*

独自のビットコイン決済システムを作って手数料を0%にするやり方

オンラインショッピングなんかをやっているとビットコインで決済できた方が便利なことがあります。
paypalがその世界では有名ですが、disputeやアカバンされたときに面倒だったりします。

国内ではコインチェックやbitFlyerが店舗向けビットコイン決済導入サービスをやっていますが、決済手数料が1%かかります。

売上が100万だとすれば1万取られる計算です。良い商売ですね。

本来ブロックチェーンを使ったビットコイン決済は送金手数料以外にお金がかかるものではないので、独自開発すればその1%を節約することが可能です。

blockchain.infoのAPIを使えば、自動支払いシステムを無料で実装できます。

ドキュメントについては下記をご覧ください。
https://blockchain.info/api/api_receive

■大まかなやり方
まずblockchain.infoのアカウントを作成します。

APIキーとxpubを取得します。
APIキーはアカウントを紐づけるために必要で、
xpubは複数のビットコインアドレスを生成するために必要です。

これらの取得には申請から数日かかるので、
早めに申請だけしておいても損はありません。
(なんてったってタダだから)


実装します

実装の中身は、
・支払ページ兼APIをたたくページ
・支払があった場合にリダイレクトされて呼び出すページ
この二つだけで実装できます。

この手のAPIにしてはかなり簡単かつ便利です。
しかも支払ページからAPIをたたく際に適当にGETデータを入れると、
リダイレクトページでそのパラメータを受け取ることができます。

つまり、お客さんの詳細情報が欲しければ、
それをhtmlのformで取得し、APIにGETパラメータで渡せば、
住所、氏名、年齢、性別、メールアドレスなどの個人情報の取得もできます。

さて、問題の実装方法ですが、

これでAPIの呼び出し、及び一時的なビットコインアドレスの取得ができます。

注:Youtubeにblockchain.infoで自動支払を実装する動画がありますが、
あれは2015年のときのものなので、現在は使えません。apiアドレスが変わっています。

リダイレクトのページは同じように実装できます。

受け取ったビットコインはなぜかsatoshi単位なので、
最後に100000000で割る必要があります。

理由は謎です。



(アドレスがちゃんと自動生成されています)

これで利用者ごとに自動で受け取り用ビットコインアドレスが生成され、自動的に自分のアカウントにビットコインが送金されます。履歴も確認できますし、コールバックのメールで確認もできます。

流れとしては、
お客さんがフォーム入力する

そのフォームを元にビットコインアドレスが生成される

お客さんがビットコインを送金する

blockchain.infoにビットコインが入る

ビットコインの送金(認証中でもOK)をフラグにして、blockchain.infoからパラメータ付のコールバックPHPファイルが呼び出される

コールバックPHPファイルから管理者宛、お客さん宛にメールが届く

という形です。

QRコードを表示するのはてきとうにjqueryを使えばいいと思います。全角のQRを生成できるjqueryはなかなかないですが、今回はすべて半角なので簡単に見つかると思います。

あとはコールされたときに、自動メール送信するようにすれば、
管理人もチェックしやすいですし、ダウンロードコンテンツの自動配信も可能です。

現在すべて半角英数で実装しているので、全角でGETパラメータを渡すとどうなるかは不明ですが、
とりあえずurlエンコードした方が無難だとは思います。

それでもダメな場合は、ローマ字などで名前を入力してもらうしかないかもしれません。
(2つのページで暗号化するという荒業もありますが・・・)

たったこれだけでQRコードを使った独自の決済システムが実装できます。売上規模が大きい場合は手数料も大きくなるので、ぜひ実装してみてください。

ちなみに、ビットコイン決済の場合、基本的に定期支払というものはできません。これは世界共通でビットコインの性質に由来しています。

今後ビットコインの自動定期支払サービスが出てくると思いますが、間に業者を挟む形になるので、結局paypalと変わらない不便さが出てくると思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

エストニアの電子住民のメリットと取得方法

知ってる方も多いと思いますが、エストニアではe-residencyという電子住民制度があります。

記事を読む

bitFlyerx信用取引x成行注文での取引所のバグ

前々から気になっていたのですが、 bitFlyerは信用取引時に変な挙動をすることが多々ありました

記事を読む

仮想通貨取引所のサーバーの場所(自動売買の最適なロケーションは?)

FXの世界ではそれぞれのブローカーのサーバーがどこにあるかを調べて、 それに対して最も近いデータセ

記事を読む

blockchain.infoの裏サイトがあるって知ってた?

仮想通貨業界の人なら知らない人はいないblockchain.infoというサイトがありますが、 こ

記事を読む

BinanceとPoloniexのBTCアービトラージシステム 取引結果

システムはできたので実際に稼働させてみました。 レート差(bid-ask)10USD以上でアービト

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑨

このシリーズは前回の投稿から1年以上あいている訳ですが、結構問い合わせ

no image
【一覧】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その1

no image
スマホから稼働中のEAを操作、チェックするアイディア【RDP以外で】

自動売買システムはVPSなどに設置することで24時間稼働させられますが

no image
【初心者向け】VPSでWebサーバー構築 (さくらVPSxUbuntu16.04)

今回はサーバーの構築について扱ってみようと思います。VPSを使った一般

no image
2018年中盤~の仮想通貨(ビットコイン)アービトラージの相場について

ちょくちょく「最近、ビットコインのアービトラージどうですか」という質問

→もっと見る

PAGE TOP ↑