*

ビットコインでアービトラージ 現物/信用どっちがいいか

一口にアービトラージといっても取引の方法には2通りあります。

1回(交換)の取引で終了する現物取引と、
2回(エントリー、決済)が必要な信用取引です。

現在どちらも検証していますが、
この二つは似ているようで全く異なる特徴を持っています。
(現物アービトラージはコインチェック、ザイフ、ビットフライヤー間)
(信用アービトラージはコインチェック、ビットフライヤー間)

現物取引の場合、レート差は1000円~3000円くらいまで広がり、
その後数分から数十分後にレートが閉じることが多いです。

しかし、板が薄い場合成行注文だとオーダーが分割されて、
実質的な約定レートが結構不利になることがあります。
(大きなロットは取引できない)

ちなみに指値注文にすると片方の取引所だけ
オーダーがペンディングのまま、約定しない可能性があります。

一方、信用取引の場合、レート差は20000円近くまで広がりますが、
レートが閉じることはありません。(いっても4000円くらい)

そのため、レート差が8000円以上になったらエントリー
レート差が5000円以内になったら決済
のような処理が必要です。

※現物のBTCレートと信用のBTCレートは全く別物です。

少ない運用資金でもレバレッジをかけられるのが信用取引ですが、
エントリー後にレート差が開きすぎると強制的に損切り決済になってしまう可能性も0ではありません。

ビットフライヤーの現物レートと信用レートに1万円以上に乖離があることが
諸悪の根源のような気もするのですが、
レートの上下だけ気にするトレーダーたちにとって問題にならないのかもしれません。

まとめると、
取引量が少ない場合、放置プレイの場合は現物取引
取引量が多い場合、相場を監視できる場合は信用取引が向いていると言えると思います。
(論文で使ったら怒られそうな表現…)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る2

BinanceのプライベートAPIにちょっと他の取引所とは違うクセがあったので、今回はそれを紹介しま

記事を読む

仮想通貨APIでコピートレード配信システムを作る

仮想通貨、暗号通貨の流行りって基本的にFXと同じ道をたどるので、 今後予想される流行の一つにコピー

記事を読む

How to create BTC trading systems with bitFlyer’s API(get rate, account info and trade)

As you may know, bitFlyer is one of the most popul

記事を読む

MT4でビットコインの自動売買と過去検証

ビットコインチャートを表示できるMT4業者が増えてきたということですが、 現物でアービトラージをす

記事を読む

コインチェックAPIで信用取引

コインチェックの現物取引は買いの場合に、 ビットコインではなく、円で指定しなければならないという謎

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑