*

最近の海外のEA開発の流行り:ロングとショートのパラメータ群を分ける

公開日: : 中級者EA開発 , ,

Originally posted 2018-11-04 11:27:12.

表題の通りですが、最近海外製のEAではロングとショートのパラメータを分けるのが流行っているようです。
これはどういう背景から来ているかというと、
 「株にしろFXにしろ先物にしろ、チャートは上下対称じゃないんだから、買いと売りのパラメータの最適値は別ものになるはず」
というところから来ています。

確かに、どの相場でもじわじわ上昇して、下落するときには一気に下落するという性質がよく見られます。この主張は至極もっともです。

そのため、まず買いのオーダーだけを最適化してパラメータを調整し、次に売りのオーダーを最適化して、最終的に合体させるという使い方が推奨されています。

ちょっとしたマルチシグナルな訳ですが、もし入手したEAのパラメータに「L_****」、「S_****」なんてプレフィックスがついていたら、そういうもんなんだなぁと思いましょう。

日本の場合、「最適化? 何それ? よくわかんないから全部やって」みたいなスタンスの人が多いので、利用者にIQを求める方向性はあまり流行らない気がしますが、開発者と利用者の間に立つ人には重要なお仕事になるので、少しは話のネタになると思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールなどでお願いします。

関連記事

iCustomではEA化できないインジケーターをEA化するやり方

世の中にはいろいろなMT4用インジケーターがあるわけですが、その中にもEA化できるインジケーターとE

記事を読む

[MQL]ティック更新よりも早い頻度で演算させる方法 と ちょっとした注意事項

MT4のEAは基本的にティックレートを受信する度に一回演算する仕組みになっています。 USDJ

記事を読む

[MT4EA]チャートパターンを分析,分類して、一番多いパターンが来たらトレードする

パターン分析トレードとは 今回はMT4のファイル関数を使って、パターン分析トレードシステムを作成し

記事を読む

自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮想テイクプロフィット」という概

記事を読む

(MQL4)MT4チャート上で動画を表示するやり方[EA自作]

MT4にはチャート上に画像を表示させる機能があります。 しかし、動画を表示させる機能はありません。

記事を読む

 
  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    物を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を)

Translate »
ページトップへ