*

市販のインジケーターをEA化する 実践編

何年か前に「iCustomを使ってインジケーターをEA化する」という記事を書いたのですが、意外とアクセスがあるようなので、今回は実践編として続きをします。

前回はMT4に標準搭載されているZIGZAGを対象のインジケーターとして使いましたが、今回は市販のインジケーターでよくあるパターンでやってみます。

具体的には、
・インジケーターのexファイルはあるが、mqファイルはない
・チャート上にセットすると買いと売りのサインがでる
という設定です。

とりあえず今回は一番よくある簡単なパターンを解説します。
bandicam 2017-12-22 11-22-00-024

まず、このインジケーターがどのような挙動をするかを把握する必要があります。
・矢印はバッファに値が入っているのか否か(カーソルを合わせたときに数字が出るか否か)
・リペイントはするのかどうか
・現在足でサインがでることはあるか(その場合消えるかどうか)

まずは、てきとうにEAファイルを作ってインジケーターの挙動をざっくり調べます。

このコードはインジケーターの挙動を調べるための”ざっくりとした”コードです。調べる対象のインジケーター名をArrowIndicatorと入れ替えてください。拡張子はあってもなくても大丈夫です。

括弧の前の数字は最新のロウソク足の右からの順番(現在足は0)
その左の数字はバッファを表します。

バッファというのはインジケーターを開発する際に線とかヒストグラムを描画する際に使うもので、バッファに数字を入れてバッファの描画タイプを指定することでチャートに表示させています。

後はこれをコンパイルして、
・ストラテジーテスターで
・ヴィジュアルモードで
・対象のインジケーターをチャートにセットした状態で
テストを行います。

bandicam 2017-12-22 11-27-55-699

すると、ちょっと見にくいですが、一つ前の足に矢印があるとき、{2 1} に値が入っていることが分かります。矢印がないときには0として表示されるので、「上向きの矢印があるときにはそのレートがバッファに反映される」ということがわかります。

同じように上向きの矢印は{3 1}に値が入ることがわかります。

つまり
上向きの矢印がでる = バッファ2が0でない(そのときのレートが入る)
下向きの矢印がでる = バッファ3が0でない(そのときのレートが入る)
ということが分かります。

ちなみに、チャート上の上向きの矢印にカーソルを合わせたときに「Value3:111.429」とでますが、実際のバッファ指定の際には0スタートのため、1ずれて2番になります。

具体的に言うと、
iCustom(Symbol(),Period(),”ArrowIndicator”,2,1) <- こっちが上向き矢印
iCustom(Symbol(),Period(),”ArrowIndicator”,3,1) <- こっちが下向き矢印
(バッファは0スタートなので1ずれる)

あとは、これを条件に式を作ればいいだけなので、

※オーダー処理については「EA開発講座」を参照してください。

実際には特定の条件下で変な挙動をするインジケーターなどもあるので、もう少し慎重に調べ上げてから実装するのが賢明です。

また、このインジケーターは現在足ではリペイントを行うので、確定足でコーディングした方が良いパターンでした。

この他にも
”バッファを一切使わずにオブジェクトで矢印を表示するインジケーターや
”過去10本以上さかのぼってリンペイントするインジケーター”
などいろいろありますので、その都度試してみてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る1

以前、DLLなしで動くコピートレードツールを連載しましたが、 今回はサーバを経由するコピートレード

記事を読む

TradeStationでFXをやるとティックチャートとレンコン足が使える

FXをやるなら、専門特化したMetaTraderが総合点では圧倒的に高いと思います。 しかし、部分

記事を読む

購入したEAは基本的には編集・改造できません

タイトルですべて終わっているのですが、 こういった問い合わせが多いので一応記事にします。 F

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑥

前回は「”過去に”コピー元のトレードを持っていたか調べる関数」と「"現在"コピー元のトレードを持って

記事を読む

EAとデコンパイル(デコーダー)

にわかには信じがたい話ですが、 かつてのEAをデコンパイルすることができました。 ちなみに、

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑