*

第8回:決済の記述 OrderClose

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

ここではポジションを決済するための記述を行います。

OrderClose

OrderSendで新規ポジションを持てたように
ポジションを決済することができます。

OrderCloseは

で記述します。

日本語にすると、

という意味になります。

チケットナンバーとは、
オーダーごとの固有の識別番号のようなものです。

OrderSend関数が成功するとOrderSend関数はチケットナンバーを返します。

※○○を返す とはプログラミング用語でその値に変化することを指します。

上記のように記述すると
TicketNumberという変数に今回のオーダーのチケットナンバーが格納されます。

※変数とは、数学でいうxのように特定の文字列に数値などを代入できるもののことです。

OrderSendで受け取ったTicketNumberをOrderCloseに利用して記述します。

これでポジションの決済を行います。

OrderSendとOrderClose、IF文と関数を使ったコード

これまでの内容を元に新規ポジションと決済をまとめた記述を行います。

「ポジション数が0で、かつ、6時か18時のときに」新規ポジションを取り、
「ポジション数が1以上で、かつ7時か19時のときに」決済するEAを考えてみます。

これでポジション数が0で、かつ、6時か18時に新規ポジションを取り、
ポジション数が1以上で、かつ7時か19時に決済するというEAができあがります。

OnTick()の上部に
static int TicketNumber;
という記述を忘れずに行ってください。

これに関する説明は次回以降に行います。

ordersend_orderclose

上記のコードをコンパイルして実行すると上記のように、
短時間に大量にポジションを取るという処理が回避され、

少しEAらしいEAになります。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4チャートでバイナリーオプション(笑)

注:この記事は、MT4のチャート上でバイナリーオプションのような操作パネルを表示させるための、 開

記事を読む

no image

久しぶりにMQL4を触って違和感を覚えたこと(覚書)

ほとんどの人には関係ない記事だと思います。 開発者の方が検索してたまたま見てもらうような覚書で

記事を読む

第7回:条件の書き方 == && ||

今回はif文の中の条件を記述します。 == 等しいことを条件にする A == B でAとBが

記事を読む

第6回:オーダーに条件をつける IF文

ここではオーダーを送信する前に条件文を挿入します。 条件の書き方 前回までには、「新規ポジシ

記事を読む

第9回:ロウソク足による条件を作る~3回連続で陽線になったら買うEA~

ロウソク足の記述方法 MQLにはロウソク足の4本値が標準搭載されています。 それぞれ、

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その6

■メールサーバーの設置 ■AWSにメール用のポート開放の申請

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その5

■■FTPサーバーを入れる■■ AWSではちょっと特殊な作業が必要で

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その4

■■SSHでサーバに入る■■ いよいよサーバーに入ります。ここからの

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その3

■■SSLで接続できるようにする■■ 昨今ではいろいろな理由からSS

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その2

■(オプション)Elastic Beanstalk(インスタンスの自動

→もっと見る

PAGE TOP ↑