*

MT4から取引所のビットコインレートを取得して比較する

今までMQLしか触ったことがない人にとって、jSONだのHASHだのが出てくるAPIの処理は荷が重かったりします。

そこで今回はちょっと指向を変えたアービトラージを行います。

アービトラージと一口に言っても、信用や現物などいろいろあるわけで、

「本来はまったく同じ値になるはずなのに、実際にはズレが生じるもの」
はすべてアービトラージの対象になるわけです。

仮想通貨取引所のビットコインレートとMT4業者のビットコインレートもそのパターンです。

しかし、今回仮想通貨取引所同志のアービトラージと大きく違うのは、
”レート差が常に広がっている可能性がある”という点です。

とくにMT4業者は対USDで表示することがあるので、
その点も注意です。

さて、
MQL特化のプログラマーの人にとってはいろいろと大変なAPI処理ですが、
レートを取得するだけなら特定のURLにアクセスすればいいだけなので、かんたんです。

具体的には、
https://poloniex.com/public?command=returnOrderBook&currencyPair=USDT_BTC&depth=1
これで現在レートが取れます。

あとはこの形式をデコードしても良いのですが、
今回はなるべくAPIやphpの知識を使わずに実装したいので、
mql側でスクレイピング(いらない文字を削除)します。

mqlの文字列関数でできることは、
・特定の文字列を入れ替える
・特定の文字列がある場所を探す
です。

この二つの操作ができれば十分取り出せます。

まずaskの後ろに[[“の文字列があるので、
この文字列がある場所を探します。

次に、レートはこの文字列の出現の3文字目に現れるので、
3足します。

そして、適当に8文字ほど取り出せば完了です。

bidも同じように取り出せます。

実行するとこのようにレートが取れます。
bandicam 2017-11-24 17-55-51-646

あとはWebRequestの処理ですが、今回はGETでアクセスすればいいだけなので

この関数でURLのリクエストはOKです。

MT4側でhttps://poloniex.comへのアクセスを許可するのを忘れないでください。

これでチャート上にセットして、
レート差を確認します。

bandicam 2017-11-24 18-05-39-405

拡大すると、(ちょっと時間が経ってます)
bandicam 2017-11-24 18-06-54-046

上から順に、
取引所のASK
取引所のBID
MT4のASK
MT4のBID
です。

やっぱりかなりズレがありますね。
(MT4のスプレッドでかすぎやしませんか。)

あとは戦略ですが、その前に
このレート差がどのような動きをするのか検証する必要があります。

1.このレート差はどれくらいの時間、離れているのか
2.レート差が縮まるときはあるのか
3.全く異なる動きをすることはあるのか(長いひげなど)

これによって、一般的なアービトラージが良いのか、
それともストップ狩り返し的な手法が良いのかは変わってきます。

そこら辺は読者さんにお任せします。
何か気づいた点があれば教えてください。

Comment

  1. 匿名 より:

    MQLしか扱えない初心者です。
    本記事を参考にPublic APIのデータを取得することは出来ました。次は、Private APIの方で、オーダーなど出してみたいのですが、MQLから操作することは出来ますでしょうか?
    バイナンスのAPIで実験しているのですが、どうやら難しそうです、、、

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第8回:決済の記述 OrderClose

ここではポジションを決済するための記述を行います。 OrderClose OrderSen

記事を読む

BinanceとPoloniexのBTCアービトラージシステム 取引結果

システムはできたので実際に稼働させてみました。 レート差(bid-ask)10USD以上でアービト

記事を読む

仮想通貨取引所のアクセス拒否との死闘と解決策

これまで取引所とさまざまな悪戦苦闘を繰り広げてきましたが、 良いアイディアが思いついたので、一回ま

記事を読む

【MAクロス】仮想通貨でシステムトレード検証(ソフト無料プレゼント)

MT4/MT5でも仮想通貨チャートが増えてきたので、そろそろ自動売買やらバックテストやらができるよう

記事を読む

仮想通貨取引所APIにプロキシを使うとき

以前、取引所APIのアクセス回数上限を突破するためにプロキシをご紹介したのですが、 それに関して「

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
質問回答コラム

Q. 管理人さん自身はEAで運用しているのですか A.  して

【MT5】MACD, ストキャスティクス, モメンタムEA(配布)

GBPUSD 2018/1/1~2018/12/31 H2

【MT5】 3通貨相関アービトラージEA(無料プレゼント)

EUR, GBP, USD の3通貨の相関を利用したさや取りトレード

no image
仮想通貨対応マーチンゲールEA(無料配布)

USDJPY 2018/1/1~2018/12/31 Spread:

最適化なしで勝率98.31%()のトレードシステム【あげます】

GBPUSD D1 Spread:2 2018/1/1~2018/1

→もっと見る

PAGE TOP ↑