*

ZAIFでAPIを使ってオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑥

今回はWEB APIを使って注文を出します。
いつもはコインチェック→ZAIF,BitFlyerの順番ですが、今回はZAIFから始めます。

前回までで、それぞれの取引所のPrivate APIの”癖”というか”特性”がわかっているので、
今回はそんなに難しくありません。

ZAIFの場合は、パラメータに取引に必要なデータを追加します。

メソッド名は「trade」です。
最小注文サイズは0.0001BTCなので、結構細かく注文できます。
(現時点ではビットコインの価値からして小ロットで回せますが、今後バカ高くなったらお試しで回すのも大変ですね。)

当たり前ですが、あらかじめビットコインと円をある程度入れておいてください。

トレードはさすがに関数化しました。

上のコードのこの箇所

「逆じゃないの?」と思うのは私だけでしょうか。

FXをずっとやってきている人間からすると、
買い注文=ASK
売り注文=BID
だと思うのですが、ZAIFはなぜか逆で、
買い注文=BID
売り注文=ASK
の指定です。

これは…さすがに間違いですよね。というか他にAPI使っている人はこれに気付いて黙って放置しているのでしょうか。それとも利用者がいないのでしょうか。

謎です。

他には…特に注意点はないです。実際にトレードするのでフェイルセイフだけは忘れないようにしてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

【ビットコイン】板情報で自動売買

面倒臭がって今まで見て見ぬふりをしてきたのですが、 APIで板情報が取れるんですよね。 最近

記事を読む

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る2

BinanceのプライベートAPIにちょっと他の取引所とは違うクセがあったので、今回はそれを紹介しま

記事を読む

仮想通貨取引所のアクセス拒否との死闘と解決策

これまで取引所とさまざまな悪戦苦闘を繰り広げてきましたが、 良いアイディアが思いついたので、一回ま

記事を読む

BitFlyerに自動ログインする【UWSC】

BitFlyerは国内最大手の仮想通貨取引所とうたっていますが、取引高を第三者のサイトなどで調べると

記事を読む

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところで誤解があるようなので、アービ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑