*

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4

これまではAPIで現物取引を扱ってきましたが、今回は信用取引、レバレッジ取引を触ります。

コインチェックの現物取引は、買いの場合にビットコインではなく、円で指定しなければならないという謎縛りがありましたが、信用取引の場合はその呪縛から解放されます。(現物の場合は交換する量を○○BTCではなく、○○円分と指定しなければならなかった)

現物か信用かは、オーダータイプで指定します。
(ビットフライヤーは通貨ペアで指定します。)

その他に特にこれと言って注意点はありませんが、証拠金を入れる場所は現物の場合と変わりますので、信用でやる場合にはレバレッジ口座に証拠金が必要です。


上記の関数は成行注文なので、オーダーレートは指定しなくてもOKです。
(指値取引の名残です。)

アービトラージには、これまで行ってきた現物でトレードする方法と、信用取引でトレードする方法があります。

例えば、FXにおけるアービトラージは信用取引ですが、金(きん)の現物のさや取りなんかは現物です。

現物のアービトラージと信用のアービトラージは似ているようで全然別物で、基本的に信用取引の方が難易度は上がります。現物の場合は、レート差が縮まらない場合に最終手段として”送金”という手があるのですが、信用の場合はそれができません。

そのため、「レート差は、理論上広がったら縮まるはずだが、縮まらない可能性もある」のが信用取引のアービトラージです。

しかし、レバレッジをかけることができるので、現物レートのようにレートが推移すればビッグチャンスがあるのも信用取引アービトラージのメリットではあります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

bitFlyerx信用取引x成行注文での取引所のバグ

前々から気になっていたのですが、 bitFlyerは信用取引時に変な挙動をすることが多々ありました

記事を読む

仮想通貨取引所APIにプロキシを使うとき

以前、取引所APIのアクセス回数上限を突破するためにプロキシをご紹介したのですが、 それに関して「

記事を読む

偽アービトラージシステムにご注意ください

最近アービトラージシステムの商材?のようなサービスのようなものが増えてきているそうですが、 その中

記事を読む

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところで誤解があるようなので、アービ

記事を読む

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引所はいくつかありますが、 ビ

記事を読む

 

  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)



  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    ご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    偽者(オリジナルある模倣者)がいるらしいのでご注意ください。
【MT4EA】半年で5万回以上トレードしても右肩上がりにできる証明(EA配布)

(ただし、スプレッドが狭ければ...) EURUSD

no image
(MT4EA)MACDと特殊ベッティング【EA検証班求ム】 

. . 超シンプルなMACDのEAです

MT4の1分足テストで起こる致命的な現象

1分足っていうのは他の時間枠といろいろ違う点があります。 まず、本題か

no image
【EA検証班募集】コツコツドカンとドローダウン(MT4) ~原理は単純を、構造は複雑を、人は最も人らしく~

EURGBP 2018.11.1~2019.4.30 D1 Sp

MT5のテスターではスプレッドは変更できないという事実

を知らない人が多くて、「このバックテストのスプレッドはいくつですか」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑