新しいMetaTrader 5プラットフォームビルド2485:MQL5におけるiCustomの改善と全体的な最適化

公開日: : メタクォーツ最新情報

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。

MetaTrader 5プラットフォームのアップデートは、2020年6月5日金曜日にリリースされます。

市場で製品を再コンパイルする

マーケットで製品を公開するプログラマには、新しいプラットフォームバージョンを使用してファイルを再コンパイルし、更新されたファイルをマーケットにアップロードすることをお勧めします。現在のバージョンはMQL5の新しいLLVMコンパイラバージョンへの切り替えに関する重要な修正を提供します。エラーはプログラムの実行に悪影響を与える可能性があるため、ファイルを再コンパイルすることをお勧めします。

新しいバージョンには、次の変更点があります。

  1. ターミナル: カスタム金融商品用に最適化され、大幅に高速化されたバー履歴編集。この改善は、 CustomRatesUpdate関数にも関係してます。
  2. ターミナル:カスタムシンボル設定のJSONファイルへのエクスポートが修正されました。
  3. MQL5:このバージョンは、iCustomを介して修正されたカスタムインジケーター読み込みアルゴリズムを備えています。

    カスタムインジケーター名の前にバックスラッシュ「\」が示されている場合、EXLインジケーターファイルはMQL5ルートフォルダーを基準にして検索されます。したがって、iCustom(Symbol()、Period()、 “\ FirstIndicator” …)の呼び出しの場合、インジケーターはMQL5 \ FirstI ndicator.ex5としてロードされます。このパスでファイルが見つからない場合、エラー4802(ERR_INDICATOR_CANNOT_CREATE)が返されます。

    パスがバックスラッシュ「\」で始まらない場合、インジケーターは次の一連のアクションに基づいて検索およびロードされます。

    • EX5ファイルは、呼び出し元プログラムのEX5と同じフォルダーで検索されます。たとえば、CrossMA.EX5エキスパートアドバイザーはMQL5 \ Experts \ MyExpertsにあります。次の呼び出しが含まれています:iCustom(Symbol()、Period()、 “SecondIndicator” …)。この場合、指標はMQL5 \ Experts \ MyExperts \ SecondIndicator.ex5で検索されます。
    • インディケーターが見つからない場合、インディケータールートディレクトリMQL5 \ Indicatorsに関連する検索が実行されます。したがって、ファイルMQL5 \ Indicators \ SecondIndicator.ex5が検索されます。インジケーターが見つからない場合、関数はINVALID_HANDLEを返し、エラー4802 ERR_INDICATOR_CANNOT_CREATE)が発生します。

    インジケーターパスがMyIndicators \ ThirdIndicatorなどのサブディレクトリに設定されている場合、検索は呼び出し元プログラムのフォルダー(エキスパートアドバイザーはMQL5 \ Experts \ MyExpertsフォルダーにあります)の次のパスで開始されます:MQL5 \ Experts \ MyExperts \ MyIndicators \ ThirdIndicator.ex5。失敗した場合、ファイルMQL5 \ Indicators \ MyIndicators \ ThirdIndicator.ex5が検索されます。パス区切り文字は、二重のバックスラッシュ「\\」として指定する必要があることに注意してください。例:iCustom(Symbol()、Period()、 “MyIndicators \\ ThirdIndicator” …)

    また、プログラムコードでiCustomを介したカスタムインジケーターの呼び出しが見つかった場合、コンパイラーは、「#property tester_indicator XXX」ディレクティブが指定されていない場合、暗黙的に追加します。

  4. MQL5:取引と注文の履歴をリクエストでき るようにする、最適化され大幅に高速化されたHistorySelect関数。
  5. MQL5: CopyTicksRange関数を介したティックリクエストで時々発生するエラーを修正しました。エラーにより、範囲の開始時刻が指定された時刻ではなく、その日の開始日に設定されました。
  6. MQL5: アラート機能によるアラートの最適化され、大幅に高速化された表示。
  7. MQL5:シンボルの最後のティック時間(ミリ秒)の新しいプロパティSYMBOL_TIME_MSC。プロパティは、 SymbolInfoInteger関数を使用して取得できます。
  8. クラッシュログで報告されるエラーを修正しました。

新しいバージョンは、Live Updateシステム ら入手できます。




原文:

The MetaTrader 5 platform update will be released on Friday, June the 5th, 2020.

Recompile your products in the Market

We urge the programmers who publish their products in the Market to recompile files using the new platform version and to upload the updated files into the Market. The current version provides important fixes concerning switch to the new LLVM compiler version in MQL5. The errors can negatively affect the execution of programs and we therefore recommend recompiling your files.

The new version features the following changes:

  1. Terminal: Optimized and significantly accelerated bar history editing for custom financial instruments. The improvement also concerns the CustomRatesUpdate function.
  2. Terminal: Fixed exporting of custom symbol settings to a JSON file.
  3. MQL5: This version features a revised custom indicator loading algorithm via iCustom.

    If the backslash ‘\’ is indicated before the custom indicator name, the EX5 indicator file is searched relative to the MQL5 root folder. So, for a call of iCustom(Symbol(), Period(), “\FirstIndicator”…), the indicator will be loaded as MQL5\FirstIndicator.ex5. If the file is not found at this path, error 4802 (ERR_INDICATOR_CANNOT_CREATE) is returned.

    If the path does not start with a backslash ‘\’, the indicator is searched and loaded based on the following sequence of actions:

    • The EX5 file is searched in the same folder, where the caller program’s EX5 is located. For example, the CrossMA.EX5 Expert Advisor is located at MQL5\Experts\MyExperts. It contains the following call: iCustom(Symbol(), Period(), “SecondIndicator”…). In this case, the indicator is searched at MQL5\Experts\MyExperts\SecondIndicator.ex5.
    • If the indicator is not found, a search relative to the Indicators root directory is performed: MQL5\Indicators. Thus, file MQL5\Indicators\SecondIndicator.ex5 is searched. If the indicator is not found, the function returns INVALID_HANDLE and error 4802 (ERR_INDICATOR_CANNOT_CREATE) is raised.

    If the indicator path is set in a subdirectory such as MyIndicators\ThirdIndicator, the search starts in the folder of the calling program (the Expert Advisor is located in the folder MQL5\Experts\MyExperts) at the following path: MQL5\Experts\MyExperts\MyIndicators\ThirdIndicator.ex5. In case of failure, file MQL5\Indicators\MyIndicators\ThirdIndicator.ex5 is searched. Please note that the path separator should be specified as a double backslash ‘\\’. For example: iCustom(Symbol(), Period(), “MyIndicators\\ThirdIndicator”…)

    Also, if a custom indicator call via iCustom is found in the program code, the compiler will implicitly add the “#property tester_indicator XXX” directive if it is not specified.

  4. MQL5: Optimized and significantly accelerated HistorySelect function, which allows requesting the history of deals and orders.
  5. MQL5: Fixed an occasional error in tick requesting via the CopyTicksRange function. The error caused the range beginning to be set to the day beginning rather than to the specified time.
  6. MQL5: Optimized and significantly accelerated display of alerts via the Alert function.
  7. MQL5: New property SYMBOL_TIME_MSC for the symbol’s last tick time in milliseconds. The property can be obtained using the SymbolInfoInteger function.
  8. Fixed errors reported in crash logs.

The new version will be available through the Live Update system.

参照URL:https://www.mql5.com/en/forum/342948

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

トラデイズ経済カレンダーは南アフリカを特集

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &

記事を読む

no image

新しいMetaTrader 5プラットフォームビルド2470

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 MetaTrad

記事を読む

MetaTrader VPSインフラストラクチャを改善し、データセンターのネットワークを拡大しました

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

no image

32ビットバージョンのサポートは、次のMetaTrader 5アップデートで終了します

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &

記事を読む

no image

新しいMetaTrader 5ビルド2360:SQLite統合の拡張

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 MetaTrad

記事を読む

 

Translate »
上に戻る