日本円は国内の指標よりも海外の指標の影響を強く受ける傾向があります。”


日本銀行(BoJ)企業物価指数前月比

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

国内企業物価指数前月比は、指定された月の国内製品の前月と比較した価格変動を反映したものです。これは製造者の視点からの変化を反映した消費者物価指数と相関しています。

この指標は、同国のインフレと経済活動を定義します。

企業物価指数(CGPI)は日本の企業が購入した商品の販売価格の増減を測定する指標です。
CPGIは製造業者の視点から日本国内のインフレ率の変動を測定し、消費者物価指数(CPI)と相関性があります。

予想より高い測定値はJPYにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はJPYにとってネガティブ/弱気であると解釈されます。

ただし、日本円は国内の指標よりも海外の指標の影響を強く受ける傾向があります。”


日本銀行(BoJ)企業物価指数前年比

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

国内企業物価指数前年比は、指定された月の国内製品の価格変動を前年同月と比較して示したものです。これは製造者の視点からの変化を反映した消費者物価指数と相関しています。

この指標は、同国のインフレと経済活動を定義します。予測値を上回る値は日本円にプラスの影響を与えます。企業物価指数(CGPI)は日本の企業が購入した商品の販売価格の増減を測定する指標です。

CPGIは製造業者の視点から日本国内のインフレ率の変動を測定し、消費者物価指数(CPI)と相関性があります。

企業間で取引される商品の価格を反映した物価指数で、従来の卸売物価指数に相当。2003年1月発表の00年基準の指数から採用されます。”


日本銀行(BoJ)企業向けサービス価格指数前年比

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

法人サービス価格前年比は、指定された月の国内製品の価格変動を前年同月と比較して示したものです。この指標は、国のインフレ水準とサービス産業の発展を示しています。

予測値を上回る指標値は、日本円にプラスの影響を与えます。企業向けサービス価格指数(CSPI)は、企業間でサービスを取引するときのインフレ率を測定します。
同指数は企業間のサービス部門の需給動向を示すものです。

この数値が高くなるほど、インフレへの影響が強くなります。

これまで日銀が発表する卸売物価指数がインフレ指標の代表格でしたが,これにはサービス価格の動きが入っていませんでした。しかし経済のサービス化が進展したため,企業間のサービス価格の動きを反映させた指標として企業向けサービス価格指数 (SPI) が作られました。

広告費,通信費,コンピュータなどのリース料などがその対象で,賃金動向との相関性が強く,今後賃金上昇によるコストプッシュ・インフレ指標としての役割も期待されています。”


日本銀行(BoJ)記者会見

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

日銀記者会見は日本の規制当局の主なPRイベントです。記者会見では、日本銀行総裁や副総裁が金融政策に関する決定を説明し、経済発展の展望についての意見を述べ、質問に応答します。

規制当局の声明に今後の金融政策の強化を示唆するものがあれば、短期的に日本円にプラスの影響があります。

日本銀行の記者会見では、直近の金利決定、全体的な経済見通し、インフレに影響を与えた要因、および将来の金融政策決定への洞察を提供します。

日本銀行(BOJ)はトレーダーとやりとりする好ましい方法である記者会見を行います。同会見での話題には景気の見通し、インフレおよび政策金利の変更があります。

日銀金融政策決定会合の声明発表の時間は、早ければ午前11時台に行われますが、重要発表があったり、政策変更があった場合は、12時30分を超えることが多いです。”


日本銀行(BoJ)金融政策決定

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

日銀金融政策決定会合発表は公式声明であって規制当局の金利決定と金融政策の様々な措置を明らかにするとともに、決定に影響を与えた経済状況を説明するものです。

この報告書は、日本銀行会議の結果を受けて年に8回発行され、金融政策の将来の変化を予測するために使用されます。

この声明は、近い将来に金融政策を強化するためのヒントを含んでいるかどうかによって、日本円に影響を与える可能性があります。

日本銀行の金融政策声明には、日銀による資産購入の決定の結果と、その決定に影響を及ぼした経済情勢についての解説が含まれています。

日本銀行は、金融政策決定会合の議事要旨を、次回の決定会合で承認のうえ、その3営業日後に公表しています。

財務大臣および経済財政政策担当大臣(経済財政政策担当大臣が置かれていないときは、内閣総理大臣)は、議決権を有しませんが、必要に応じ、会合に出席し、意見を述べ、議案を提出した、次回会合まで議決を延期することを求めることができます。”


日本銀行(BoJ)金融政策会合議事録

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

日銀金融政策決定会合議事要旨は、年8回の規制会議の後に発表され、国の財政および経済状況に関する要約と規制当局の理事会議事録を含みます。

議事録は一致した見解だけでなく議論の余地がある議論を反映しているので、次の会議の金融政策の引き締め/緩和の兆候を求めるアナリストによって詳細に調査されます。

内容に応じて日本円に短期的に影響します。金融政策会議議事録は、日銀の政策設定会議の詳細な記録であり、金利を設定する場所の決定に影響を与えた経済状況についての詳細な洞察が含まれています。

日本銀行(BOJ)の金融政策決定会合議事録要旨は、1カ月前に開かれる政策金利の決定会合の詳細な記録です。

日本銀行は、金融政策決定会合の議事要旨を、次回の決定会合で承認のうえ、その3営業日後に公表しています。”


日本銀行(BoJ)展望レポート

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

日銀展望レポートは四半期報告書で、一般的な経済状況を記述し、経済の成長、インフレリスク、そして国の労働条件を特徴づけます。

アナリストは、国の金融政策の中期的な見通しについて予想するために、この報告書を研究します。日本銀行の見通し報告書には、日銀の経済情勢とインフレ観、すなわち金融政策の将来を左右する重要な要素についての洞察が示されています。

展望レポート(展望リポート)は、正式には「経済・物価情勢の展望」と言い、日本銀行が年4回、決定・公表する、正副総裁を含む9人の政策委員が示す中期的な経済見通しをいいます。

これは、通常、1月、4月、7月、10月の政策委員会・金融政策決定会合において、先行きの経済・物価見通しや上振れ・下振れ要因を詳しく点検し、その元での金融政策運営の考え方(方向性)を整理したものとなっています。”


日本銀行(BoJ)意見概要

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀意見概要は、年8回、規制当局の金融政策と金利決定発表の10日後に発表されます。

この要約は、現在の状況、インフレと経済成長の見通しに関する規制当局の意見を述べるものです。

日本銀行審議委員の経済的、金融的状況に関する合意形成が反映され、金融政策の決定が明確にされます。

意見概要の日本円に対する影響は、その予測に依存します。このレポートには、インフレと経済成長に対する日本銀行の予測が含まれています。 金融政策声明が発表されてから約10日後に、年間8回の予定です。”


日本銀行(BoJ)金利決定

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀金利決定は年8回なされます。規制当局の金利は、商業銀行に融資を提供するために使用されます。金利設定は、日本銀行が通貨の強さを規制するために使用する通貨政策の主要な道具の1つです。

日本銀行(BOJ)の政策審議会メンバーは、どこで金利を設定すべきかについて合意に達します。 短期金利が通貨評価の主要因であるため、トレーダーは金利の変動を注意深く観察します。

予想より高いレートはJPYに対してプラス/強気ですが、予想より低いレートはJPYに対してマイナス/弱気です。

ただし、日本円は国内の指標よりも海外の指標の影響を強く受ける傾向があります。”


日銀岩田副総裁演説

“日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀副総裁演説は、日本の規制当局によって行われ日本円のレートに影響を及ぼす2番目に重要な公的声明です。副総裁演説での日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。

岩田 規久男(いわた きくお)は、日本の経済学者。上智大学・学習院大学名誉教授。前日本銀行副総裁。

2013年3月20日、日銀副総裁に就任。 副総裁として実務を担って岩田は「外部にいたときは金融政策の観点でしか日銀をみていなかったが、信用秩序の維持がなければ物価の安定もできない。そのためには様々な人々の仕事、下支えがあります。日本銀行の実務に対する把握を深めつつある状況だ」と述べています。

2014年5月26日、都内での講演で岩田は「(日本の)潜在成長率の強化が進まなければ、物価安定目標の達成は『マイルドなインフレ下における低成長』をもたらす可能性がある」と述べました。

重要人物は相場に多大な影響を与えることをさけるため、明確な発言は避ける傾向があります。

発表は日本語で行われるため、コメントの判断はネイティブの日本人投資家によって行われます。”


日銀布野審議委員演説

“日銀審議委員演説は、レトリックに応じて日本円レートに影響を与える可能性があります。

日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。布野幸利は日本銀行の審議委員です。同氏の発言は将来の金融政策に関する微妙な糸口を示すものとしてよく引用されます。

布野 幸利(ふの ゆきとし)は、日本の実業家。日本銀行政策委員会審議委員。米国トヨタ自動車販売社長、米国トヨタ自動車販売会長、トヨタ自動車代表取締役副社長を歴任した。2015年7月1日、審議委員に就任しました。

就任後、初めて出席した2015年7月14日・15日の金融政策決定会合では、量的・質的金融緩和政策に賛成しました。2016年1月28日・29日の金融政策決定会合ではマイナス金利導入に賛成しました。

2016年3月23日に行なった神戸市内での講演で、マイナス金利付き量的・質的金融緩和政策を推進していくとともに、政府の成長戦略の展開や日銀の貸出支援制度などを通して、日本経済の成長力を高めていく取り組みが必要であるという見解を示しました。

重要人物は相場に多大な影響を与えることをさけるため、明確な発言は避ける傾向があります。

発表は日本語で行われるため、コメントの判断はネイティブの日本人投資家によって行われます。”


日銀政井審議委員演説

“日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀審議委員演説は、レトリックに応じて日本円レートに影響を与える可能性があります。

日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。政井貴子は、日本銀行(BoJ)政策委員会審議委員を務めています。政井氏の公の発言は将来の金融政策に関して微妙な糸口を提供するものとして引用されます。

政井 貴子(まさい たかこ)は、日本の実業家。日本銀行政策委員会審議委員。新生銀行執行役員 市場営業本部市場調査室長、新生銀行執行役員 金融調査部長などを歴任した。愛媛県出身。2016年6月30日、審議委員に就任。

就任後、初めて出席した2016年7月28日・29日の金融政策決定会合では、量的・質的金融緩和政策、マイナス金利を適用する金利政策、ETF(上場投資信託)買入れ額を倍増する金融緩和の強化に賛成しました。

重要人物は相場に多大な影響を与えることをさけるため、明確な発言は避ける傾向があります。

発表は日本語で行われるため、コメントの判断はネイティブの日本人投資家によって行われます。”


日銀原田審議委員演説

“日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀審議委員演説は、レトリックに応じて日本円レートに影響を与える可能性があります。

日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。原田泰は日本銀行の審議委員です。同氏の発言は将来の金融政策に関する微妙な糸口を示すものとしてよく引用されます。

原田 泰(はらだ ゆたか )は、日本の経済学者、エコノミスト、日本銀行政策委員会審議委員。元早稲田大学政治経済学術院公共経営研究科特任教授。経済学(学習院大学)博士。研究分野は経済政策です。

2015年3月26日、宮尾龍蔵審議委員の後任として、日本銀行政策委員会審議委員に就任しました。

重要人物は相場に多大な影響を与えることをさけるため、明確な発言は避ける傾向があります。

発表は日本語で行われるため、コメントの判断はネイティブの日本人投資家によって行われます。”


日銀櫻井審議委員演説

“日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀審議委員演説は、レトリックに応じて日本円レートに影響を与える可能性があります。

日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。

櫻井 眞(さくらい まこと)は、日本のエコノミスト。学位は経済学修士(東京大学・1972年)。サクライ・アソシエイト国際金融研究センター代表、日本銀行政策委員会審議委員。新字体で桜井 真(さくらい まこと)とも表記されます。
2016年4月1日、審議委員に就任。

就任後、初めて出席した2016年4月27日・28日の金融政策決定会合では、量的・質的金融緩和政策、 マイナス金利を導入した金利政策に賛成しました。

重要人物は相場に多大な影響を与えることをさけるため、明確な発言は避ける傾向があります。

発表は日本語で行われるため、コメントの判断はネイティブの日本人投資家によって行われます。”


日本銀行(BoJ)短観中小企業全産業設備投資

“短観は、正式名称を「短期経済観測調査」といいます。

統計法に基づいて日本銀行が行う統計調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的としています。

全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施しています。

短観では、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。

短観は、国内外で利用されており、海外でも””TANKAN””の名称で広く知られています。

日銀短観小企業全産業設備投資は銀行以外の日本経済のすべての部門における支出の四半期毎の予測です。計算は、10億日本円以上の企業資本を保有する企業の調査に基づいています。回答者は予測値を四半期ごとに提供します。

この指標は、日本の投資環境を評価し、経済状況を予測するために使用されます。 予測値を上回る指標値は、日本円にプラスの影響を与えます。

景気回復局面では、好調な企業収益を背景とした旺盛な設備投資が行われています。
しかしながら、景気回復局面における設備投資を対経常利益比率、対キャッシュフロー比率などからみると、過去と比べ、慎重さも見受けられます。 “


日本銀行(BoJ)短観中小企業製造業先行き

“短観は、正式名称を「短期経済観測調査」といいます。

これは、統計法に基づく日本銀行の統計調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な管理に資することを目的としています。

全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施しています。

短観は、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。

短観は、国内外で利用されており、海外でも””TANKAN””の名称で広く知られています。

日銀短観小企業製造業先行きは、次の四半期の経済成長と事業環境のペースに関する産業企業の予測を反映しています。回答企業は、ビジネス状況、需要と供給、在庫、生産量、雇用、利益などについて尋ねられ、好ましい、あまり好ましくない、好ましくないの3つの選択肢から選択します。

中小企業の景況感は、リーマン・ショック後大きく落ち込んだが、以降は持ち直しの動きをみせており、2013年には、両調査ともリーマン・ショック前の2007年の水準にまで達しました。

業種別では、2015年に入り、卸売業、小売業、サービス業で横ばい傾向にあり、製造業、建設業については横ばいから低下傾向にあります。

予想を上回る指標値は日本円にとってプラスと見られます。”


日本銀行(BoJ)短観中小企業製造業業況判断指数

“短観は、正式名称を「短期経済観測調査」といいます。

短観は、統計法に基づいて日本銀行が行う統計調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的としています。

全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施しています。

短観では、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。

短観は、国内外で利用されており、海外でも””TANKAN””の名称で広く知られています。

日銀短観小企業製造業業況判断指数は、指定された期間の経済成長と事業環境のペースに関する小企業の感情を示します。この指数は、企業代表者の調査に基づいています。アンケートには、ビジネス状況、需要と供給、在庫、生産量、雇用、利益などについての質問が含まれ、回答を好ましい、あまり好ましくない、好ましくないの3つの選択肢から選択します。

短観「景況感調査」は、優勢な状況の最良の記述子として3つのうち1つの選択肢を選択するよう求められている企業に送付しました。代替案は次のとおりです。 調査は何千もの会社に送られ、会社の規模と部門(製造業とサービス業)によって分類されて公表されます。

予想よりも高い数はJPYに対して正とみなされ、予想よりも低い数は負とみなされます。”


日本銀行(BoJ)短観中小企業非製造業先行き

“短観は、正式名称を「短期経済観測調査」といいます。

統計法に基づいて日本銀行が行う統計調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的としています。

全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施しています。

短観は、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。

短観は、国内外で利用されており、海外でも””TANKAN””の名称で広く知られています。

日銀短観小企業非製造業先行きは、次の四半期の経済成長と事業環境のペースに関する小規模サービス企業の予測を反映しています。回答企業は、ビジネス状況、需要と供給、注文量、雇用、利益などについて尋ねられ、好ましい、あまり好ましくない、好ましくないの3つの選択肢から選択します。

アンケート方式により、書面またはオンライン上で回答します。質問項目は、企業の主観的判断を問う「判断項目」と、売上高、預金・現金といった計数の実績値、計画値を問う「計数項目」に大別されます。

予想を上回る指標値は日本円にとってプラスと見られます。”


日本銀行(BoJ)短観中小企業非製造業業況判断指数

“短観は、正式名称を「短期経済観測調査」といいます。

統計法に基づいて日本銀行が行う統計調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的としています。

全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施しています。

短観では、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。

短観は、国内外で利用されており、海外でも””TANKAN””の名称で広く知られています。

日銀短観小企業非製造業業況判断指数は、指定された期間の経済成長と事業環境のペースに関する小企業の感情を示します。回答企業は、ビジネス状況、需要と供給、注文量、雇用、利益などについて尋ねられ、好ましい、あまり好ましくない、好ましくないの3つの選択肢から選択します。

短観「景況感調査」は、優勢な状況の最良の記述子として3つのうち1つの選択肢を選択するよう求められている企業に送付しました。

代替案は次のとおりです。 調査は何千もの会社に送られ、会社の規模と部門(製造業とサービス業)によって分類されて公表されます。

予想よりも高い数はJPYに対して正とみなされ、予想よりも低い数は負とみなされます。”


日銀鈴木審議委員演説

“日銀は国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられています。

物価の長期的な安定はマクロ経済的に重要であるところ、政治部門は短期的な手法をとることを選好しがちであるため、長期的な公益確保・政治的中立性の観点から自主性・独立性が認められています。

日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀審議委員演説は、レトリックに応じて日本円レートに影響を与える可能性があります。日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。

鈴木人司(すずきひとし)は、前職は三菱東京UFJ銀行顧問。任期は2017年7月24日から2022年7月23日

超低金利で経営が悪化している金融機関については、「きめこまかくモニタリングしていくことが重要」だとしました。

鈴木氏は「『人生100年時代』と言われる中、先行きを見据えた貯蓄でなかなか消費を増やせない」とし、消費が低調な中で物価は上がりにくいと主張しています。

重要人物は相場に多大な影響を与えることをさけるため、明確な発言は避ける傾向があります。

発表は日本語で行われるため、コメントの判断はネイティブの日本人投資家によって行われます。”


日銀片岡審議委員演説

“日銀は政府からは独立して運営されます。日本銀行には役員として、総裁(1人)、副総裁(2人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干名)、審議委員(6人)がいます。総裁、副総裁、審議委員は、衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日銀審議委員演説は、レトリックに応じて日本円レートに影響を与える可能性があります。

日銀による金融政策強化の示唆は日本円にプラスの影響を与える場合があります。片岡 剛士(かたおか ごうし)は、日本のエコノミストです。。

任期は2017年7月24日~2022年7月23日。前職は三菱UFJリサーチ&コンサルティング上席主任研究員です。

片岡剛士審議委員はただひとり、「現状維持」決定について反対を表明したことがあります。

新委員になって最初の議決で、ひとり他の委員たちと違う票を投じることは、新日銀法下では初めての出来事です。

重要人物は相場に多大な影響を与えることをさけるため、明確な発言は避ける傾向があります。

発表は日本語で行われるため、コメントの判断はネイティブの日本人投資家によって行われます。”


日本景況判断指数(BSI)大企業製造業

“BSI大企業製造業業況は国の大手メーカーが事業環境がどのように評価されているかを示しています。

指標は、10億日本円以上の企業資本を保有する工業企業の経営者の調査に基づいて月次計算されます。

この指標は、日本の製造業における感情と、経済の一般的な状態を定義します。

1週間後に発表される日銀短観大企業製造業業況判断指数の動きを予測することが可能です。

景況感指数(BSI)Large Manufacturing Conditions Indexは、製造業における景況感を測定します。

データは日本の大手メーカーの調査から得られたものです。 製造業に大きく依存している日本経済の強さを示す重要な指標です。

ゼロより上のレベルは、状態が改善していることを示します。 下のレベルは悪化する状況を示します。

この調査は、一般的に約1週間後に発表される日本銀行の短観大製造業指数を予測するのに役立ちます。

予想より高い数値はJPYにとって正/強気として扱われます。予想より低い数値はJPYにとって負/弱気として扱われます。”


日本資本投資前年比

“資本支出前年比は、報告四半期の前四半期と比較した企業の設備投資総コストの変化を評価します。

これは先行指標です。それは短期的および中期的に国の産業生産と経済的健康を予測するのに使用されます。

設備投資は、企業による設備投資の全体的な価値の変化を測定します。 それは景気と経済の健全性の主要な指標です。

2018年度の設備投資計画調査の伸び率は38年ぶりの高さでした。

電気自動車 (EV) の開発は本格化しており、化学や機械など幅広い業種への投資が増加しています。

都市部の大型再開発も続き、高水準の設備投資をけん引しています。

予想より高い数値はJPYにとって正/強気として扱われます。予想より低い数値はJPYにとって負/弱気として扱われます。

ただし、日本円は国内の指標よりも海外の指標の影響を強く受ける傾向があります。”


日本外債投資

“外国債券投資とは、日本の公共部門による外国債券への投資額(日本円単位)です。

この報告書には、日本銀行の業務は含まれていません。

他の国の金利を日本と比べてみると、海外は、日本より高い金利の国がたくさんあります。

この指標は毎週発行され、国内市場からの資金流出を示しています。

この指数は、他の要因によっては日本円に非線形の影響を与えます。

外国債券購入数は、日本銀行を除く公共部門からの資金の流れを表しています。

純データは、資本流入と流出の差を示しています。

プラスの差は、居住者による外国証券の純売上高(資本流入)を示し、マイナスの差は、居住者による外国証券の純購入(資本流出)を示します。

予想よりも高い数はJPYに対して正とみなされ、予想よりも低い数は負とみなされます。

ただし、日本円は国内の指標よりも海外の指標の影響を強く受ける傾向があります。”


日本株式への外国投資

“国内株式への外貨投資は、日本非居住者による日本企業の株式への投資額(日本円単位)を示しています。

国内市場における資金の流入と流出のバランスは、経済の強さと外国企業に対する企業の魅力を示しています。

一口に外国人投資家と言っても中身は様々であり、年金や政府系ファンドなど長期投資家もいれば、ヘッジファンドのように短期間で巨額の取引を繰り返す投資家も多い状態です。

日本に住む外国人の比率はわずか1%台であり、主要国で最低レベルです。しかし、日々の売買では様相が一変し、海外勢の売買比率は約6割に跳ね上がります。

日本における外国投資の奇妙な例として、震災の際に日本に資金が集まるという特徴があります。

一般的に震災はその国から資金をなくす要因となりますが、日本の場合には復興特需というものがあり、復興に際して建築事業などの需要が高まるため資本が集まるという特徴があります。”


日本経常収支n.s.a.

“経常収支n.s.a. は、指定された月の輸出入商品、サービス、金利の差額を測定します。

この指数には、純貿易収支(輸出 – 輸入)、純利益(金利、配当)、送金による支払い(外国税額など)が含まれます。

予想を上回る読みは日本円にとってプラスと見られます。

経常収支指数は、報告月中の輸出入商品、サービス、利子の支払い間の金額の差を測定します。

商品部分は月次貿易収支の数値と同じです。

予想より高い数値はJPYにとって肯定的で/強気として扱われます。

予想より低い数値はJPYにとって否定的で/弱気として扱われます。

1996年、IMFが設ける国際収支基準の改定を受けて、日本の統計も新基準に切り替わりました。

大きな変更点として、従来の基準で経常収支に含まれていた、投資用金の購入、解約や途上国への無償資金が資本収支に含まれるようになりました。”


日本商品貿易収支

“物品貿易収支は、指定された月の輸出入商品の差額を金銭的に反映しています。 ある国が輸出する以上の財を輸入すれば、貿易赤字が形成され、そうでなければ剰余があります。

指標の解釈とその日本円への影響は、GDPと現在の経済状況に左右されます。

日本の貿易収支はバブル期をはさむ1980年代から1990年代までは他国を上回る大きなプラス(黒字)を記し、この時期、世界最大の貿易黒字国だったことを示しています。

日本の貿易額は、2007年に輸出で最高額を記録しました。しかし、2009年のアメリカ「金融危機」の影響で、日本も100年に一度と言われる「世界同時不況」に遭遇し、輸出・入とも大幅な減少となりました。

日本の貿易収支は、東日本大震災・福島第一原発事故が起った2011年に天然ガスの大量輸入によってマイナスに転じて以降、マイナス幅が拡大しました。

日本は2010年代前半には貿易赤字化が目立っていますが、その後、日本円安の影響で貿易赤字は大きく縮小し、黒字転換したが目立っています。

2016年は資源価格が引き続き下落したことにより、直近6年ぶり貿易黒字となり、2017年も引き続き約3兆日本円の貿易黒字となりました。

日本の輸出の主力品目は、自動車や自動車の部分品、半導体等電子部品、鉄鋼です。「半導体等電子部品」の輸出は、アメリカとEU以外は中国を筆頭に台湾、香港、韓国などアジア諸国向けが中心です。
鉄鋼の輸出は、中国、タイ、韓国向けが多くを占めています。


日本外貨準備

“外貨準備高は、外国為替、金、IMFにおける準備ポジション、国の特別引出権の総額を測定します。

外貨準備高の増減の日本円に対する影響は間接的です。外貨準備高の伸びは、日本銀行の特定のインフレ目標に応じて、日本円を支持したり、圧力をかけたりする手段として役立つ可能性があります。

外貨準備とは、自国通貨の外国為替相場が急激に下落したり、自国が経済危機に陥って対外債務の支払いに窮したりする場合に備えて、政府や中央銀行があらかじめ蓄えている外貨建て資産のことです。

日本の財務省の発表によれば、財務省および日本銀行が保有する外貨準備高は、2008年2月末に初めて1兆ドルの大台を突破して過去最高水準を更新中であり、3月末時点では1兆155億ドルに達しています。

この金額は日本円換算すると約100兆日本円となり、日本のGDP(名目国内総生産)の2割に相当する巨額です。

また、日本の外貨準備高は、06年に中国に抜かれるまで、13年間にわたって「世界一」の座を占めつづけるなど、国際的にみても高水準です。”


日本調節済み経常収支

“調整された経常収支は、報告された月の輸入品と輸出品、サービスと利息の差額を測定します。この指標は季節調整されています。

外国人は国の商品や国内の債務を支払うために日本円を購入する必要があるため、期待されるより高い指標値は日本円にとってプラスと見なされます。

日本の調整後経常収支指数は、報告された月の輸出品と輸入品、サービスおよび利払いの金額の差を測定します。

商品部分は、月次の貿易収支の数値と同じです。

外国人はその国の輸出品の代金を支払うために国内通貨を購入しなければならないので、データはJPYにかなりの影響を及ぼす可能性があります。

予想より高い数値はJPYにとって正/強気として扱われます。予想より低い数値はJPYにとって負/弱気として扱われます。

経常収支は、財・サービスの輸出入額と利益の支払(輸出額から輸入額を引いた金額)の差額を測定します。
輸出統計は日本の経済成長を反映します。輸入額は内需を示します。
財の部分は貿易収支の数値と同じです。”


10年債入札

“10年債入札(JGB)は、10年国債の売り上げデータを反映しています。

政府は購入者から資金を借りるために債券(国庫)を発行します。国債の利回りは、債券を保有するトレーダーがその期間全体にわたって受け取る所得です。日本の債券は、政府に完全保護されているため、低リスクで流動性の高い資産とみなされます。

日本は国の借金を国債によって補填し、その額は1000兆日本円を超えている。この数値は世界でも最も高いものとなっています。

日本国内では、かつては一部の投資家が国債を購入していましたが、現在では財政不安によって購入が減少しています。それにより、政府は一般的な国民に対して小口で国債を買うように促しています。

利回り変動は、政府の負債状況を示すものであり、日本円金利に直接関係しています。トレーダーは、入札での証券の平均レートを以前の入札での同じ証券のレートと比較します。カレンダーに表示されている数字は、オークションされた国債の利回りを表します。

国債の満期は最大50年です。 政府は、税金で受け取る金額と、既存の債務の借り換えや資金調達のために使う金額との差を埋めるために、資金を借りるための資金を発行します。 国債の利子率は、トレーダーがその債券を全期間保有することによって受け取るリターンを表します。 すべての入札者は、最高落札価格で同じレートを受け取ります。

利回りの変動は、政府の債務状況の指標として綿密に監視されるべきです。 トレーダーは、オークションの平均レートを、同じ証券の以前のオークションのレートと比較します。”


30年債入札

“30年債入札(JGB)は30年国債の売り上げデータを反映しています。

政府は購入者から資金を借りるために債券(国庫)を発行します。国債の利回りは、債券を保有するトレーダーがその期間全体にわたって受け取る所得です。日本の債券は、政府に完全保護されているため、低リスクで流動性の高い資産とみなされます。

日本は国の借金を国債によって補填し、その額は1000兆日本円を超えている。この数値は世界でも最も高いものとなっています。

日本国内では、かつては一部の投資家が国債を購入していたが、現在では財政不安によって購入が減少しています。それにより、政府は一般的な国民に対して小口で国債を買うように促しています。

利回り変動は、政府の負債状況を示すものであり、日本円金利に直接関係しています。トレーダーは、入札での証券の平均レートを以前の入札での同じ証券のレートと比較します。カレンダーに表示されている数字は、オークションされた国債の利回りを表します。

国債の満期は最大50年です。 政府は、税金で受け取る金額と、既存の債務の借り換えや資金調達のために使う金額との差を埋めるために、資金を借りるための資金を発行します。 国債の利子率は、トレーダーがその債券を全期間保有することによって受け取るリターンを表します。 すべての入札者は、最高落札価格で同じレートを受け取ります。

利回りの変動は、政府の債務状況の指標として綿密に監視されます。トレーダーは、オークションの平均レートを、同じ証券の以前のオークションのレートと比較します。”


日本の日経サービス購買担当者景気指数

“一般にPMIサーベイは、各国の主要業種を代表し業況を適切に反映する調査対象の企業群を抽出し、景況変化の判断材料を他の景気指標よりも早いタイミングで提供しています。

また、調査対象の全ての国・地域において、同じ項目について同じ質問をされているため、他の国と比較しやすいという特徴があります。

日経製造業PMIは、日本の産業界のビジネス環境を特徴づけます。この指標は、新規注文、売上、在庫、サプライヤー、業界の見通しに関する製造会社のマネージャーの調査に基づいて毎月計算されます。

日本のGDPの大部分は工業製品の輸出で構成されているため、PMIは日本経済発展の状態と見通しを評価することができます。予測値を上回る指標値は日本円にプラスの影響を及ぼします。製造購買担当者指数(PMI)は、製造部門の購買担当者の活動レベルを測定します。

50を超える数値はセクターの拡大を示します。 50未満は縮小を示します。

購買担当マネージャは通常、自社の業績に関するデータに早期にアクセスできるため、トレーダーはこれらの調査を注意深く見ています。これは、全体的な経済業績の先行指標となる可能性があります。

予想より高い数値はJPYにとって正/強気として扱われます。予想より低い数値はJPYにとって負/弱気として扱われます。

ただし、日本円は国内の指標よりも海外の指標の影響を強く受ける傾向があります。”


日経サービスPMI

“一般にPMIサーベイは、各国の主要業種を代表し業況を適切に反映する調査対象の企業群を抽出し、景況変化の判断材料を他の景気指標よりも早いタイミングで提供しています。

また、調査対象の全ての国・地域において、同じ項目について同じ質問をされているため、他の国と比較しやすいです。

日経サービスPMIは、日本のサービス部門のビジネス環境を示します。この指標は、サービス業界の企業経営者の売上、業界内の受注額、雇用および予測についての調査に基づいて月次計算されます。

PMIは、国の経済発展における大企業の信頼を測る重要な指標の1つです。予測値を上回る指標値は日本円にプラスの影響を及ぼします。

調査機関はアジアの域内経済の各セクターを適切に示す企業群を選び、購買担当者やその他の経営幹部5000人以上から調査データを直接取得しています。

この指標は新規受注や雇用、価格などの変化を捉え、アジアの景気動向を先行して示す指標となっています。”


CFTC JPY 投機筋ポジション

“米商品先物取引委員会(CFTC)のJPY投機筋ポジション週間レポートは、市場に存在し、非商業(投機的)トレーダーによって開かれたJPYの売買ポジションの総量の差を反映しています。

このレポートには、米国の先物市場(シカゴとニューヨークの取引所)のみが含まれており、この指標は米国におけるJPYの買いポジションの総量です。

その成長は、前の週の日本円の強化を示し、将来の物価変動の予測を可能にします。

商品先物取引委員会(CFTC)の毎週の取引コミットメント(COT)レポートは、米国先物市場における「非商業的」(投機的)トレーダーの正味ポジションの内訳を提供します。

すべてのデータは、主にシカゴおよびニューヨークの先物市場に拠点を置く参加者が保有するポジションに対応しています。

トレーダーのコミットメントレポートは市場の感情を分析するための指標と考えられており、多くの投機的トレーダーはロングまたはショートポジションを取るかどうかを判断するためにデータを使用します。

このデータは、先週の火曜日のトレーダーズコミットメントを反映するために、毎週金曜日の米国東部標準時午後3時30分にリリースされています。”


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 
  • 広告 株式会社データフィード

    fxfx.work


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。(商材販売は今も昔も一切していません。)

    ツイッター
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を)

Translate »
上に戻る