*

第17回:OrderSelectでポジションの情報を取得する

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

ポジションの情報を取得する

今回はすでに持っているポジション、オーダーした複数のポジションの情報を取得します。

ポジションの情報を取得するには、
どのポジションに対して情報を要求するのか宣言する必要があります。

オーダーの識別はOrderSelectという関数で行います。

ポジション番号とはチケットナンバーとは異なる識別番号で、
現在持っているポジション数ー1が最大となる数のことです。

例えば、
ポジションを3つもっている場合はそれぞれのポジションに0,1,2という番号が割り振られています。

1からではなく0からなので注意してください。

※プログラミングでは数の始まりが1ではなく0からのことが多いので、
0スタートの方が当たり前という感覚にしましょう。

とすると
「現在持っているポジションのどれかをこれから参照しますよ」
という意味になります。

この宣言をすることで、

などが使えるようになります。
逆にこれらの関数はOrderSelectを使った後でないと使えません。

決済条件にエントリー価格を使う

今までに作ったEAはポジション数が1以上のときはエントリーしないフィルターがついていますので、
ポジション番号は常に0になります。

買いポジションを1つ持っている場合を想定して、
エントリーよりも10pips下がったら成行決済をさせます。

これでエントリー価格をOrderOpenPrice()で取得し、
決済条件に組み込むことができるようになりました。

決済条件は一つでなければならないということはないので、
現在までの決済条件に追加してみます。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプロ

記事を読む

第2回:EAの新規作成

新規作成 メタエディタから「New」(新規作成)をクリックしてください。 するとこれから何を

記事を読む

第25回:EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる

EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる記述 これまでには決済で指値注文、逆指値注文をしてきま

記事を読む

トレード専用サーバーが普通のサーバーと違うところ

よく「トレード専用のサーバーがどうたらこうたら~」と言いますが、 具体的に何が違うのかをはっきり知

記事を読む

第11回:様々な値を使う~Bid,TimeCurrent(),iOpen(Symbol(),0,0)~

MQLで使える数値を引き出す MQLでは様々な値を簡単な記述で参照することができます。 例え

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取

→もっと見る

PAGE TOP ↑