*

FX用VPS選びのポイント

公開日: : VPS ,

Originally posted 2016-04-30 14:30:01.

大前提:トレード用のVPSか

VPSにはトレード用とウェブサイト用があります。

自動売買するにはトレード用のVPSでなければなりません。
ウェブサイト用のVPSは安いですが、
・障害が多い
・ネットワーク回線が遅い
というデメリットがあります。

ちなみに、日本のVPSは基本的にトレード用のVPSではありません。

サーバーの場所

FX会社のサーバーがニューヨークにあるのに、東京のVPSを借りても仕方ありません。

VPSはFX会社と同じロケーションのサーバーを選びましょう。
自分のFX会社のサーバーがどこにあるかは、
メタクオーツのサイトで分かります。

https://www.mql5.com/ja/vps

ネットワーク回線スピード~エクイニクス?~

同じ国にあるサーバーの場合、
物理的な距離が近ければ近いほど通信速度は上がります。

最も近いのは、FX会社のサーバーと同じ建物にサーバーがあるVPSです。
企業の機関投資家は取引所と同じ建物のコンピュータでトレードしています。

VPSを使えば、機関投資家と同じように、
同じ建物内のコンピューターから発注することができます。

ポイントとなるのは”エクイニクス”です。
エクニクスは、サーバーがたくさん置いてあるデータセンターを運営・管理している会社です。

まともなFX会社ならサーバーはエクイニクスのデータセンターを利用しています。

つまり、エクイニクスのサーバーのVPSを使えば、
機関投資家と同じような環境でトレードすることができます。

VPSのメモリ、容量の問題

「VPSが止まってる!?」と思ったら、メモリ不足だったり、
EAの演算量が多すぎるということがあります。

現在のPCでは最低でもメモリ4G、通常は8Gありますが、
VPSの場合、1Gしかないこともよくあります。

自前のPCではちゃんと動いているのに、
VPSではカクカクになってしまう、ということは十分に想像できます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

VPSとは?

VPSとは、 自宅のパソコンではなく、外部のサーバー上で MT4とEAを動かすための、個人用のレ

記事を読む

MetaQuotesのVPSの使い方、メリット・デメリット

トレード業界のVPSって言うと、 ・FX会社付属VPS ・Beeks ・お名前ドットコムVPS の

記事を読む

FX会社のサーバーはどこのデータセンタを使っているか

FX会社のサーバーがどこにあるかご存知でしょうか。 FX会社側が自分のサーバーがどこにあるかを公表

記事を読む

トレード用VPSを使う理由、使わない理由

「VPSって必要だな~」と思っていても値段を見て「やっぱり今度にしよう」ってなることないですか?  

記事を読む

【AWS】無料でVPSを使う方法

自動売買とVPSは切っても切り離せません。 しかし、その自動売買が本当に儲かるかどうかわからないの

記事を読む

 
  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    物を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を)


Translate »
PAGE TOP ↑