*

ローカルPCから取引所にアクセスして、仮想通貨APIの安定性と速度を上げる

これまで開発したビットコインの自動売買では、
 ローカルPC -> PHPサーバー -> 取引所サーバー
という経由をしていました。

これは複数の人が使う場合には汎用性がありますが、
個人で使う場合はベストとは言えません。

今回は、ローカルPCでPHPが動くようにして、
経由するサーバーの数を減らし、速度と安定性を上げます。

今回の方法は、
 PHPが動くローカルPC -> 取引所サーバー
でやるので、通信速度が上がり、自サーバーへの負荷などの問題がなくなります。

やり方はかんたんで、
XAMPPを使います。

XAMPPとは、かんたんに自サーバーを立てられるソフトで、
Apache、DB、PHP
がかんたんに動作するようになります。

その反面、セキュリティ上は問題があり、
実際にXAMPPでサーバーを立てている人はほとんどいないと思います。

便利さとセキュリティはトレードオフですね。

https://www.apachefriends.org/index.html

XAMPPをインストールするとCドライブの直下にXAMPPフォルダが生成されます。
そのなかにhtdocsというフォルダがあるので、
そこにPHPファイルを投げ込めばOKです。

bandicam 2017-10-05 14-13-12-286

bandicam 2017-10-05 14-15-00-202

XAMPPの起動画面はこんな感じです。
「Start」ボタンを押せばPHPが動きます。

あとは適当なブラウザを開いて、
https://localhost/
と入力すれば、

htdocs直下のindex.phpが開きます。

bandicam 2017-10-05 14-23-20-451

画像では各取引所の現在のレートを取得しています。
ローカルPCから直接取引所に送信しているので高速です。

また、自サーバーがアクセス拒否やサーバーダウンや503エラーなどを吐き出すリスクも排除できます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

仮想通貨のシステムトレード・自動売買を始める方法

このページに来たということは「仮想通貨トレードを手動でしてるけど、システムトレードにしたらいいんじゃ

記事を読む

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買を開発するやり方8

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PUBLIC APIで取得したデー

記事を読む

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買を開発するやり方11

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合、nounceにUNIXタイム

記事を読む

ビットコインスキャルピングを自動売買でやってみた感想

FXがまだ下火でブームが訪れる前、急な値動きに対して順張りでスキャルピングすることで10万円を億にで

記事を読む

仮想通貨の自動売買 API vs UWSC

現在、WEB APIxPHPを使う方法とUWSCを使う方法を考察していますが、 実際に開発する

記事を読む

 
  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    物を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を)


Translate »
PAGE TOP ↑