*

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その1

公開日: : VPS , ,

今回はAWSのサーバーの構築を扱ってみようと思います。前回VPSを使った一般的なWEBサーバの構築をしましたが、今回はAWSでやります。AWSは専門用語(造語)が多いので、慣れるまではかなり苦労します。

一応、MT4/MT5からサーバにトレードデータを送受信する際に、ルート権限で細かいカスタマイズをすることを狙っていますが、大規模スケールアップする予定がなければ普通のVPSでも良いと思います。もちろん、普通のWEBサイト運営もできると思います。(よっぽど大規模アクセスがあるのでなければオーバースペックだと思います。)

サーバーのOSはUbuntu14にしました。CentOSは前述のとおり、日本国内だけでガラパゴス化しているので、グローバルスタンダードなUbuntuです。バージョンに関しては前回はUbuntu16でしたが、PHPをインストールする際に半ば強制的にPHP7にされてしまうことと、PHP5で書いた従来のシステムがPHP7では動かない可能性があるからです。(かく言う私のシステムもPHP5.3で書いているので、PHP7だと一部機能しない関数がありました。)

もちろん、Ubuntu16でPHP5にダウングレードすることもできるはずですが、EC2で実際にやってみたところ、OSはPHP7と認識するにもかかわらず、Apacheは5.3を認識したりして大変なことになったので、最初からOSごと古いのを使った方が良いという結論に至りました。

また、
AWSにはEC2以外にも簡単にWEBサイト(wordpressサイト)が作れるサービスがありますが、汎用性が全然ないのでおとなしくEC2を使いましょう。

AWSのアカウントがない場合は、まずこちらから
https://aws.amazon.com/jp/

コンソール画面はこちら
https://console.aws.amazon.com/console/home?nc2=h_ct&src=header-signin

■■インスタンス(サーバー)の起動■■

AWSではサーバひとつひとつをインスタンスというくくりで管理します。インスタンスという名前から察するに従来のようなサーバとは違い、全部バーチャルなんでしょうね。

サービスメニューから「EC2」を選択し、インスタンスを新しく作成します。

OSはUbuntu14を選択します。(一番下にあります…)

ちなみに、AWSでもUbuntuの初期ユーザーはRootではなく、Ubuntuです。

スペックは任意のものでいいと思います。

下の方にいくとメモリ768Gとかあるんですよね。(どんなバケモンスペックだよ…)

キーペアの作成

キーペアはSSHでサーバーにログインするときに必要なものです。なくすと再発行はできないので保管は厳重にしてください。
「Create Key pair」を押してキーペア名を入力すると自動的に生成されます。

■セキュリティグループ(ポートの開放)の設定

AWSではセキュリティグループというiptablesのようなものがあります。もちろん、サーバーにもiptablesはありますが、機能が重複するので、AWSの場合はセキュリティグループで管理します。さくらVPSのようなブラウザ上のコマンドコンソールはないので、かならずSSHが開いているを確認します。(デフォルトで開いています。)

セキュリティグループでは、HTTP:80, HTTPS:443, SSH:22, CustomTCP:20, CustomTCP:21, CustomTCP:60001~60010 を開けてればいいと思います。(後ろの方はFTPパッシブ用)メールサーバーも一緒にする場合はSMTP,POP3用のポートも開けてください。

■ElasticIP(固定グローバルIP)の設定

AWSではデフォルトでもインスタンスにグローバルIPが割り振られていますが、これは定期的に変動してしまいます。ElasticIPでは新規にグローバルIPを取得することができ、これをインスタンスと紐づけします。

ElasticIPの設定画面で右クリックをすると「Associate Address」とメニューが出てくるので、選択します。

すると、IPとインスタンスを紐づけするメニューが出てくるので、インスタンスのIDを選択します。今はインスタンスが一つしかないので選択肢は一つだけです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

FX用VPS選びのポイント

大前提:トレード用のVPSか VPSにはトレード用とウェブサイト用があります。 自動売買する

記事を読む

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その4

■■SSHでサーバに入る■■ いよいよサーバーに入ります。ここからの流れはよくあるVPSと同じなの

記事を読む

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その5

■■FTPサーバーを入れる■■ AWSではちょっと特殊な作業が必要です。(pasv_address

記事を読む

自動売買にVPSは必要か

もし、 自動売買がエントリーした後に、大地震が起きて、 相場が暴落したらどうしますか。 大

記事を読む

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その2

■(オプション)Elastic Beanstalk(インスタンスの自動復活機能)を削除する AWS

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
【MAクロス】仮想通貨でシステムトレード検証(ソフト無料プレゼントあり)

MT4/MT5でも仮想通貨チャートが増えてきたので、そろそろ自動売買や

自動売買プログラム他 無料プレゼント 2019年2月

口座開設プレゼント企画 下記のリンクより口座開設していただいた方にお

バイナリーオプションで特定の手法が勝てるかどうか検証する方法

バイナリーオプションの場合、 リアルタイムの自動売買開発と過去検証の

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑩

今回はリバーストレードができるように改良します。 端的に言うと、コピ

【一覧】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。

MT4以外のソフトを使わずに、DLLも使わずに、同一コンピュータ上で高

→もっと見る

PAGE TOP ↑