*

合成通貨アービトラージを改善するには

公開日: : 中級者EA開発 ,

以前、横瀬様のブログにて合成通貨のアービトラージを拝見致しまして、自分なりにプログラムを書いてみたのですが、思っていた精度が出ず困っております。

横瀬様のブログでは、別の通過を経由するとの事でしたが、私は、合成通貨と、ドルストレートの組み合わせでサヤをとると言うプログラムを書いてみました。

例えば、EURJPYと、それを構築するEURUSD、USDJPYを組み合わせ、2組をレートのズレを検知すると言うプログラムです。

プログラム内では、レートのズレは確かに100point位存在するのですが発注を完了してみるとレートのズレは存在していない見たいです。

そこで原因については、
①発注スピードに問題がある
②レートのズレ自体が存在しない
③プログラム自体に問題がある
の問題点に限られと思っております。

そこで、相談なのですが、横瀬様はどれに問題があると思いますか?

 

A.

①発注スピードに問題がある

もし発注のフラグをティック到達ベースにしているのなら、この可能性は高いと思いますが、もしそうでないならあまり影響力は大きくないと思います。

もし気になるのであれば、FX会社にクロスコネクトしている(データセンター内で有線接続している)VPSを使うのがいいと思います。(Beeksとか)

.

②レートのズレ自体が存在しない

レートのズレが本当は存在していなくて、表示だけズレているケースもあると思いますが、何をもって真のレートとするかは為替の場合結構あやふやなので、難しい問題だと思います。

ただし、理論上はすべての通貨間の流通量と取引スピードが同じでなければ、ズレは必ず生じるので、ナイアガラ発生時には数pips程度のチャンスはあると思います。

.

 

③プログラム自体に問題がある

その可能性ももちろんありますね。最初から完璧なシステムはなかなか作れませんから…

個人的には、FX会社自体の要因が一番大きいと思います。特にリクイディティプロバイダを兼任しているようなFX会社と末端のホワイトレーベルのFX会社では処理も仕様も全然違うと思います。

なので、方向性としてはプログラムを改善するよりも、いろいろなFX会社を検証してみるという方が成功する確率はあがると思います。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

no image

久しぶりにMQL4を触って違和感を覚えたこと(覚書)

ほとんどの人には関係ない記事だと思います。 開発者の方が検索してたまたま見てもらうような覚書です。

記事を読む

【MT4EA】完全無敗 勝率100%のバックテストを生成するEA【ソースコードあり】

今回はバックテストで完璧な成績を出すEAを作成しました。 意味は...ありません。ただの道楽です。

記事を読む

チャート上にシダの葉を出力する(理工系あるある)

今回のフラクタルはインジケーターとしてのフラクタルではなく、理工系で使われるフラクタルの話です。  

記事を読む

合成通貨アービトラージとは ティック更新のズレにはFXシステムの穴がある

FXは通貨ペアなので、 その組み合わせは無数にあります。 例えば、ドルから円に換える場合、

記事を読む

MT4でマルチタスク処理

MT4/MT5は基本的にC言語ベースなのでマルチスレッドはできません。 しかし、複数のチャート

記事を読む

 
  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    物を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を)


Translate »
PAGE TOP ↑