*

EAと口座認証

EAを第3者に渡すとき、何かしらの制限をかけておかないと、
コピーされてしまう可能性があります。

制限がなしEAの場合、コピーされれば、
知らぬ間にいろいろなところで使われてしまいます。

そうなると、エッジが消失し(トレードロジックの優位性)
EAが使い物にならなくなる可能性も0%ではありません。

そこで、EAに制限をかける必要性がでてきますが、
現在では様々な方法があります。

■コンパイル時に口座番号を書き込むパターン
■WebRequestを使ってWEBサーバーに認証させるパターン

まず、
ソースコードに直接
「この口座番号、この口座名のアカウントでしか動かしませんよ」という
記述をします。

(これをOnCalculate、Startの上部に貼り付けます。)
(コードは結構適当です。)

その状態でコンパイルすると、 その指定した口座以外では、
何もしなくなります。

この方法は非常に簡単で、初心者向きですが、
利用者が多い場合や、配布先の情報が不明な場合には使えません。

■WEBサーバーに認証させるパターン

かつてMQL4にWebRequestがなかった時代、(2014年2月以前)では、
DLLを使わなければWEBサーバーにアクセスすることができませんでした。

(FTPを使えばアクセス自体はできましたが、
セキュリティの観点からは現実的ではありませんでした。)

WebRequestとは、EAからWEBにアクセスする関数で、
数行の記述で、ネットワークに接続することが可能です。

接続方法もGETとPOSTがあるので、
ログインが必要なサイトでも、ログインすることができます。

(ウェブサーバーに詳しくない方は、GETとPOSTググってね。)

てきとうにレンタルサーバーを借りて、
データベースを構築しておけば、

このWebRequestと併用することで、オンライン認証ができます。

この認証方法の場合、プログラムの組み方によっては、
サーバー側からEAを停止したり、リストを取得することができるという
非常に強力なメリットがあります。

デメリットは、
開発者がMQLとSQLとPHP(もしくはPerl)とHTMLに精通していなければならないので、
すこしハードルが高いということです。

もしどうしても、開発者がいなければ
ご相談ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4から取引所のビットコインレートを取得して比較する

今までMQLしか触ったことがない人にとって、jSONだのHASHだのが出てくるAPIの処理は荷が重か

記事を読む

PHP(サーバー)側からEAに情報を送る

以前の投稿で、EA側からサーバーにアクセスする方法について扱ったのですが、 ”逆にサーバー側か

記事を読む

第5回:コンパイルとEAの生成

ここではソースコードからEAを生成します。 mqファイルのコンパイル ソースコードファイルは

記事を読む

第24回:iCustomでインジケータをEA化する

インジケータとiCustom 今回はインジケーターのシグナルを使って、EAを作ります。 iC

記事を読む

ニューラルネットワークと自己最適化

MT4のEAから外部ライブラリALGLIBを呼び出し、 多層パーセプトロンを利用して、 自己最適

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑