*

APIで取引所のレートを取得する 仮想通貨の自動売買開発②

公開:2017/6/21

PHPプログラマと言っても、いろいろな分野の人がいるわけで、WEB系だからと言ってWEB APIがいじれるという訳ではないような気がしています。

前回は「なぜ自力でPHPでWEB APIをいじるのか」という話で終わってしまったので、
ここからは実際のプログラミングの話をします。

これはコインチェックのパブリックAPIにPHPでアクセスするためのコードです。こいつは現在のティック(現在レート)を吐き出します。欲しいデータに合わせてURLの最後の方を変更してください。どう変更するかはコインチェックのAPIのドキュメントに書かれています。

PUBLIC APIは非常に単純で、要するに

”ただアクセスすれば値を返すよ”

という状態です。おっぴろげです。

そのため、API KEY(認証に必要なパスワードのようなもの)も必要ありません。

ただし、値はJSON形式で返ってくるので、PHPで処理するには連想配列に格納します。

これで先ほどのデータでは、BidやらAskやらいろいろとデータが入っていましたが、
これでBidだけを取り出せます。

これを再帰的に繰り返せば、現在レートを表示するプログラムやWEBサイトが出来上がるわけですが、各取引所にはAPIのアクセス上限があります。

1秒間に何回もアクセスするようなことをすると、取引所サーバーがDos攻撃と判断してアクセスできなくなってしまうので注意が必要です。アクセス上限は年々厳しくなっているので、厳しくなることを想定して開発することをオススメします。

例えば、現在の取引所のレートを表示するWEBサイトなんかを作ろうとした場合、上記のPUBLIC APIを入れてしまうと、サイト閲覧者が来るたびに取引所サーバーにアクセスしてしまうので、閲覧者が一定数を超えた段階で表示されなくなるでしょう。

(単位時間当たりに取引所サーバーにアクセスする回数を制限し、自前のサーバーのデータベースにレート情報を入れてそこから表示するというのが落としどころだと思います。)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

使用言語と方向性 仮想通貨の自動売買開発①

公開:2017/6/21 仮想通貨の自動売買プログラムを書く前に、そもそもどうやってプログラム

記事を読む

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る5

今までAPIを使ったトレードシステムを作るときには、オーダーとレート取得ができれば後の枠組みは解説し

記事を読む

仮想通貨取引所のアクセス拒否との死闘と解決策

これまで取引所とさまざまな悪戦苦闘を繰り広げてきましたが、 良いアイディアが思いついたので、一回ま

記事を読む

ビットコイントレードができるMT4/MT5業者

前に調べたときは1社くらいしかヒットしなかったのですが、 知らぬ間に結構取り扱ってくれている業者が

記事を読む

APIでZAIFとbitFlyerのアカウント情報を取得する 仮想通貨の自動売買開発⑤

公開:2017/7/2 さて、そろそろ他の取引所のAPIも触っていきます。 ビットフライ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑