*

APIでアービトラージのためのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発

Originally posted 2018-06-14 22:23:58.

公開:2017/7/11

今回は業者間アービトラージに向け、PUBLIC APIで取得したデータからbidとaskを抽出し、それぞれを比較します。
Private APIに比べると超簡単です。

WEB APIで取得したデータはJSON形式で返ってくるので、(いらない情報てんこ盛りで)、必要な情報だけを連想配列に格納します。

あとはこれをPHP上で比較するだけです。

ひとつ注意しなければならないのは、PUBLIC APIの取得に失敗すると、それぞれの値が0になってしまう可能性があるということです。

比較する場合は、その前に0ではないこと(取得に成功していること)を条件に入れましょう。

また、例ではメッセージを表示するだけですが、PHPなのでメール送信が可能です。

 

単位時間当たりの大量取引を防ぐ

お察しの通り、これだけの条件文では、ある一定時間に大量にトレードする可能性が発生します。

EA(為替の自動売買プログラム)の場合、public変数やグローバル変数で、「前にトレードした時刻」を記録することが可能ですが、PHPの場合、基本的にアクセスする度にデータは消えてしまいます。

ではどうするかというと、会員制サイトでよく使う”セッション”を使います。

アクセスする元のIPが常に一緒であるからこそ、できる方法です。もしPHPの起動方法がDDosチックなやり方の場合、この手法は使えません。(そんな人いないか)

つまり、
ローカルPCのブラウザ → PHPサーバー → 各取引所APIサーバー
という図式です。

PHPをXAMPPなどでローカルで稼働させ、UWSCか何かで連打する方法もありだと思います。

私は海外VPS(仮想デスクトップ)が一つ余っているので、上の方法をとりますが、将来的に自動売買させて放置するのであればVPS上でやるのが一番いいと思います。

(VPSは余力がある場合にレンタルすればOKです。)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

関連記事

[API]アルトコインのアービトラージの作り方[Poloniex Binance]

国内の取引所のAPIではアルトコインのアービトラージができない たまに「アルトコインの自動アービト

記事を読む

サーバー上で稼働するタイプの自動売買システムをローカルPCで稼働させる方法

これまで開発したビットコインの自動売買では、 ローカルPC -> PHPサーバー -> 取引所サー

記事を読む

[仮想通貨API]IP制限の上限を超えてアクセスするやり方(プロキシ)

APIアクセス制限には、APIキーベースのものとIPアドレスベースのものがありますが、ここではIPア

記事を読む

bitFlyerのAPIの使い方[PHP]と注意事項

APIを使ってbitFlyerからレートを取得したり、残高を確認したり、オーダーを出す方法まとめです

記事を読む

コインチェックのAPIの使い方[PHP] 仮想通貨の自動売買開発

公開:2017/6/21 PHPプログラマと言っても、いろいろな分野の人がいるわけで、WEB系だか

記事を読む

 
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を) 4000文字未満のトピックや話題はツイッターで発信しています。
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

Translate »
ページトップへ