*

第8回:決済の記述 OrderClose

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

ここではポジションを決済するための記述を行います。

OrderClose

OrderSendで新規ポジションを持てたように
ポジションを決済することができます。

OrderCloseは

で記述します。

日本語にすると、

という意味になります。

チケットナンバーとは、
オーダーごとの固有の識別番号のようなものです。

OrderSend関数が成功するとOrderSend関数はチケットナンバーを返します。

※○○を返す とはプログラミング用語でその値に変化することを指します。

上記のように記述すると
TicketNumberという変数に今回のオーダーのチケットナンバーが格納されます。

※変数とは、数学でいうxのように特定の文字列に数値などを代入できるもののことです。

OrderSendで受け取ったTicketNumberをOrderCloseに利用して記述します。

これでポジションの決済を行います。

OrderSendとOrderClose、IF文と関数を使ったコード

これまでの内容を元に新規ポジションと決済をまとめた記述を行います。

「ポジション数が0で、かつ、6時か18時のときに」新規ポジションを取り、
「ポジション数が1以上で、かつ7時か19時のときに」決済するEAを考えてみます。

これでポジション数が0で、かつ、6時か18時に新規ポジションを取り、
ポジション数が1以上で、かつ7時か19時に決済するというEAができあがります。

OnTick()の上部に
static int TicketNumber;
という記述を忘れずに行ってください。

これに関する説明は次回以降に行います。

ordersend_orderclose

上記のコードをコンパイルして実行すると上記のように、
短時間に大量にポジションを取るという処理が回避され、

少しEAらしいEAになります。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプロ

記事を読む

第21回:パラメータ設定で変更できる数値を作る

パラメータ変数の作り方 EAはMT4側で設定できるようにした方がユーザーフレンドリーです。

記事を読む

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る3

今回はトレードを受信する方のEAを作ります。 トレードデータを送信するEAと比較すると、 ト

記事を読む

MT4のメールを複数アドレスに送るには

MT4が出すメールを複数のアドレスに送信したいときがあります。 ほとんどは"シグナルのメール通

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑧ラスト

意外と長い記事になってしまいましたが、今回でコピーツールの開発は終了です。 最後のソフトだけ欲しい

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑