*

Windowsにログインせずにファイルを閲覧・コピーするやり方

公開日: : ホワイトハック

最近、ハック系が多いですね~

Windowsって勝手にアップデートするくせに、それで勝手にバグってOSに入れないってことが発生するんですよね。

また、今のご時世、遺族が困るものとしてパソコンとかスマホの扱いがあるらしいですね。

スマホのパターンロックだったら、スクリーンを光に反射させて指紋の軌跡とかから推測してアンロックとかできますけど、パソコンも意外と簡単です。

前置きはこの辺にして…

業者に依頼

専用業者に依頼するのが正攻法ではありますよね。何万円取られるか知りませんけど。

専用ツールを使って突破

少し前にはログイン画面をスルーするKomBootとかいうツールがありました。USBで起動するUbuntuと同じようにUSBにイメージとして保存して、USBブートで起動させるやつです。

もう最近のWindows8とかWindows10とかは突破できないと思います。

その他の最近のツールは分かりません。

Linuxのデュアルブート

デュアルブートというのは一つの物理PCに2つのOSを入れることです。

ラップトップ、デスクトップに関わらずUSBポートがあればデュアルブートが可能です。BIOSに入る方法はそれぞれハード毎に異なるので調べてください。

流れは、UbuntuをWindowsパソコンにデュアルブートで入れるのとまったく同じです。

Ubuntuをダウンロードする

USBにUbuntuを入れる

パソコンのBIOSに入る

Ubuntuを起動する

UbuntuからWindowsファイルを参照する

厳密にはログイン画面を突破しているわけではないので、UbuntuのGUI上での操作になりますが、UbuntuからでもWindowsファイルが閲覧・編集・コピーできます。

これは何年か前にWindowsアップデートでWindowsに入れなくなった際に実際にやりました。

UbuntuじゃなくてもCentOSでもKalilinuxでも大丈夫だと思います。

たぶん、UbuntuはUbuntuで、WindowsはWindowsで使う人が多く、デュアルブートする人そのものが少ないため、あまり知られていない情報なんですよね。

実は皆さんがお使いのWindowsのローカルデータのセキュリティ、ザルってレベルじゃねぇって話でした。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ネットに繋がっていなくてもビットコインアドレスを生成できる理由

ビットコインアドレスのペーパーウォレットを作る際、セキュリティの観点からオフライン環境で生成すること

記事を読む

完全匿名サイトを作るやり方

なぜ完全匿名サイトを作りたいのか、というのは今は掘り下げないでおきましょう。 日本のレンタルサーバ

記事を読む

ビットコインアドレスを大量に生成する具体的方法

ビットコインを始めるにあたって、取引所のオンラインウォレットを利用する方が多いと思いますが、オンライ

記事を読む

WordPressの管理画面にディクショナリアタックするマクロを作る

(で、でた~ さらっとヤバいタイトル書奴~) 先に言っておくと、HTTP/HTTPS通信なので反復ス

記事を読む

安全にライトコインのペーパーウォレットを作るやり方

1年位前にビットコインのペーパーウォレットの作り方を紹介しましたが、最近ライトコインが上がってきたの

記事を読む

 
  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を) 4000文字未満のトピックや話題はツイッターで発信しています。

Translate »
ページトップへ