*

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑩

今回はリバーストレードができるように改良します。
端的に言うと、コピー元と逆向きのポジションをコピーできるようにするということです。

と言っても、エントリー直前のエントリーの向きをパラメータによって場合分けすればいいだけなので、
てきとうにReverseModeという名前のパラメータを作って、

のようにOKです。(ニュアンスだけわかってもらえればOKです)

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、左はFXPROのデモ口座で右はXMのデモ口座です。左でトレードを行うと右で逆向きのトレードをすぐさま入れています。

このソフトはこちらでプレゼントしていますので、欲しい方はこちらからどうぞ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

市販のインジケーターをEA化する 実践編

何年か前に「iCustomを使ってインジケーターをEA化する」という記事を書いたのですが、意外とアク

記事を読む

第12回:消えてしまう数値を一時的に保存して利用する~変数~

変数の役割 これまでにもあまり大した説明をせずに変数を扱ってきましたが、 ここでは変数について重

記事を読む

【EA】マーチンなし、高スプレッド対応自動売買システム【配布】

. EURUSD 2018/1/1~2018/12/31 M5 spread:2 PF:1.2

記事を読む

第1回:EA開発の前準備~エディタソフトの確認~

メタエディタの準備 EAを開発するにはMT4に付属しているメタエディタというソフトを使います。

記事を読む

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑤

今回は取得したコピー元のトレード情報を、現在のトレード状態と照らし合わせる作業をします。

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
質問回答コラム

Q. 管理人さん自身はEAで運用しているのですか A.  して

【MT5】MACD, ストキャスティクス, モメンタムEA(配布)

GBPUSD 2018/1/1~2018/12/31 H2

【MT5】 3通貨相関アービトラージEA(無料プレゼント)

EUR, GBP, USD の3通貨の相関を利用したさや取りトレード

no image
仮想通貨対応マーチンゲールEA(無料配布)

USDJPY 2018/1/1~2018/12/31 Spread:

最適化なしで勝率98.31%()のトレードシステム【あげます】

GBPUSD D1 Spread:2 2018/1/1~2018/1

→もっと見る

PAGE TOP ↑