*

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る6

前回までの内容でサーバを経由するコピートレードツールは
(ある程度MQLとPHPがわかっていれば)できると思います。

さすがに全部コピペでできてしまうようにすると、
いろいろなところからお叱りのメールをいただくので、勘弁してください。

さて、
サーバを経由させる場合、これまでにないような問題に直面することがあります。

一つ目は、
・サーバが高頻度のティック更新によるWEBアクセスをDosと勘違いしてしまい、アクセス拒否になる

これはWEBアクセスの頻度を下げるか、サーバーを自分で構築して、
同一IPからの大量アクセスをOKにするか、複数のプロキシを経由するしかありません。

二つ目は、
・MetaTraderからのWEBアクセスはセッションもクッキーも使えない
ということです。

つまり「前回のアクセスから何秒以内は処理しない」といった処理はPHP側ではできないので、
データベースで処理するか、MQL側で処理させなければいけません。

三つ目は、
・ユーザーが増えるとサーバーがダウンする可能性がある

強固なサーバーを使うしかないですね。ただ、PHPの処理自体はシンプルなので、仮想通貨の自動売買のようにパンクするということはなく、だいぶ耐えると思います。

これだけ問題もありますが、
恩恵は余りあるくらい大きいので、十分やってみる価値はあると保証できます。

特にシグナルやMAMだと、いろいろと国内では問題がありますが、
“EA”として売り切りで販売すれば問題はないので、そういったところもクリアできると思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑦

前回は、コピー先でエントリーするところまで行ったので、今回は決済処理をします。 決済は「ファイル関

記事を読む

市販のインジケーターをEA化する 実践編

何年か前に「iCustomを使ってインジケーターをEA化する」という記事を書いたのですが、意外とアク

記事を読む

cTraderとjForexとMT4

FXのプラットフォームと言えば、MT4が一強ですが、 マイナー向けのプラットフォームもわずかながら

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その②

コピーツールを作る前に、MT4の仕様上の話をしなくてはなりません。 複数のMT4業者を利用した

記事を読む

週明け窓埋めロジックってどうなの?

FXの中でも有名なトレード手法として、 窓埋めロジックというものがあります。 株の場合は、窓

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑