*

配布したEAのトレードが コピートレードツールで流出するのを防ぐ方法

公開日: : FX自動売買開発

読者の方から質問があったので、回答になります。

タイトルの通りで、何かしらEAを配布するときには流出のリスクが伴います。EAそのものにアカウント縛りや、ブローカー縛りなどをつけることが一般的ですが、他のチャートにコピートレードツールを設置されると、リアルタイムでトレードデータが流出する可能性があります。

これはどういうことかというと、例えば50,000円するEAが販売されていて、それを3つのアカウントで使用したいと考えています。しかし、そのEAには口座認証があり、複数のアカウント上で稼働させることはできません。

しかし、一つのアカウント上でその有料EAを稼働させて、そのMT4にコピートレードシステムを稼働させれば、第二・第三のMT4にトレードをコピーすることが可能というわけです。

EAを利用する側からすればお得な使い方ですが、販売する側、提供する側からすると、何とかしてこれを阻止したいというわけです。

解決法から言うと、
他のチャート上でコピーツールEAを稼働させないように記述すれば可能です。

コピーツールを稼働させるには、それが中継システムを経由する、しないに関係なく
少なくとも一つのチャート上に専用のEAなりスクリプトなりを設置しなければならないので、
ChartFirst()、ChartNext()、ChartID、ChartCloseで自分以外のチャートを強制的に閉じればコピートレードを阻止できます。

この方法を使うともちろんデメリットもあります。それは利用者からするとそのEAが稼働しているチャートしか開けないということです。もし裁量トレードもする利用者であれば苦情がきてもしょうがないですね。事前告知は必須です。

しかし、この業界にはそれでもOKという層も結構あって、特にMT4のアカウントだけ借りて疑似的にファンドをしているような層と取引する場合にはこういった処理は必要になるかと思います。

もしコピートレードを阻止するだけでなく、コピートレードされていることを遠隔で把握したい場合には、(”お仕置き”をしたい場合には)
サーバーを設置して、EAからサーバーにデータを流すシステムをあらかじめ設置しておく必要があります。

もともとがWEBアカウント認証方式の場合、データベースのテーブルの列にほかのチャートの情報を入れる列を作ればいいだけなので簡単です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプロ

記事を読む

MT4でマルチタスク処理

MT4/MT5は基本的にC言語ベースなのでマルチスレッドはできません。 しかし、複数のチャート

記事を読む

第19回:for文で回す

MQLのfor文 プログラミングでは同じような処理を何回もしなければならないことがあります。

記事を読む

トレード履歴からEAを復元することは可能か

「優秀なトレード履歴からEAを復元することはできるか」 という問い合わせをたまにいただきます。

記事を読む

第7回:条件の書き方 == && ||

今回はif文の中の条件を記述します。 == 等しいことを条件にする A == B でAとBが

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
他通貨対応H4,D1用EA(ex4)

H4 EURUSD 2018/1/1~2018/12/31 H

Q&A iCustomのEAのエラーについて

Q. 第24回:iCustomでインジケータをEA化するというサイ

【MT4】SP500,日経225,FX用EA(無料配布)

SP500 2018/1/1~2018/12/31 D1 PF:1.

【MT4】H4, D1用EA(プレゼント企画)

EURUSD 2018/1/1~2018/12/31 D1

質問回答コラム

Q. 管理人さん自身はEAで運用しているのですか A.  して

→もっと見る

PAGE TOP ↑