*

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る6

前回までの内容でサーバを経由するコピートレードツールは
(ある程度MQLとPHPがわかっていれば)できると思います。

さすがに全部コピペでできてしまうようにすると、
いろいろなところからお叱りのメールをいただくので、勘弁してください。

さて、
サーバを経由させる場合、これまでにないような問題に直面することがあります。

一つ目は、
・サーバが高頻度のティック更新によるWEBアクセスをDosと勘違いしてしまい、アクセス拒否になる

これはWEBアクセスの頻度を下げるか、サーバーを自分で構築して、
同一IPからの大量アクセスをOKにするか、複数のプロキシを経由するしかありません。

二つ目は、
・MetaTraderからのWEBアクセスはセッションもクッキーも使えない
ということです。

つまり「前回のアクセスから何秒以内は処理しない」といった処理はPHP側ではできないので、
データベースで処理するか、MQL側で処理させなければいけません。

三つ目は、
・ユーザーが増えるとサーバーがダウンする可能性がある

強固なサーバーを使うしかないですね。ただ、PHPの処理自体はシンプルなので、仮想通貨の自動売買のようにパンクするということはなく、だいぶ耐えると思います。

これだけ問題もありますが、
恩恵は余りあるくらい大きいので、十分やってみる価値はあると保証できます。

特にシグナルやMAMだと、いろいろと国内では問題がありますが、
“EA”として売り切りで販売すれば問題はないので、そういったところもクリアできると思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第24回:iCustomでインジケータをEA化する

インジケータとiCustom 今回はインジケーターのシグナルを使って、EAを作ります。 iC

記事を読む

第12回:消えてしまう数値を一時的に保存して利用する~変数~

変数の役割 これまでにもあまり大した説明をせずに変数を扱ってきましたが、 ここでは変数について重

記事を読む

合成通貨アービトラージEA

まず合成通貨のパターンを構成する通貨を選択します。 どんなに採用通貨ペアが少ないFX業者でも利

記事を読む

第20回:複数のポジションを識別・判別する

口座内の異なる通貨ペア、マジックナンバーのポジションを区別する MT4では同時に異なる種類のポジシ

記事を読む

意外と厄介なWebRequestのPOST

最近になってMQL4でもオンラインに接続できるようになりましたが、 WebRequestのPOST

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取

→もっと見る

PAGE TOP ↑