*

TradeStation 株のシストレ開発10 メソッド

EasyLanguageでは、一応メソッドが使えます。

メソッドとは、かんたんに言うと関数みたいなものです。
(厳密には微妙に違う)

メソッドに関しては特にクセはなく、

で行けます。
ローカルで宣言した場合、使える範囲もローカルです。

ヘルプを読むと、
メソッド内でのみ使用されるローカル変数は、メソッド宣言ステートメントおよびそのメソッドの本文を含む begin…end ステートメントの後に宣言します。

と書いてありますが、”ステートメントの前”の間違いだと思います。
(サンプルでは思いっきり前になっていますからね。)

直観で行くと、begin以降に変数を宣言したくなるので、
ここはやや直観に反する書き方です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStation 株のシストレ開発3 バックテスト

今回はTradeStationでシステムトレードのバックテストをしてみます。 TradeSta

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発16 インジケータのコード上でプロパティ設定

EasyLanguageのインジケータの線の太さや色などのプロパティは 基本的にはプロパティ画面で

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発12 TicksとVolumeの違い

FXの場合、ティックとボリュームはほぼ同義語ですが、 株の場合はちょっと違います。 Vo

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発2 EasyLanguage

今回は開発言語であるEasyLanguageを触ります。 TradeStationの「表示」か

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発1導入

TradeStationはMetaTraderほど有名ではないので、意外と情報そのものがまだ表に出て

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
【MAクロス】仮想通貨でシステムトレード検証(ソフト無料プレゼントあり)

MT4/MT5でも仮想通貨チャートが増えてきたので、そろそろ自動売買や

自動売買プログラム他 無料プレゼント 2019年2月

口座開設プレゼント企画 下記のリンクより口座開設していただいた方にお

バイナリーオプションで特定の手法が勝てるかどうか検証する方法

バイナリーオプションの場合、 リアルタイムの自動売買開発と過去検証の

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑩

今回はリバーストレードができるように改良します。 端的に言うと、コピ

【一覧】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。

MT4以外のソフトを使わずに、DLLも使わずに、同一コンピュータ上で高

→もっと見る

PAGE TOP ↑