*

自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

公開日: : FX自動売買開発

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮想テイクプロフィット」という概念が出てきます。これは何のことを表しているのかというと、決済におけるストップロスやテイクプロフィットを予め予約注文としてブローカーに送信しておくのではなく、現在レートが決済予定レートになったら自動売買ソフトが成行で決済をするという機能です。

これはそもそも何のための機能かというと、FX会社のレート不正操作が疑われる場合にポジションの決済を操作されないようにするためという意味合いがあります。

ストップロスやテイクプロフィットを予めFX会社に送信すると、FX会社から見るとその決済予定価格は丸見えになります。ノミ業者の場合、トレーダーの利益=FX会社の損失になるので、ブローカーとしてはトレーダーに常勝して欲しくないという前提があります。

そのため、一時的にレートを操作してプラスで終わるはずのポジションをさっさと決済させてしまうという悪行をする訳です。この業界に入ったばかりの方は「業者がそんなことをするわけがないだろう」と思うかもしれませんが、FX業界ではよく行われてきたことです。

それに対抗する手段として出てきたのが、「仮想ストップロス」、「仮想テイクプロフィット」という訳です。

最近の海外EA(特にMQL5派生のEA)の場合には、この機能がついているかもしれません。ただ、この機能もメリットばかりではなく、
・成行決済なのでスリップが発生する
・何かの障害でEAが停止していた場合決済されずにポジションが残り続ける可能性がある
というデメリットもあります。

「Virtual StopLoss」というパラメータが出てきたら、「そういう背景があるんだなぁ~」くらいに思っといてください。

Comment

  1. EAが10000行越えになってしまった人 より:

    ヴァーチャルストップを常に使っていますが、DD業者だけでなく、むしろSTP業者がスプレッドで儲けているわけなので、スプレッドが広くなった時にオーダーしないために使っています。
    本来 OrderSend にスリッページだけでなく、スプレッドの制限値をかけてストップオーダーできるようにMT4が実装して欲しいものですが、それ以外のやり方があったりするのでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑩

今回はリバーストレードができるように改良します。 端的に言うと、コピー元と逆向きのポジションをコピ

記事を読む

第13回:コードに汎用性を持たせる~”USDJPY”よりSymbol()~

MT4で設定を変更ができるような記述をする これまでに様々なコードを扱いましたが、 これまでの書

記事を読む

EAと口座認証

EAを第3者に渡すとき、何かしらの制限をかけておかないと、 コピーされてしまう可能性があります。

記事を読む

第24回:iCustomでインジケータをEA化する

インジケータとiCustom 今回はインジケーターのシグナルを使って、EAを作ります。 iC

記事を読む

合成通貨アービトラージ

FXは通貨ペアなので、 その組み合わせは無数にあります。 例えば、ドルから円に換える場合、

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
他通貨対応H4,D1用EA(ex4)

H4 EURUSD 2018/1/1~2018/12/31 H

Q&A iCustomのEAのエラーについて

Q. 第24回:iCustomでインジケータをEA化するというサイ

【MT4】SP500,日経225,FX用EA(無料配布)

SP500 2018/1/1~2018/12/31 D1 PF:1.

【MT4】H4, D1用EA(プレゼント企画)

EURUSD 2018/1/1~2018/12/31 D1

質問回答コラム

Q. 管理人さん自身はEAで運用しているのですか A.  して

→もっと見る

PAGE TOP ↑