*

第18回:配列で変数をまとめる

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

MQLの配列

MQLでティックチャートを使うとします。

MQLでは過去のティックチャートのデータは保存されていないので、
直近のレートを変数に保存しておく必要があります。

上記のようにすると、
新しいレートはTick1に古いレートはTick2,Tick3と格納されていきます。

もしこれが100ティック分必要になったら変数の宣言だけで大変なことになります。

※エクセルになれている人はコピペで余裕とか思うかもしれませんが、
変更があったときに大変なのです。

プログラミングでは配列という概念があります。
説明するよりも実際に見てみた方が良いでしょう。

上記のコードは配列にすると、下記のようになります。

少しだけきれいになりました。

配列とは[]を使った簡略化法のようなものです。
変数名[整数]と宣言することで、その整数分の配列が使えるようになります。

ただし、配列で使える数も0からスタートとなるので、
double Tick[10];
と宣言しても
Tick[0],Tick[1],Tick[2],Tick[3],Tick[4],Tick[5],Tick[6],Tick[7],Tick[8],Tick[9]
までしか使えません。

Tick[10]は使えないことに注意してください。
また[]内は整数しか入れられません。

[1.4]や[“bid”](連想配列)のようなことはできません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

意外と厄介なWebRequestのPOST

最近になってMQL4でもオンラインに接続できるようになりましたが、 WebRequestのPOST

記事を読む

パターン分析トレードシステムを作る

今回はMT4のファイル関数を使って、 パターン分析トレードシステムを作成します。 まずチャー

記事を読む

no image

自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮想テイクプロフィット」という概

記事を読む

EAのデコンパイルの実際とその対策

デコンパイルというのは実行ファイルからソースコードファイルを復元することで、デコードとかリバースエン

記事を読む

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプロ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の

no image
自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮

no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

→もっと見る

PAGE TOP ↑