*

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10

「Private apiでそれぞれの取引所の癖がわかったので、取引のリクエストは簡単なはず」

そう思っていた時期が私にもありました。
しかし、ここからいろいろと苦戦する日々が続きました。

まず結果から言うと、
「コインチェックは、Pricate APIの残高を参照する場合はfile_get_contentsが使えるが、
取引のリクエストをするときにはCURLでないと上手くいかない。(原因は不明)」

また、
「ビットフライヤーは、残高を参照する場合はHTTPヘッダをいろいろ省いてもOKだが、
取引リクエストのときにはコンテンツタイプや文字数をちゃんと入れないといけない。」

という仕様があります。

いやー、取引所ごとに仕様が違うのは仕方ないとして、APIの内部で微妙に仕様変えるのは勘弁してください。
残高の照会で上手くいってるから、取引も同じように行くはずだと思うじゃないですか。

ここら辺、かなり手こずりました。

WEB API使おうとして、ここらで挫折した人、多いんじゃないでしょうか。

コインチェックの取引

下記はコインチェックにAPIからオーダーを出すための記述です。
アクセスキーや秘密鍵などを書き換えれば動きます。

コインチェックの最小ロットは0.005です。
また、APIでトレードできるのはビットコイン(btc_jpy)のみです。

コインチェックを使う理由としてアルトコインのバリエーションがあるのに、APIが使えるのはビットコインだけという何とも残念な結果です。

(あと、コインチェックさん、てか和田氏。ドキュメントのサイドメニュー被ってるメニューがあります。あと、PHPのライブラリ直してくださいよ。)

この後、アービトラージをする予定ですが、せっかくZAIFの最小ロットが0.0001でも、
コインチェックの最小ロットが0.005なので、アービトラージのデバッグは0.005でやらざるを得ません。

ビットフライヤーの取引コード

下記はbitFlyerにAPIでオーダーするためのプログラミングです。

ビットフライヤーの最小ロットは調べてません。0.005で大丈夫だったので、それよりは小さいと思います。コインチェックが0.005なので、それより大きくなければ問題ありません。

ZAIFとコインチェックが成行注文の際にも一応レートを提示するのに対し、ビットフライヤーでは成行注文の際にはオーダーレートを0にします。

何食わぬ顔で不利な方向に約定が滑る可能性があるので、リクエスト時のBidとAskはちゃんと控えておきましょう。

ここまでで、レートの取得、残高の表示、取引の実行が可能になりました。
後は、これらを複合させてプログラムを組み立てるだけです。

アービトラージの場合は、
レートの取得 -> レートの比較 -> レート差がある場合には取引
という流れです。

テクニカル指標を使ったトレードよりもプログラムそのものはかなり簡単です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

ZAIFがAPIの信用取引始めるって言うけれど…

今までZAIFはAPIでの信用取引ができませんでしたが、今月の上旬からできるようになったそうです。

記事を読む

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しましたが、今回は実際の取引結果をご

記事を読む

仮想通貨取引所のアクセス拒否との死闘と解決策

これまで取引所とさまざまな悪戦苦闘を繰り広げてきましたが、 良いアイディアが思いついたので、一回ま

記事を読む

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USDで実行したのですが、まったくト

記事を読む

ビットコインアービトラージシステム※ただ使いたい人用

ここまで業者間アービトラージシステムのプログラミングの考察?をしてきましたが、 中には「中身がどう

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽物、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑