*

第1回:EA開発の前準備~エディタソフトの確認~

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

メタエディタの準備

EAを開発するにはMT4に付属しているメタエディタというソフトを使います。

MT4をインストールすればセットでついてくるので、
新しくダウンロードする必要はありません。

まずMT4を立ち上げてください。
MT4はどの会社のものでも構いません。

MT4を持っていない場合は、
メタクォーツ社(http://www.metaquotes.net/en/metatrader4/trading_terminal)
からダウンロードしてください。

※匿名ブログなどでダウンロードするとウイルスを仕込まれている可能性があるため、
大元からダウンロードしましょう。

MT4を立ち上げると上部のタブに画像のようなアイコンがあります。
(バージョンにより!マークのアイコンの場合があります。)

mt4_metaeditor_place

これをクリックしてください。
すると、下記のようなウィンドウが開きます。これがメタエディタです。

metaeditor_desktop

EA開発におけるプログラミングはほぼこのソフト、
この画面で行います。

メタエディタの表示の変更

メタエディタに下準備は必要ありませんが、
見やすくするための設定を行います。
必要ないという方は飛ばしてかまいません。

メタエディタの「Tool」から「Option」を選択します。

metaeditor_tool_option

するとカラーやフォントが変更できる画面が表示されますので、
自分の好みのフォントにしてください。

カラーに関しても背景を黒、テキストを白にするとそれらしくなります。

普段利用するメモ帳やテキストエディタは背景が白ですが、長時間作業する場合、
省エネ?や目に優しい?という観点から色を反転させます。

※液晶では実は白画面よりも黒画面の方が電力を消費するそうです。
目に優しいというのも確かな根拠があるわけではないです。

metaeditor_tool_option_color

これでソフトの確認は終わりです。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第20回:複数のポジションを識別・判別する

口座内の異なる通貨ペア、マジックナンバーのポジションを区別する MT4では同時に異なる種類のポジシ

記事を読む

MT4/MT5対応のFX/仮想通貨 業者 一覧

MT4とEAが利用可能な業者一覧 .brokers{ background-col

記事を読む

EA化できないインジケーターをむりやりEA化する方法

意外と知られていないようなので、ちょっとした小ネタです。 世の中にはいろいろなインジケーターが

記事を読む

グラフの見栄えがいい利小損大モデル【EA配布】

GBPUSD 2018/1/1~2018/12/31 D1 Spread:2 PF:2.21 勝率

記事を読む

第3回:新規作成後に記述されているコードの意味

ここでは新規作成で現れた記述に対する解説を行います。 // と /**/ と コメントアウ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
質問回答コラム

Q. 管理人さん自身はEAで運用しているのですか A.  して

【MT5】MACD, ストキャスティクス, モメンタムEA(配布)

GBPUSD 2018/1/1~2018/12/31 H2

【MT5】 3通貨相関アービトラージEA(無料プレゼント)

EUR, GBP, USD の3通貨の相関を利用したさや取りトレード

no image
仮想通貨対応マーチンゲールEA(無料配布)

USDJPY 2018/1/1~2018/12/31 Spread:

最適化なしで勝率98.31%()のトレードシステム【あげます】

GBPUSD D1 Spread:2 2018/1/1~2018/1

→もっと見る

PAGE TOP ↑