*

「 mql4 」 一覧

MT4でマルチタスク処理

MT4/MT5は基本的にC言語ベースなのでマルチスレッドはできません。 しかし、複数のチャート上でEAを別々に稼働させられるので、 とらえ方によってはマルチタスクが可能です。 背景として

続きを見る

ティック更新よりも早い頻度で演算させる

2017/07/22 | FX自動売買開発 ,

EAというやつうは基本的にティックレートを受信する度に一回、演算する仕組みになっています。 USDJPYやEURUSDの場合は、いつでもそこそこティックがあるので、あまり気になりませんが、マイナ

続きを見る

EAにかける制限のあれこれ

良いEAができると、クレクレ厨がよってきますが、身内の人にこっそりと配布したい場合もあります。 しかし、どこから漏れるか分かりませんが、知らない間に自分のEAが出回っていた場合、身内を疑いたくはない

続きを見る

MQL4とMQL5の違い(更新中)

・OrdersTotalの扱い MQL4でのOrdersTotalはMQL5ではPositionsTotal ・OrderSendの扱い MQL4では単一の関数OrderSend、MQL

続きを見る

ここが変だよMQL5

MT5を久しぶりにちょっといじってみたので、所見(愚痴)を書かせてください。 ここが変だよMQL5 1.OrdersTotal()が意味が変わってる MT4では何かと御世話になる

続きを見る

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑧

意外と長い記事になってしまいましたが、現在のこれまでの仕様は下記のとおりです。 ・DLL、外部ソフトは必要なし ・WEBサーバーを経由しないコピーツール (同一コンピューター上に複数のコピー

続きを見る

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑦

前回は、コピー先でエントリーするところまで行ったので、今回は決済処理をします。 決済は「ファイル関数から取得した文字列に既定のトレード情報がなくなったら」決済とします。 勘の良い方はお気づきだ

続きを見る

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑥

前回は「”過去に”コピー元のトレードを持っていたか調べる関数」と「"現在"コピー元のトレードを持っているか調べる関数」を作りました。 今回はまず、それぞれのオーダー情報に対して、2つの関数を適応

続きを見る

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑤

今回は取得したコピー元のトレード情報を、現在のトレード状態と照らし合わせる作業をします。 最も容易に想定されるバグとして、何度も同じポジションを取ったり決済したりを繰り返す、というものがあり

続きを見る

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その④

前回はコピー元(配信元)のコードを書きました。(先頭の変数の宣言が含まれていないので、コピペしてもまた動かない状態です。) 今回はコピー先(受信側)のコードに入ります。 コピー先でまず

続きを見る

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その③

まずは、コピー元のプログラムを作ります。トレードを受信する側よりもかなり簡単です。 コピー先に送る情報として最低限必要なのは、通貨ペア、売り買いの方向、オーダーを識別するためのチケットナンバー

続きを見る

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その②

コピーツールを作る前に、MT4の仕様上の話をしなくてはなりません。 複数のMT4業者を利用したことがある方はご存じかと思いますが、業者によって通貨ペアの名称が若干違います。 ある業者では、

続きを見る

MT4 build1045 更新情報

1045は、windows10の新バージョンに対応したということらしいです。 Windows10でない人からしたら関係ないスモールアップデートですね。 しかし、なぜかこのアップデートで

続きを見る

意外と厄介なWebRequestのPOST

最近になってMQL4でもオンラインに接続できるようになりましたが、 WebRequestのPOSTには意外と厄介な点があります。 というのも、 WebRequestのヘルプのリファレンスが間

続きを見る

MT4のチャート上にボタンを作る

現在のMT4は結構いろいろな機能が追加されていて、 DLLや拡張ファイルを使わずに、 EA単体でボタンやフォームを作ることが可能です。 ボタンをただ表示するだけでなく、 「ボタンを押したら

続きを見る

第25回:EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる

EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる記述 これまでには決済で指値注文、逆指値注文をしてきましたが、今回はエントリーにおいて指値注文、逆指値注文を行います。これによりエントリータイミングをずら

続きを見る

第24回:iCustomでインジケータをEA化する

インジケータとiCustom 今回はインジケーターのシグナルを使って、EAを作ります。 iCustomという関数を使うと インジケータをEAのロジックに組み込むことができるようになります。

続きを見る

第23回:短時間に大量のポジションを取るリスクを排除する

ポジションの時間を制御する EAプログラミングでは思わぬバグがつきものです。 よくあることとしては短時間の間に大量にポジションをとってしまうことなどが挙げられます。 今回は短い時間に

続きを見る

第22回:チャート上にデータを表示させる

MT4のチャート上にデータを表示させる Comment()という関数を使うとビジュアルモードのバックテストの際や、 ライブトレードの際にチャート上にコメントを表示させることができます。

続きを見る

第21回:パラメータ設定で変更できる数値を作る

パラメータ変数の作り方 EAはMT4側で設定できるようにした方がユーザーフレンドリーです。 また、MT4で数値を変更できるようにすることで 数値最適化を行うことができます。 今回はこれ

続きを見る

第20回:複数のポジションを識別・判別する

口座内の異なる通貨ペア、マジックナンバーのポジションを区別する MT4では同時に異なる種類のポジションを持つことができます。 それゆえに決済の際にはどのポジションに対する条件なのかを明確にしな

続きを見る

第19回:for文で回す

MQLのfor文 プログラミングでは同じような処理を何回もしなければならないことがあります。 例えば前回のような の処理が100や1000などになると記述も変更も大変です。 for

続きを見る

第18回:配列で変数をまとめる

MQLの配列 MQLでティックチャートを使うとします。 MQLでは過去のティックチャートのデータは保存されていないので、 直近のレートを変数に保存しておく必要があります。 上記のよ

続きを見る

第17回:OrderSelectでポジションの情報を取得する

ポジションの情報を取得する 今回はすでに持っているポジション、オーダーした複数のポジションの情報を取得します。 ポジションの情報を取得するには、 どのポジションに対して情報を要求するのか宣

続きを見る

第16回:EA内で日本時間を作る

サーバー時刻のEAの演算を日本時刻にする MT4の時刻は多くの場合日本時間ではなく、 サーバーが置いてある時刻になっています。 そのため、雇用統計の時間をEAに認識させるためには時刻の修正を

続きを見る

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプログラミングを行います。 前回までのOrderSendの中に損切りと利確を入力する項目がありまし

続きを見る

第14回:MarketInfoでスプレッドを取得する

MarketInfoという情報屋 MQLではスプレッド、口座通貨、ストップレベルなどを取得する際に MarketInfo という関数を使います。 このように書くとその通貨ペアのスプレッ

続きを見る

第13回:コードに汎用性を持たせる~”USDJPY”よりSymbol()~

MT4で設定を変更ができるような記述をする これまでに様々なコードを扱いましたが、 これまでの書き方では毎回設定や数値を変更するたびに ソースコードを編集しなければなりません。 今回はな

続きを見る

第12回:消えてしまう数値を一時的に保存して利用する~変数~

変数の役割 これまでにもあまり大した説明をせずに変数を扱ってきましたが、 ここでは変数について重点的に行います。 変数には大きく分けて2種類の役割があります。 1.何度も使う数値や数式を引

続きを見る

第11回:様々な値を使う~Bid,TimeCurrent(),iOpen(Symbol(),0,0)~

MQLで使える数値を引き出す MQLでは様々な値を簡単な記述で参照することができます。 例えば、 BidやAskはこのままで現在のレートを出してくれます。 Bidの後に()は必要ありま

続きを見る

第10回:テクニカル指標を使ったEA~RSIのEAを作る~

今回はテクニカル指標によるEAの一つとして、 RSIのEA を作ります。 ※実際に稼働させるEAには他にも様々な設定や記述や安全装置が必要です。 RSIを条件に入れたEAを作る

続きを見る

第9回:ロウソク足による条件を作る~3回連続で陽線になったら買うEA~

ロウソク足の記述方法 MQLにはロウソク足の4本値が標準搭載されています。 それぞれ、 という記述で表現できます。 ロウソク足の位置は現在のロウソク足を0として、 1つ前のロウソ

続きを見る

第8回:決済の記述 OrderClose

ここではポジションを決済するための記述を行います。 OrderClose OrderSendで新規ポジションを持てたように ポジションを決済することができます。 OrderClose

続きを見る

第7回:条件の書き方 == && ||

今回はif文の中の条件を記述します。 == 等しいことを条件にする A == B でAとBが等しいことを条件にできます。 これと現在の口座のポジション数を表すOrdersTotal()と

続きを見る

第6回:オーダーに条件をつける IF文

ここではオーダーを送信する前に条件文を挿入します。 条件の書き方 前回までには、「新規ポジションの送信」、「コンパイル」、「EAの生成」を行いました。 ただ、前回のままでは、短時間に大量

続きを見る

第5回:コンパイルとEAの生成

ここではソースコードからEAを生成します。 mqファイルのコンパイル ソースコードファイルはEAファイルそのものではありません。 MT4にEAとして認識させ、稼働させるには mqファイルか

続きを見る

第4回:新規ポジションを送信する記述

ここでは MQLに特有の”新規ポジションの取得” を記述していきます。 OrderSend関数 MQLにはあらかじめ決められた関数という枠組みがあります。 必要な情報を与えてやれば、

続きを見る

第3回:新規作成後に記述されているコードの意味

ここでは新規作成で現れた記述に対する解説を行います。 // と /**/ と コメントアウト プログラミングではどのような記述を行っているのか頻繁にメモ書きをします。 これはメイン動

続きを見る

第2回:EAの新規作成

新規作成 メタエディタから「New」(新規作成)をクリックしてください。 するとこれから何を作るのかを聞いてきますので、 Experet Adviserを選択します。 「次へ」

続きを見る

第1回:EA開発の前準備~エディタソフトの確認~

メタエディタの準備 EAを開発するにはMT4に付属しているメタエディタというソフトを使います。 MT4をインストールすればセットでついてくるので、 新しくダウンロードする必要はありません

続きを見る

第0回:プログラミングの基本ルールと心が折れないための心得

プログラミングにはどの言語にも基本的に共通したルールがあります。 ルール1 入力は半角英数字 プログラミングでは基本的に半角英数字で入力を行ってください。 日本語全角入力ができるVBAな

続きを見る

  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
質問回答コラム

Q. 管理人さん自身はEAで運用しているのですか A.  して

【MT5】MACD, ストキャスティクス, モメンタムEA(配布)

GBPUSD 2018/1/1~2018/12/31 H2

【MT5】 3通貨相関アービトラージEA(無料プレゼント)

EUR, GBP, USD の3通貨の相関を利用したさや取りトレード

no image
仮想通貨対応マーチンゲールEA(無料配布)

USDJPY 2018/1/1~2018/12/31 Spread:

最適化なしで勝率98.31%()のトレードシステム【あげます】

GBPUSD D1 Spread:2 2018/1/1~2018/1

→もっと見る

PAGE TOP ↑