*

第17回:OrderSelectでポジションの情報を取得する

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

ポジションの情報を取得する

今回はすでに持っているポジション、オーダーした複数のポジションの情報を取得します。

ポジションの情報を取得するには、
どのポジションに対して情報を要求するのか宣言する必要があります。

オーダーの識別はOrderSelectという関数で行います。

ポジション番号とはチケットナンバーとは異なる識別番号で、
現在持っているポジション数ー1が最大となる数のことです。

例えば、
ポジションを3つもっている場合はそれぞれのポジションに0,1,2という番号が割り振られています。

1からではなく0からなので注意してください。

※プログラミングでは数の始まりが1ではなく0からのことが多いので、
0スタートの方が当たり前という感覚にしましょう。

とすると
「現在持っているポジションのどれかをこれから参照しますよ」
という意味になります。

この宣言をすることで、

などが使えるようになります。
逆にこれらの関数はOrderSelectを使った後でないと使えません。

決済条件にエントリー価格を使う

今までに作ったEAはポジション数が1以上のときはエントリーしないフィルターがついていますので、
ポジション番号は常に0になります。

買いポジションを1つ持っている場合を想定して、
エントリーよりも10pips下がったら成行決済をさせます。

これでエントリー価格をOrderOpenPrice()で取得し、
決済条件に組み込むことができるようになりました。

決済条件は一つでなければならないということはないので、
現在までの決済条件に追加してみます。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る2

まず、データをサーバに送信するEAを作ります。 飛ばすトレード情報のデータは、 ・チケットナ

記事を読む

週明け窓埋めロジックってどうなの?

FXの中でも有名なトレード手法として、 窓埋めロジックというものがあります。 株の場合は、窓

記事を読む

第16回:EA内で日本時間を作る

サーバー時刻のEAの演算を日本時刻にする MT4の時刻は多くの場合日本時間ではなく、 サーバーが

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その④

前回はコピー元のコードを書きました。(先頭の変数の宣言が含まれていないので、コピペしてもまた動かない

記事を読む

EA、インジケーターに有効期限をつける

EAやインジケーターをお試しで使ってもらい 気に入ってもらったら購入してもらうというビジネスモデル

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の

no image
自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮

no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

→もっと見る

PAGE TOP ↑