*

【ZAIF】Bid=買い、Ask=売り!?

タイトルは間違っていません。

以前WEBAPIの記事で「ZAIFの取引メソッドのAskとBidが入れ違ってる?」という話をしましたが、
この件についてZAIFに問い合わせてみました。

すると
「間違ってないです。ZAIFではBid=買いで Ask=売りです。(キリ)」という旨の返信が返ってきました。

これ~、どうなんでしょうね。

確かにBidとAskはトレーダー側に立つかプロバイダ側に立つかで見方が変わる相対的なものですが、
トレーダーとしてオーダーを出すのであれば、やっぱりAsk=買い、Bid=売りだと思うのですよ。

特にFXに慣れている人にとってはかなり違和感があります。

というか、PUBLIC APIでレート取得するときは、「Askの価格>Bidの価格」にちゃんとなってるじゃないですか。

そこら辺つじつまが合っていないような気がします。(それとも勘違い?)

後になってからサイレント修正して、しらばっくれそうな気配がします。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

使用言語と方向性 仮想通貨の自動売買開発①

公開:2017/6/21 仮想通貨の自動売買プログラムを書く前に、そもそもどうやってプログラム

記事を読む

ビットコインアービトラージ取引履歴

2017年8月13日の取引履歴です。 コインチェックとZaifでアービトラージしています。

記事を読む

APIで取引所の残高を取得する 仮想通貨の自動売買開発④

公開:2017/6/21 前回はPRIVATE APIにアクセスするためのハッシュの生成でした

記事を読む

ZAIFでAPIを使ってオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑥

公開:2017/7/10 今回はWEB APIを使って取引注文を出します。 ここまではコイン

記事を読む

仮想通貨APIでコピートレード配信システムを作る

仮想通貨、暗号通貨の流行りって基本的にFXと同じ道をたどるので、 今後予想される流行の一つにコピー

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑